八甲田大岳登山 雨降り

9月17日土曜日、八甲田大岳に登ってきました。

メンバーは次男と部活仲間が主体(鳥海山は長男)。
昨年、このコースを企画するも、天候悪く姫神山に変更したんですよね。

6時大館発、8時前に酸ヶ湯着。

心配していた駐車場は、まだ紅葉には早く、天候も怪しかったので、ガラガラでした。

8時30分前に出発

DSCF8447.jpg

頂上付近を見上げるとガスの中・・・

まあ、よくおしゃべりする学年だこと(笑)

DSCF8451.jpg

仙人岱への道は沢沿いで、小学校低学年の娘にとっては結構大変でした

DSCF8458.jpg
(写真はオオカメノキの実)

途中、キノコを見つけがら

DSCF8459_201609191649331cc.jpg


地獄湯沢源頭へ

DSCF8474.jpg

このあたりから風も強くなり、霧の中へ

DSCF8480.jpg

源頭をすぎれば、八甲田清水!
(コースタイム1時間30分を2時間かけてゆっくり到着)

DSCF8481.jpg

しかし、残念ながら水が溜まっているだけで、湧き出てませんでした(泣)

ここから大岳頂上へ急登をもう一踏ん張り

アオモリトドマツの中をすすみます

DSCF8499.jpg

霧と風

霧が嬉しいのは苔達かな

DSCF8491.jpg

頂上手前の鏡沼も良く見えません

DSCF8502.jpg

娘も頑張って、最後は張って登頂(笑)

DSCF8504.jpg

11時30分 大岳頂上に到着!

DSCF8507.jpg

霧の中で、風も強いので、写真撮影してすぐに大岳避難小屋に向けで出発

で、ここからが大変でした・・・

突然、スコールのような雨が降りだし、びっしょり

もちろん合羽は持参してもらっているのですが、正直装備の性能としては・・・

なんとか避難小屋に辿り着くも、小屋は雨宿りする人であふれてました

直後から雨は小降りになり、出発する人も出始め、なんとか小屋に入り込む事ができたので、着替えたりしながら昼食の時間。

この時点で写真をとる余裕がありませんでしたね

沸かしたコーヒーで体をあたため

13時30分 大岳避難小屋発

毛無岱へ

DSCF8517.jpg

しばらくは霧の中でしたが、次第に風も収まり、体もぬくもりを取り戻し、会話も弾むようになってきました
とりあえず一安心
(この時期の雨風は怖いですからね)

定番の下毛無岱と上毛無岱をつなぐ階段から

P9174178.jpg

紅葉の見頃はもう2週間位後かな??

DSCF8540.jpg

双眼鏡を覗いてトンポを観察する余裕も(笑

P9174173.jpg
(青い部分が見えたとのことで ルリボシヤンマかな?)

しかし、木道は凄い事になってました

DSCF8543.jpg

沢下り状態でした(笑)

下毛無岱を過ぎて森に入るとキノコ観察会

白いキノコ特集です(笑)

P9174189.jpg
透明感ある白さ

P9174192.jpg
名前は分かりません・・・

P9174198.jpg
これは立派でした

かわいい小さなキノコ
P9174197.jpg

あーだこーだ言いながら(女性陣もよくしゃべります(笑))

P9174211.jpg

酸ヶ湯に15時到着~

途中の雨で一時はどうなるかと思いましたが、最後は皆笑顔でよかった~。

しかし、この学年の雨男は誰だ!?(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター1
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
プロフィール

giabendon

Author:giabendon
平成26年4月、ココログ多趣味悠々から引っ越してきました。(旧ブログはリンクからどうぞ)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック