2013年度秋磯鱸

霜降 初候 『霜始めて降る(しもはじめてふる)』 (新暦十月二十三日~二十七日頃)

朝晩はすっかり寒くなりましたね~。いよいよ冬も間近、あっという間に過ぎ去る秋を楽しみたいものです。

昨日は、約一ヶ月ぶりの本格釣行でした。平日夜に、2回程ちょこっと米代に出撃しましたが、なにやらイベントが多くで、気付いたらもう10月も終わり。なんとか昨日1日フリーな日をもらっての釣行です。

当然、カヤックに行く気満々で計画立てていたのですが、ご覧の通り悪天候。急遽、男鹿の磯鱸に狙い変更です。

結構な荒天が予想されたので、すっかり明るくなったAM6時半過ぎに西磯にて実釣開始。

しかし、予想以上のウネリ・・・。

Pa262016

風は弱くキャストはしやすいのですが、なかなか前へ出られません。

午前中の約5時間、もしかして?と思えた満足できるキャストは数投あったかどうか・・・。

しかも、あちこちポイント探して歩いていたら、日頃の運動不足で、すぐに足元がふらふら。

引き出しを増やしたくて新規ポイントでのヒットを目指しましたが、こりゃダメだ・・。

という事で、昼過ぎに昨年のヒットポイントへ移動。

やはりいい感じのサラシが右から左へはらいだしています。

そして、これまた昨年のヒットルアー トゥルーラウンド115Fを結んだ1投目、あっけなくヒット! しかし、ジャンプ一発フックアウト。

さあ、もう一発!とキャスト再開すると、なんと2投目でまたまたヒット。今度はがっつり合わせて、手前の突っ込みもかわし、後ろの浅瀬へ誘導。あ、口の皮一枚と思い、魚へ近づくと、なんとフックアウトして足元を通ってバイバイ・・・。サイズは60cm位かな~。

気を取り直して、キャスト再開。しかし、3投目、なんとスナップが開いていてヒットルアーをロスト・・・。まだまだ!ともう一つのトゥルーラウンド115Fを取り付け、キャスト再開すると今度はなんとライン切れ・・・。先程のファイトでラインに傷が付いていたのか・・・。脳内アドレナリンが出まくって興奮状態も、すっかり空回り(笑)

だいたい、こういう時は、『あの時釣っておけば~』パターンにハマっていくんですよね。予想通り、その後は沈黙の時間が。ルアーをあれやこれやと取り換えキャストを続けました。(本当は、ここで冷静さを取り戻し、いいサラシの時だけルアーを投げ込み、無駄なキャストを減らして魚がスレないようするのが大事なんでしょうね)

そして、『やっぱりダメか~』と諦めかけた時、sauke140裂波に泣きのヒット。

とにかく手前で根擦れしないよう強引に引き寄せ、裏の浅瀬へ誘導。やっぱりフックが口の皮一枚も、今回はなんとか取り込み成功。

サイズは小さいものの、嬉しい一匹。

Pa262019

しかし、例によって取り込み時にドタバタ劇。磯ですから、もう少し冷静に対処しなければ危険を伴いますよね。反省。

2013年度秋磯鱸開幕、といっても1シーズンに行ける回数はごくわずかです。でも、焦らず、また次回のチャンスを楽しみたいと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター1
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
プロフィール

giabendon

Author:giabendon
平成26年4月、ココログ多趣味悠々から引っ越してきました。(旧ブログはリンクからどうぞ)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック