鮎釣り2回目、再び赤石川へ

昨日11日、今シーズン2回目の鮎釣り、またまた赤石川へ行ってきました。

ホーム河川も考えたのですが、腰痛がまだ芳しくなくあの急斜面を上り下りするのはちょっと危険、またアブも大分出始めたようで、前回に続いて赤石川へ決めました。

4時起床セットするも前回に続いて寝坊して5時半出発。

とい訳で釣り開始は8時過ぎ。

現場に着くと、あれ?人が少ないな~。いつもの『熊の湯』で囮鮎を買いながらご主人をお話すると昨夜結構な雨が降ったと・・・。川をみるとなんか濁ってます。

ありゃ~、やっちゃったかな~。

とりあえず上流部で濁りの中竿を出すも全く気配なし。とい訳で開始30分で下流方面へ場所移動。

すると下流方面は濁りが薄く十分できそう。最初からちゃんと川を見て場所を決めないとね~、ま、いつもの事ですが(笑)。

しかし、時すでに遅しで、入ったことのあるポイントはすべて人、人。

とりあえず開いているポイントに入渓。赤石川は川沿いに道が通っているので、気軽にエントリーできるのも魅力に一つでしょうか。

そんな感じで入った2ヶ所目。

最初の当たりで、なんとハリス切れ(泣)。これは今日はダメダメdayかも・・・。

予想通り、その後続くかず12時半までで、囮込みの9匹。

まあ、あせってもしょうがない。天気はいいので、川に浸りながら、弁当をゆっくり食べ再度上流方面へ場所移動です。

これが正解?、午後から水温があがって活性があがった??、濁りもだいぶとれていました。

飽きない程度ポツポツと掛りはじめ、途中、調子にのって背がかり写真に挑戦、

P8110947

当然、この後は囮が弱って循環不全に(笑)。

ついでにヤマメの背がかり(笑)

P8110944

渓流相の赤石川、囮がスルスルと上っていて、目指す石の脇の流れに入った時に、目印がユラユラと震え、振動が手元に伝わり、掛った鮎がギラギラっと走るのが見える、いいですね~(笑)。 

シーバスもそうですが、鮎釣りはそれぞれのスタイルで楽しめるのがいいところかな? 数狙い、型狙い、本流好き、支流小河川好き、とにかくのんびり川に浸かりたい、美味しい鮎を追い求める、などなど。あ、まだ本流、型狙いはほとんど未経験ですけど(笑)

結局5時過ぎまで頑張って囮込み32匹で終了。

P8110952_4

型は小さいものの、私にとってはよい釣りができました~。

PS 写真みていたら冷たい川にまた浸りたくなりました(笑)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター1
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
プロフィール

giabendon

Author:giabendon
平成26年4月、ココログ多趣味悠々から引っ越してきました。(旧ブログはリンクからどうぞ)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック