師走磯鱸

小雪 次候 『朔風葉を払う(さくふうはをはらう)』 (新暦 十一月二十七日~十二月一日頃)

朔とは北という意味で、朔風とは木枯らしのことなんだそうです。木枯らしと聞くと、『北風小僧の寒太郎』の歌を思い出すのは私だけでしょうか(笑)。

本日から12月、本格的な冬ももうすぐです。

今日は今シーズンラスト釣行?となる男鹿磯鱸釣りに行ってきました。

と言っても、自由時間は午前中のみ。

朝マズメに狙いを定め、AM2時半起床で5時半過ぎ西磯に現着。

辺りが薄明るくなり始めたAM6時半過ぎ、数少ない私の実績ポイントで釣り開始。

すると、すると、なんと正真正銘の一投目でヒット!

荒波で大岩を飛び越えてランティングに持ち込んだのは、めちゃくちゃ太い鱸。

Pc012096_1

一瞬、今話題のヒラかと思っちゃいました(笑)

もう満足したので帰ります!とはいかず、再度実釣開始。

しかし、時合の問題なのか、もともと数がいなかったのか、その後は反応なし。

ここは、このピンポイントのみと決めていたので、次なるエリアへ車に戻って小移動。

クロダイ釣り師の車も多く、駐車している車が鱸狙いなのか、クロダイ狙いなのか・・・。

Pc012101_1

とりあえず2ヶ所目には鱸狙いらしき釣り人はいないようです。

Pc012112_2

という事で、この周辺をリミットのAM10時まで心おきなく探るも、結局ノーバイトで竿治め。

往復5時間、実釣4時間。迷ったけど来て良かった~。

男鹿の自然に感謝、来年もよろしくお願いしますm(_ _)m。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター1
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
プロフィール

giabendon

Author:giabendon
平成26年4月、ココログ多趣味悠々から引っ越してきました。(旧ブログはリンクからどうぞ)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック