七十二候

東北に住むようになって、四季を感じる事がより多くなったような気がします。

ふと立ち寄った本屋さんで、こちらを手にとり購入しました。

『日本の七十二候を楽しむ -旧暦のある暮らし-』  

季節には、太陽暦の一年を四等分した春夏秋冬の他に、二十四等分した二十四節気と、七十二等分した七十二候というのものがあり、それぞれの表現にはこまやかな季節の移ろいが取り入られている事を、恥ずかしながら知りませんでした。

この本を開くと、最初に出てくるのが、旧暦の新年にあたる七十二候(新暦二月八日~九日頃)の、立春(24節期) 初候 『東風凍を解く』 

なぜ東風?、興味がある方は是非一読を。

そして本日米代川へ。

P2091161

『西風凍りつく』でした(笑)

P2091167

竿を振らずに帰ってきました。明日の下見と思ってましたが、これは明日も無理ですね。

さて、激渋になったらしい八郎潟のワカサギに行こうかな~。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター1
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
プロフィール

giabendon

Author:giabendon
平成26年4月、ココログ多趣味悠々から引っ越してきました。(旧ブログはリンクからどうぞ)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック