風穴ツアー

大館は日本の風穴において重要な地域である。

世の中、知らない事だらけですね~。

2月6日片山風穴の観察会に参加してきました。

9時半に集合し、簡単な説明の後、出発です。

参加者も多く、3班に分かれて出発しました。

風穴は山の麓に集結した冷たい重い空気が、岩の間の隙間に入り込み、その空気が地下のエネルギーに暖められながら、より標高の高い穴へ吹き出すとの事。

実際に麓の雪に線香の煙を流してみると、穴へ吸い込まれます!
P2062414 1
(お線香の上にアーチファクトが映ってますが、お線香の下に煙が見えますよね)

そしてその暖められた空気が吹き出す山の上部に行くほど雪が溶けています。
P2062418.jpg
言われてみると不思議な光景ですね~。

青の鳥居で挨拶して登ると
P2062420.jpg

上部はまさに春の陽気
P2062434.jpg

そして最大の風穴へ到着
P2062438.jpg

中に入ると明らかに温室!

この日の外気温が2度
風穴では14度の空気が噴出していました~。

そこでちょっと気になったのが苔(笑)
P2062445.jpg

真冬なのに青々としてます!
P2062441.jpg

風穴の中の苔を撮ろうとしたら、レンズがあっという間に曇ってしまいました
P2062450.jpg

夏は冷蔵庫になる風穴。
冬はその逆で暖房になる。

マニアックに苔に注目しても面白そうです。

皆さんも独自の視点でアプローチしてみては如何でしょうか~。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター1
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
プロフィール

giabendon

Author:giabendon
平成26年4月、ココログ多趣味悠々から引っ越してきました。(旧ブログはリンクからどうぞ)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック