またしても

今週末は遠出できないので、久しぶりに近場の米代本流へ。

先週の連続真夏日はどこへやら、ここ数日は梅雨入りの影響か肌寒い。

AM6時頃、のんびりとポイントへ到着。

水温17度。この時期としては低めと思われますが、それでもサクラを狙うには高め?

溶存酸素の多い瀬に着いた活性の高いサクラを狙います(←かっこいい事書いてますが、ほんとかいな(笑))

実は、ここは昨年も遅い時期にバラしているポイントです。

手前と対岸に2本の流れがあり、真中にサンドバー(中州)。昨年は手前の流れでバイトがありました。しかし、今朝はかなり減水しているので、本命の流れはおそらく対岸。ただし、サンドバー付近はかなり浅く、竿をたててフローティングミノーをトゥイッチしても底をたたく状況。

いくつかルアーローテーションしながら釣り下り、本命かな?と思われるところで、昨年のヒットルアーかつ今年の2匹目のヒットルアーであったファリーナSR(ワカサギカラー?)をセットしキャスト。

すると、数投目、なんと抑え込むようなあたり!

相手はすかさずローリング開始。ここで、いつものように無意識に竿を倒して合わせながら、強烈な引きに耐える姿勢をとると、なんとフッと軽くなってしまいました・・・。

ラインブレイク。直後にサクラが水面で暴れ、また川は何事もなかったように元の流れに。

どうやら、竿を倒してのファイトで、サンドバーにラインが擦れてしまったようです。まさかヒットすると思っていなかったので、ヒット後のファイトをイメージしていなかっと事が敗因。

ラインもPE0.8号なので、すれればあっという間ですよね。私の主力ポイントは比較的川幅の狭い場所が多いので、ナイロンメインの方がいいのかな~。

しかし、先日のリバーシーバスの2バラシに続いてのバラシ(サクラとシーバスでは、ヒット確立が全然違いますが)。更に、帰宅後、過去の記事を読み直すと、昨年に同場所でバラシたのは奇しくも1日違いの6月23日。一昨年のラインブレイクによるバラシも同じ週の6月19日。

なんか、全てが連鎖しているような・・・。自然相手の釣りって、こういうバイオリズムのようなものが、けっこう重要な要素になっていると思うのは気のせいでしょうか(単なる言い訳?)。

その後、解禁日にあげたポイントに移動するも、やはり減水で雰囲気なし。稚鮎が2匹ヒットして終了(ちゃんと口にかかってました(笑))

悔しいので、臨時収穫して終了。

P6221676

まあ、この時期、この減水時にヒットさせたのでよしとしたいところですが、ラインブレイクはほんと後味悪い。無事ルアーが外れてほしい・・・。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター1
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
プロフィール

giabendon

Author:giabendon
平成26年4月、ココログ多趣味悠々から引っ越してきました。(旧ブログはリンクからどうぞ)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック