カラ類の違い

今まで登場してきたカラ類。

シジュウカラ、ヒガラ、コガラ、ハシブトガラ、ゴジュウカラ、ヤマガラ。

白と黒のカラ類なんて、最初は皆同じにみえますよね~。

初心者の私は、家に帰って写真をみて、このカラだったのか~なんて気付く事がしばしばです。

とりあえず勉強してみると

胸元の黒のネクタイがお腹まで伸びているシジュウカラ

Dscf1075


大きな蝶ネクタイ(三角巾)のヒガラ

Dscf0984_2

ネクタイは小さく、ベレー帽をかぶっているコガラとハシブトガラ

Dscf1088_3

ハシブトガラは北海道のみで観察可能。コガラと非常に似てるけど、ハシブトガラはベレー帽に光沢があったり、嘴の合わせ目の白い線が目立つとか・・・。

ヤマガラはすぐに分かりますよね。

Dscf1007

ゴジュウカラは今回始めて見ましたが、白黒の模様が独特だし、動きが全然違いました。

Dscf1059

それぞれ鳴き声が違うようで、ベテランは声ですぐ判断できるようです。私ははっきり違いが分かるのはヤマガラ位かな~。

早く違いの分かる男、マニアックな男になりたい(笑)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター1
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
プロフィール

giabendon

Author:giabendon
平成26年4月、ココログ多趣味悠々から引っ越してきました。(旧ブログはリンクからどうぞ)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック