樹枝状結晶?

大雪 次候 『熊穴に蟄る(くまあなにこもる)』 (新暦 十二月十二日~十五日頃)

大館では、熊が街中に出た!なんてニュースがちらほら。通称熊ローソンなんて呼ばれているコンビニもあります。これは自然が豊かとも言える反面、山の破壊により熊の餌が無くなった、自然と共生してきたマタギ、猟師がいなくなって自然と人の境界線が無くなった、なんていう複雑な問題も含んでいると思われます。なんて事を車を運転しながら、外を眺めていましたが、もう山は冬景色。熊も冬眠生活に入ったのかな?

釣りも、ワカサギ、冬サクラシーズンまで一旦お休み。

それでも楽しみいろいろあります。

土曜日は、朝から防寒服を着こんで、ベランダで雪の結晶を追っかけてました(笑)

舞い落ちて来る沢山の雪の中に、綺麗な結晶の形を残しているものは、ほんのわずか? その一つが偶然、私のスライドグラスに降りてくれたら、すかさず顕微鏡へ。

もたもたしていると、あっという間に溶けてしましいます。(スライドガラスも冷凍庫に入れて冷やしておきます)

で、今回撮れた写真。

Dscn0332_2


雲粒付きの樹枝状結晶?? 表面についた細かい粒を雲粒というらしいです。

結晶には沢山の分類があるようで、只今、結晶について勉強中です(笑)

結晶が作られる過程での気温、湿度などで、できあがる結晶の形が変わってくるとか。

その仕組みが分かれば、一つの結晶をみつめるだけで、空で生まれて地上まで舞い落ちてくる、その結晶の旅のドラマを想像できるのです。

(私はこれから想像できるようになる予定です(笑))。

これも樹枝状に分類されるのかな? 角板もちょっと入っている??

Dscn0352_2

この二枚とるのに、二時間位ベランダにいたかな?(笑)

そして、雪と一緒に降ってきた、こんなものも見つけました。

Dscn0322

なにか植物の種子ですかね??

分かる人がいたら教えて下さ~い。

それにしても、自然の造形。

陳腐な言葉ですが、素晴らしいの一言です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いよいよ雪結晶デビューですね。うちの連れも仲間が増えて嬉しいと言っています!
ところで、この植物の種子みたいなのも雪結晶だと思いますよ。

yt-otenkiさん
かみさんが撮りたいと言い出した雪の結晶、私もハマってしまいました(笑)
最後の写真、まじですか! あまりに周りの結晶と異質だし、なんか溶けない感じだったので、結晶と違うだろうとすぐに思ってしまいました。もう少し観察して、溶けるのかどうかなど確認すればよかった・・・。
カウンター1
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
プロフィール

giabendon

Author:giabendon
平成26年4月、ココログ多趣味悠々から引っ越してきました。(旧ブログはリンクからどうぞ)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック