3部作登山 ファイナル 岩手山

やりたい事は沢山。
釣りに行きたいし、山にも行きたい、来週の100キロマラソンの練習もしなければ・・・。

どれも同じ位の気持ちですが、子供達からここ2年連続していた秋山登山のリクエスト(一昨年は岩木山、昨年は八甲田山)。
中3の長男はこのメンバーでどこかに出かけるのはこれで最後かも・・・。今は何を第一優先にして行動するべきか。
やっぱり秋山登山ですよね。

長男からは『鳥海山』に登りたい!という声がありましたが、流石に鳥海山はアプローチが長いので無理。

より高い山に登りたい!という気持ちがあるようなので、岩手山なら?と計画してみました。と言っても、2000m級の山ですから、それなりの体力と装備が必要です。
体力はなんとかなりそうですが、装備が?です。天気予報も検索してみると、幸い晴れマーク。天候悪化時は絶対無理しない決意で岩手山秋登山決行です。

朝の4時集合して、岩手山の麓の馬返しキャンプ場に向かって出発です。

大館から約2時間かかって馬返し登山口到着。
計画通り、AM6時30分過ぎに出発です。
DSCF2463.jpg
まずは登山口の水場で身を清めて、登山届を提出。
DSCF2467.jpg
そして、登り始めると1合目付近から、足元にはいきなりの雲海!
DSCF2490_20140921220324e96.jpg
これには、私も『お~』と声をだしてしましました。

2合目付近からは、青空をバックに急傾斜のガレ場を登ります。
DSCF2494_20140921220337269.jpg
ここでは、皆けっこう息をきらしていました(笑)。
DSCF2514.jpg
でも、景色は最高。
DSCF2503.jpg
ヒーヒーしながら、なんとかガレ場を通過して鉾立に辿り着けば、八合目小屋はすぐそこ。
DSCF2530_20140921220733a9b.jpg
八合目避難小屋はとても立派で、トイレもめちゃくちゃ綺麗。水場もバッチリでした。
DSCF2537.jpg
ここで軽く休んで、いよいよ山頂アタック!
DSCF2544.jpg
そういえば、ここで見慣れない鳥さん発見。
ホシガラスさんでした~。

そして、最後の急登をクリアーすると、山頂は目の前。
子供達は、走るようにお鉢周りの登山道を進んで行きました~。
DSCF2561.jpg
無事、山頂(薬師岳)到着~!
DSCF2567.jpg
登り約4時間の行程でした。
2038m、流石に結構寒かったですね~。なので長居せずに下山。

で、お鉢巡りしながら下山し始めると、こりゃ絶景かな~。
DSCF2585_20140921221043a93.jpg
眼下には、溶岩流の焼走りと本日泊る予定の焼走国際交流村。
DSCF2586.jpg

途中ガスがかかる場面もありましたが、ラッキーな事に、このタイミングで見事晴れてくれました!

このお鉢巡り、さすが山岳信仰の山、岩手山。お地蔵さんがぐるっと取り囲んでいました。
DSCF2589.jpg
その後、八合目避難小屋(カップラーンが売っていて、思わず買って食べてしまいした。旨かった~)でゆっくり休憩して下山。八合目から約2時間で下山となりました。
DSCF2596_201409212211015bf.jpg
皆さん怪我なく無事下山。ほんとに良かった~。
DSCF2603.jpg
結構ハードだったようで、翌日、ほとんどの人が太ももが筋肉痛で、階段に苦労してました。
そんな中、私は軽い筋肉痛のみ!
お、俺もまだ若いか!!
いや、3日後に痛みがくるかな(笑)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ、岩手へ!

自然を満喫しようとする青年が居る事が頼もしいですね!

そして素晴らしい雲海!

きっと少年達の脳裏に焼き付いたと思います。

久慈さん
お邪魔しました~。岩手を楽しませて頂きました!
また登りたい!という声もちらほら。
いい経験になってくれれば嬉しいですね~。
ま、私も十分楽しみましたけど(笑)
カウンター1
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
プロフィール

giabendon

Author:giabendon
平成26年4月、ココログ多趣味悠々から引っ越してきました。(旧ブログはリンクからどうぞ)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック