大曲花火大会へ

近藤房之助のライブから帰宅して、そのまま大曲へ出発(笑)。

大曲の会場駐車場へAM2時過ぎ到着。

大曲花火大会は3回目。1回目はバスツアーを申し込んでの参加。もちろん花火は感動しましたが、会場から電車⇒バスに乗りつぐ時の混雑に、命の危険を感じ、3年前は車で参加。今回もテントを持参して参加することにしました。

今回も同じテント場(13番)に泊まろうと思いましたが、前日ネットで調べると、なんと予約制になっているとか・・・。もしかしたらまだ空いているかもと思い同じ場所に行きましたがやっぱり満車。仕方なく対岸の駐車場(36番)へ行くとなんとか空いており無事テント設営し就寝となりました。

Imgp8362

相変わらず凄い人。凄い車。

Imgp8366

基本的に人混みは嫌いなんですが、この状況でも是非見たい!と思うのが大曲の花火大会なんですよね。

そしていよいよPM5時から昼花火の部がスタート。

Imgp8371

天候もばっちり。特にこの時はいい具合に風も吹き、夕焼けに映える昼花火でした。

Imgp8385

夜の部が始まる前の熱気に包まれた会場。

Imgp8379_2

PM6時50分時夜の部開始です。

10号割物花火は、職人の一発一発に込められた魂、気迫が伝わってきました。

Imgp8393_2

創造花火は、それぞれ華やかなものからわび・さびが前面にでたものまで、特徴があって、ほんと楽しませてくれます。

Imgp8397_2

(月がバックにみえてこれまた幻想的)(追記 たぶん優勝した~侘寂~)

競技花火の間にあげられるスポンサー花火。

Imgp8421_2

そして、大会提供花火で観客席の興奮も最高潮に(笑)

Imgp8407_3

(写真は他のスポンサー花火のスターマインです)

2012082618340000_5

(携帯にて撮影)

目の前(上)で連発であがる花火。ほんと凄い・・・。やっぱりきてよかった~。

最後は10号玉30連発で終了。終了後に雄物川を挟んで花火師とお礼をこめて光で合図しあう光景はなんとも言えませんね。

終了後は、混雑を避けてゆっくり出発。どうせテント場まで帰ればいいだけですから。それでも凄い人、長女は寝てしまって汗ダクで抱っこ。やれやれと、途中コンビニによって飲料水を購入しようとしたらここでハプニング。なんと、飲料水ほとんど売り切れ。残っているのはコーヒーとビールのみ・・・。当然近くの自販も売り切れ。さ~、困ったと諦めかけた時、妻に次男がウーロンハイってなに?と露店を指差して聞くのでみると、一杯200円の札が!ウーロン茶で売ってくれるか聞いてみるとOK。3杯購入して持参していた水筒へ。なんとか安心してテント場着となりました。

本日10時過ぎゆっくり出発して、大曲花火大会ツアーは無事終了しました。次回、行く時は駐車場の予約(テントで行くなら)と飲料水は多めにですね。

P.S. 2日間ともめちゃくちゃ暑かったです。熱中症対策は必須です。

P.S.のP.S. 大会結果で出てましたね。優勝(内閣総理大臣賞)がわび・さびの山内煙火店の日本の花~侘寂~。創造花火の準優勝がこれまた正反対にカラフルだった斎木煙火店の聖礼花~パステルカラーの軌跡~でした。どちらも素晴らしい作品でした! 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

濃いですね~!
KF(カヤックフィッシング)、登山、KF、コンサート、花火大会&キャンプ。
「多趣味悠々」を今更ながら納得いたしました(笑)

cassioさん
天候に恵まれたのもあるのですが、連日フル稼働でした(笑)。どうやら青物のように動いていないと酸素を取り込めないみたいです(笑)
カウンター1
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
プロフィール

giabendon

Author:giabendon
平成26年4月、ココログ多趣味悠々から引っ越してきました。(旧ブログはリンクからどうぞ)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック