序章と信じて

秋分 『水始めて涸る(みずはじめてかれる)』 新暦 十月三日~七日頃

田から水を抜き、稲刈りにとりかかる頃とのこと。大館方面は、稲刈りも終盤といったところでしょうか。

今朝、サッカー送迎でAM五時半過ぎに出発。国道沿いの、朝霧浮かぶ田んぼも、すっかり収穫の後でした。

Imgp1473

今週末の釣りはなしです。

実は、先週の平日夜、米代に出撃し、シャロー帯でなんとかヒットに持ちこんだのですが、前回に続いてフックアウト・・・(泣)。

流れにのったあの重量感、エラアライができない巨体(シャロー帯という事もありますが)、なかなかの良型だったと思います。

まあ、サイズよりもこの時期にヒットさせた事が重要。前回も書きましたが、鬼門の秋リバーシーバスです。サクラマスや昨シーズンの秋磯鱸と同じように、苦労の先に待っている感動の序章と信じて、また通いたくなりました。(←後ほど、もう通っているでしょ!と、妻につっこまれました(笑))

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター1
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
プロフィール

giabendon

Author:giabendon
平成26年4月、ココログ多趣味悠々から引っ越してきました。(旧ブログはリンクからどうぞ)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック