森吉山麓コウモリ観察会

岩木山トレイルランニング終了後、いわき荘アソベの森で一風呂浴びて、一路森吉山野生鳥獣センターへ。

相変わらずの超過密スケジュールです(笑)

なぜ森吉山麓へ足を延ばしたのかと言うと、『コウモリ観察会』に参加するためでした~。
P7190839.jpg

妻が『アカショウビンに会いたい』に参加した際に、情報を仕入れてきての参加です。

森吉野生鳥獣センターに到着する直前、森にかかる虹を発見。
DSCF5633.jpg
いい事がありそう~(笑)。

なんとか開始のPM5時に間に合い受付終了(事前に予約してます)。

まずは、室内でコウモリについての勉強会
DSCF5642.jpg
いや~知らない事ばかりで面白かったですね~。
地球上の哺乳類の約1/5がコウモリで、2/5がネズミ、つまり哺乳類の3/5がネズミとコウモリって知ってました?
驚きです。

それから、コウモリと聞くと、いつも川でシーバス狙いで夜釣りをしていると、ラインにかなりの確率でコウモリが衝突しますよね。最初は魚のあたりかと思って、かなり戸惑いました。たぶん、超音波で餌を探しているコウモリがラインを餌と勘違いしてぶつかるのかな?と思って専門家の人に質問してみたら、やはりその通りのようですね。自分の考えを確認できてちょっと嬉しかったです(笑)

そして、周囲が暗くなったら、いよいよ観察会です。
DSCF5646.jpg
観察するにあたって、これが配られました。
P7190842.jpg
人間の耳は聞こえない超音波を拾い上げて音を出してくれる器械です。

コウモリの種類によって出す超音波のHzが違うとのことでしたが、一番拾ってくれる可能性が高いと説明された50Hz 付近に合わせて、いよいよ出発です。

近くの池に向かって皆でゆっくり歩きます。水辺に集まる昆虫を食べにくるコウモリを観察しようという計画。

そして皆でぞろぞろ歩いていると、最初に喜ばせてくれたのは、ヒメボタルでした!

数年前に白神山地で見て以来のヒメボタルだったので、嬉しかったですね~。
ずっと見たいと思っていたのです。

やっぱりチカチカと短く可憐に輝くヒメボタルは綺麗でした~。
P7190851_201507230140045ae.jpg

そんなヒメボタルに感動していると、コウモリが出す超音波を器械が拾います。

姿は暗闇なので、確認できませんが、時折近くを通っているだろうコウモリを確認できて皆で興奮(笑)
私は一度だけ、頭上の薄ら明るい夜空を横切ったコウモリの姿を確認できました。

皆で池周辺のコウモリの気配を感じた後は、いよいよコウモリトラップを確かめに行きます。

もちろん、国の許可を得て、調査としてコウモリを捕獲しています。今回は、その調査を覗かせてもらうという事なんですね~。

こちらがそのトラップ。
P7190846.jpg
このピアノ線にコウモリがぶつかって下のスペースに落ちるという仕組み(怪我はしないとのこと)。そしてコウモリって、動けないようなピンチになると寝てしまうそうで(驚)、下のスペースに落ちた後はおとなしくしているとのこと。

どーれ、捕れているのかな?と覗き込むと
P7190848.jpg
いました~。

そう簡単に捕獲できるわけではないようなので、観察会スタッフの人は一安心ですね。

結局、3ヶ所にトラップを仕掛け、捕れたのはこの1匹。
貴重な1匹でした。

で、このコウモリの名前は
P7190861.jpg
『クロホオヒゲコウモリ』
というのだそうです。
小さい部類のコウモリで、重さは1円玉4枚分と・・・。

なかなか面白い体験をできました~。

まだまだいろんな種類のコウモリが捕れる可能性があり、来年も是非参加して、また違ったコウモリを観察してみたいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター1
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
プロフィール

giabendon

Author:giabendon
平成26年4月、ココログ多趣味悠々から引っ越してきました。(旧ブログはリンクからどうぞ)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック