2016年 秋田100キロチャレンジマラソン 当日 奇跡の復活

中間地点の比立内のエイドを出発し、50キロ地点を通過

この時点で、昨年タイムから2分貯金

お腹の調子、足の調子は相変わらず、好調とはいきませんが
とにかく前に!たんたんと!!を意識して走ります

目標としては、
キロ7分台でいければ更に貯金ができて御の字、最低限キロ8分前半

すると、苦しいながらも足を前へ進めていると、手ものとエプソンのGPS時計のラップが8分前後を行ったりきたり。

これはいけるかも、という意識が芽生えます

ただし!、空腹によるハンガーノックや足が痙攣して動けなくなるようなアクシデントがなければ・・・

阿仁付近の砂利道

1474930495603.jpg

当初はこの場所、応援も少なく、微妙な上り坂が続き、嫌な場所でしたが、
数度目のレース参加になると、林間の涼しさ、緑に癒され、結構好きな場所になっていました

ここからゆっくり下って、阿仁支所前
ここで嬉しいサプライズ

エイド前でシソジュースが復活してました!
(私設エイドでしょうか)

感動して写真撮り忘れましたが、氷も入ったシソジュース旨かった~!!

シソジュースに元気をもらい、急登を登ると北緯40度ゲート

ここから、いよいよ終盤戦
精神力が試される区間に突入です

とにかく、止まらず一歩一歩前に

歩み続ければかならずゴールが待っている

5回目の100キロマラソンで、この精神が少し体に染みついてきたようです

70キロ頃までは、まずまず順調

しかし、70キロ過ぎたあたりから、下肢に異変が出始めます

60キロ過ぎから、時折右大腿後面あたりが時々つる感じがあったのですが、いよいよ本格的な痙攣
立ち止まり伸ばしてだましだまし走っていると、今度は左足も。

痙攣止めの芍薬甘草湯(漢方)はすでに2包内服済み

脱水、電解質不足も考え、炎熱サプリを補給しつつ、昨年同様エイドでは果物を主に補給

一カ所痙攣が収まったかな~と思うと違う場所に

ついに、両足のふくらはぎも交互に

ただし、やべ~と思いながらもペースは落ちず80キロ地点で残り約3時間

タイム的には完走を十分狙える時間です

でもでも、この時点で足がかなりやばい

とにかくだましだまし足をすすめました

80~90キロのひたすらの平地直線道路

途中から、声をだして気合いいれながら走りましたよ
(並走していた方、うるさくてすいません)

そして、ついに90手前の急坂までやってきました

この時点で残り90分以上ちょい残っており、時間は十分

問題は前にすすめるかどうか・・・

しかし、両足はついに悲鳴をあげて、両ふくらはぎが同時につって沿道に倒れ込んでしまいました

応援してい方に足を延ばしてもらうと、今度は大腿後面、次に大腿前面 
痙攣の連鎖がとまりません

沿道の親切な方に椅子を出してもらい、しばし休憩

でももう休んでいる時間がありません
少しでも歩いて先にすすみ、最後の下り坂で時間を稼ぐ

その一心ですすみました
でも、5mでも走ればすぐに痙攣がきてしまいます

大腿の痙攣であらば、痛みを我慢して少しは進めるのですが(実際、部位によっては痙攣をおこした状態で走ってました…汗)、ふくらはぎが攣ると歩くことさえできないのです

とまったり、歩いたりで、なんとか空港手前の下り坂へ辿り着きました

これで少しは走れるかと思いましたが、その思いはもろくも崩れ去り、歩くのが精いっぱい

ここまできて、リタイアか・・・時間もまだあるのに、
ほんと泣きたくなりました

いよいよリタイアを覚悟したとき
ふと気づきました

まだ飲んでいない痛み止め(ロキソニン)があった!

急いで内服して、最後の上り坂トンネルを歩きました

この時の、私の行動
手を合わして、『神様、なんとか最後の坂を走らせてください、この痙攣を止めて後5㎞走らせてくださいm(__)m』と呟いていました(笑)

すると、どうでしょう!

なんか足の痙攣がおさまり走れるではないですか!!

奇跡の復活

こんな事があるんですね

坂を下ると母なる米代川

1474930494322.jpg

このマラソンが終わったら、また竿を振りに来るよ~

あと2㎞

あと1㎞

大太鼓と妻・娘の出迎えがあり

DSCF7116.jpg

無事ゴール!!

ストップウォッチを押し忘れて正確なタイムは測定できませんでしたが、今年もぎりぎりの2分前ゴール

4枚目の認定証です(^-^)/

1474930493042.jpg

いやはや、やっぱり楽に走らせてくれない100キロマラソンですね

最後に、今年のラップタイム
80キロまでは計画通りだったんだけどな~

2015年2016年
距離㎞時間/10㎞分/㎞4:30発距離㎞時間/10㎞分/㎞4:30発
101:086分48秒5:38101:086分35秒5:38
201:066分36秒6:44201:066分25秒6:44
301:096分54秒7:53301:066分24秒7:50
401:218分6秒9:14401:197分44秒9:09
501:228分12秒10:36501:258分18秒10:34
601:208分00秒11:56601:177分56秒11:51
701:187分48秒13:14701:188分4秒13:09
801:228分12秒14:36801:188分4秒14:27
901:248分24秒16:00901:269分2秒15:53
1001:268分36秒17:261001:359分30秒17:28
スポンサーサイト

2016年 秋田100キロチャレンジマラソン 当日 湿度90%

2016年 秋田100キロチャレンジマラソン当日

2時起床
朝御飯のおにぎりや大福をほおばりながら、両足に入念なテーピング

3時にホテル玄関から3名でタクシーに乗り込み出発(前日に予約してました)

約30分位?で角館のスタート会場に到着です。

出走受付を済ませ、中間地点の50キロとゴールに届く荷物をそれぞれ預けて、準備万端

15分位前からスタート地点にランナーが集まり始めました

1475071610227.jpg
(ウルトラマラソンでウルトラマン発見!)

今回は、クッション性が高く、足のフィット感も良かったモントレイルのトレランシューズで参加

1474930291597.jpg

アナウンスでは、湿度90%・・・(気温は忘れました)
ちょっと不安です

恒例の気合の掛け声が響き渡り

いざスタート~!!

真っ暗な武家屋敷通りに、ランナー達の足音

高ぶる気持ちと緊張感
今年はどんな苦しい、喜びが待っているのだろう

最初の10キロは特に問題なくほぼ予定通り
ただ、気温がこの時間ですでに17度・・・

1474930387576.jpg

20キロ付近から右足首痛が。
最近、痛みがなかったのでちょっと想定外

まあ、いつもの事かと割り切って走り続けます

20キロ手前?で、太陽の光が差し始めました

1474930386241.jpg

さあ、これからが暑さとの戦いか・・・

しかし、その後は予想していたような照り付ける太陽という状況は少なく、雲と風に多少助けられました
でも、蒸し暑さはあり・・・

炎熱サプリを30-1時間毎に補給

そして楽しみにしていた大覚峠への急登手前のなめこ汁!

1474930384790.jpg

やっぱり旨いの~

さあ、まずは前半のハイライト、大覚峠の登りです

歩いたり、走ったりで、なんとか峠へ

1474930383361.jpg

今年も巫女さんのお出迎え
マリオは子供に変化してました(笑)
コーラ美味しい!!

ここから50キロエイドまでの下りが、予想以上に長いのは経験済み

心が折れないよう、足にあまりダメージがないよう注意です

ここでの心配は、内臓ダメージでした

前日の暴飲暴食?、サプリ(エナジージェルやベスパなど)のとりすぎ? か、少々吐き気、そして汗でぬれたシャツが腹にへばりついて冷える感じあり・・・

昨年の後半、果物のみ摂取して、少し空腹感が出るくらいで調子があがったので、この時点であまり捕食をとりすぎない、水分とりすぎないと意識
しかし、これが今回、後半苦しむ結果となったのか・・・?

50キロ手前のエイドには、昨年より4分位遅れて?到着(たしか10時24分位だったかな?)
できれば、予定より1分でも早めに着きたかったが、今年は登りで無理しないよう少し時間を使ったので、まあ仕方ないかな。

その数分の遅れを取り戻すため、若干休みを短くして

さあ、後半50キロへ出発です

つづく

2016年 秋田100キロチャレンジマラソン 前日

今年もやってまいりました

年に1度の修行

秋田100キロチャレンジマラソン大会(今年は第26回)

昨年と同様、前日に秋田内陸縦貫鉄道を利用して鷹ノ巣から角館入り

鷹ノ巣14時38分発の急行もりよし3号に乗車

P9244262.jpg
(写真は、終点角館で写真をとったので鷹ノ巣行きになってます)

昨年よりちょっと混んでいたかな

待ち合わせた仲間と近況報告しながら、乗り込む前に買っておいた缶ビールをプシュッと!

窓の外には、田んぼアート

P9244254.jpg

ちょっと日焼けした秋田美人(笑)

そして飲み終わると、今度は知人から缶ビールの差し入り(笑)

すっかりできあがって角館着

P9244261.jpg

1年振りの角館

受け付けを済ませると、

体育館では前夜祭

P9244258.jpg

私は時間がないので、さくっとそばを頂き

P9244260.jpg

新幹線(10分位?)で大曲入り

もう一人の仲間と合流して3人で前夜祭

お互い自分の目標をもって

さあ、明日は頑張りますか~ということで

つづく

おおだて チームダンスフェスタ

今年も、いよいよ秋田100キロチャレンジマラソンが2日後に迫ってきました~

ちょっと緊張してきました(笑)

作戦は、例年通り過去の記録を参考に
ぎりぎりの完走を目指します

でも、天気予報では明日から晴れで最高気温が大館で27度・・・
暑さとの戦いになりそうです

で、その前に娘の頑張りを見てきました

22日 おおだて チームダンスフェスタ

娘がヒップホップチームで参加

DSCF7072.jpg

司会には秋田 ローカルタレント バリトン伊藤さん(笑)

DSCF7059.jpg


場を笑わせながら盛り上げる話術、流石でした

子供達は一生懸命、そして笑顔で踊ってました!

DSCF7045.jpg

その他、よさこい、フラダンス、3B体操、日本舞踊

DSCF7094.jpg

なかなかバラエティーに富んでいて、楽しませてもらいました

最後ははち君の体操 ワンだふる はちくん

DSCF7106.jpg

はちくん メタボ解消になるでしょうか(笑)

鯛づくし

先日の釣った鯛

腸にはイワシらしきものが詰まっており、身の脂も上々でした
(捌いているとすぐ分かりますよね)

久しぶりの鯛づくし

DSCF8555.jpg

皮を残した松皮造りが美味でしたね~

DSCF8556.jpg

兜の酒蒸しはもちろん

DSCF8562.jpg

塩焼き、潮汁

そして、おこげ入りの鯛飯

DSCF8567.jpg

いやいや、贅沢な食卓でした
(子供達は全然ありがたがってないようです・・・)

明日は!

明日は、昭和公園で大館・冒険プレーパークですよ~

残念ながら、私は他の用事で参加できませんが、天気も良さそうなので、時間があるかた遊びに行ってみては如何でしょうか~

カヤックフィッシング 漕釣43回目 ~今季、初カヤック真鯛~

気づけばもう少しで10月

そう言えば、まだ今シーズンのカヤック、釣り目的で海に浮いてなかったんですね。

9月18日、アオリイカが食べたい!と男鹿半島に向かいました

昨シーズンに続いて、あまり良い話が聞こえてこないアオリイカ
男鹿方面はそれなりに好調になってきたという情報もありちょっと期待

前日、八甲田山に登っていたので、のんびり出発する予定でしたが、午後から風が出てくる予報

ちょっと頑張って4時過ぎ起床して出発

約2時間かけて、6時半過ぎ男鹿到着

準備をしていると、地元の方から、毎年ここの堤防が墨で真っ黒になるけど、今年は全然ないよ~・・・・と。

まあ、アオリがダメなら根魚(キジハタも釣りたい!)狙いでと、いろいろ仕掛けを準備して、いざ出陣!

まずは、アオリを釣った実績があるポイントを集中的に攻めます

しかし・・・、うんともすんとも・・・。

いくら下手な私でも1回位はおさわりがあっても

遊漁船もやってきません

どうやら、私に釣れてくれるアオリはいないようです(泣)
食べたかったな~

そうこうしているうちに、カヤックがゆっくり沖に流され、水深が10mを超えてくると、ベイト反応が魚探にびっちり

どうやらイワシのようです

このベイトの下に着く魚を意識して、アオリタックル(ティップランロッド PE0.8号(0.6号が手に入らなくて) リーダー20lb)にシーライドミニを落とし込むと

クン クンとあたり

小刻みな引きで上がってきたのは

P9184223 1


塩焼きサイズの鯛様でした~

更に同サイズを追加

浅場に戻ると、こんなサイズも(笑)

P9184219.jpg

キジハタが釣りたい!と
今度はオーバルテンヤ(2.2号)に変えて、底を付近を狙います

すると底からの巻き上げにアタックしてきたのは

P9184232 1


やっぱり鯛

そんな贅沢な!

とりあえずノンアルで乾杯です

P9184229.jpg

そして、今のところそれ程の風でないので、流されながら水深20m付近へ

再び、魚群リーチ 
その後ろに着いている鯛を意識してオーバルテンヤを巻き上げると

グングンと、今度はいい感じでドラグが出て、ティップランロッドが曲がります

障害物はなさそうなので、ゆるゆるドラグでゆっくりゆっくりファイト

周囲を気づかいせずやりとりできるのがカヤックのいいところですよね

無事ネットインしたのは

P9184242.jpg

60前後の良型真鯛

このサイズになってくると顔も迫力がでてきます

P9184234.jpg

今度はタイラバに変えて探るも、一度コツンと当たったきり反応悪いようです

イワシがベイトならジグでいける?と、ガン吉、ムラジグと投入するもあたらず

再びオーバルテンヤ(2.2号)に戻すと、再度あたりが頻発

どうやら、本日はこれがあたりみたい

そして、今度はフォールで食ってきたのが、やはり60アップの良型真鯛

P9184248.jpg

これもいいファイトしてくれました

オーバルテンヤ ばっくりです

P9184243.jpg

その後、風が強くなり始め、近場でシーバス狙ってみると反応なく14時前に終了

狙いのアオリ、キジハタは釣れませんでしたが、真鯛は大漁

P9184252.jpg

男鹿の自然に感謝ですm(__)m

八甲田大岳登山 雨降り

9月17日土曜日、八甲田大岳に登ってきました。

メンバーは次男と部活仲間が主体(鳥海山は長男)。
昨年、このコースを企画するも、天候悪く姫神山に変更したんですよね。

6時大館発、8時前に酸ヶ湯着。

心配していた駐車場は、まだ紅葉には早く、天候も怪しかったので、ガラガラでした。

8時30分前に出発

DSCF8447.jpg

頂上付近を見上げるとガスの中・・・

まあ、よくおしゃべりする学年だこと(笑)

DSCF8451.jpg

仙人岱への道は沢沿いで、小学校低学年の娘にとっては結構大変でした

DSCF8458.jpg
(写真はオオカメノキの実)

途中、キノコを見つけがら

DSCF8459_201609191649331cc.jpg


地獄湯沢源頭へ

DSCF8474.jpg

このあたりから風も強くなり、霧の中へ

DSCF8480.jpg

源頭をすぎれば、八甲田清水!
(コースタイム1時間30分を2時間かけてゆっくり到着)

DSCF8481.jpg

しかし、残念ながら水が溜まっているだけで、湧き出てませんでした(泣)

ここから大岳頂上へ急登をもう一踏ん張り

アオモリトドマツの中をすすみます

DSCF8499.jpg

霧と風

霧が嬉しいのは苔達かな

DSCF8491.jpg

頂上手前の鏡沼も良く見えません

DSCF8502.jpg

娘も頑張って、最後は張って登頂(笑)

DSCF8504.jpg

11時30分 大岳頂上に到着!

DSCF8507.jpg

霧の中で、風も強いので、写真撮影してすぐに大岳避難小屋に向けで出発

で、ここからが大変でした・・・

突然、スコールのような雨が降りだし、びっしょり

もちろん合羽は持参してもらっているのですが、正直装備の性能としては・・・

なんとか避難小屋に辿り着くも、小屋は雨宿りする人であふれてました

直後から雨は小降りになり、出発する人も出始め、なんとか小屋に入り込む事ができたので、着替えたりしながら昼食の時間。

この時点で写真をとる余裕がありませんでしたね

沸かしたコーヒーで体をあたため

13時30分 大岳避難小屋発

毛無岱へ

DSCF8517.jpg

しばらくは霧の中でしたが、次第に風も収まり、体もぬくもりを取り戻し、会話も弾むようになってきました
とりあえず一安心
(この時期の雨風は怖いですからね)

定番の下毛無岱と上毛無岱をつなぐ階段から

P9174178.jpg

紅葉の見頃はもう2週間位後かな??

DSCF8540.jpg

双眼鏡を覗いてトンポを観察する余裕も(笑

P9174173.jpg
(青い部分が見えたとのことで ルリボシヤンマかな?)

しかし、木道は凄い事になってました

DSCF8543.jpg

沢下り状態でした(笑)

下毛無岱を過ぎて森に入るとキノコ観察会

白いキノコ特集です(笑)

P9174189.jpg
透明感ある白さ

P9174192.jpg
名前は分かりません・・・

P9174198.jpg
これは立派でした

かわいい小さなキノコ
P9174197.jpg

あーだこーだ言いながら(女性陣もよくしゃべります(笑))

P9174211.jpg

酸ヶ湯に15時到着~

途中の雨で一時はどうなるかと思いましたが、最後は皆笑顔でよかった~。

しかし、この学年の雨男は誰だ!?(笑)

大館神明社例祭 祭典祝い水

最初に私事の備忘録

本日は『シン・ゴジラ』と長男のバンドのライブを鑑賞

シン・ゴジラ
コジラはあくまでも架空の出来事
でも、他の脅威で同じような状況が起きても、あながち大げさではないか・・・と、ちょっと怖い気持ちで見てしまいました

ライブ、長男は今回はギターでなくドラムで参加
ん~、悔しいかな私が高1の文化祭で叩いたドラムよりだいぶ上手いようです
せっかくやるなら、これからも本気で取り組んでほしいですね

さて、帰宅してから、神明社例祭の『祭典祝い水』へ

DSCF8414.jpg

しかし、到着したらすでに終盤

立ち位置を探していたら終わってしまいました(泣)

DSCF8440.jpg

各町内でかけ合うぶっかけは見ごたえあるんですけどね~

祝い水の後は、各山車がお囃子で競い合います

DSCF8417.jpg

その戦いを見守る男達

DSCF8421.jpg

かっこいい!

DSCF8426.jpg

リズムが体に響きます

DSCF8435.jpg

正直、地元出身でこの祭りに参加できる皆さん

DSCF8433.jpg

羨ましいです

大館神明社例祭 田乃坂越え

大館神明社例祭

夜の部に入り、一気にボルテージがあがり盛り上がります

初日のハイライト

田乃坂越え

DSCF8361.jpg

曲げわっぱ太鼓も参加

DSCF8377.jpg

太鼓の音はほんといいな~

各山車によってリズムが早いのから優雅なものまで

そして一気に駆け上がります

DSCF8380.jpg

いいっすね~

DSCF8381.jpg

田乃坂越えが終わると
山車の合同運行

DSCF8393.jpg

お囃子と踊り

DSCF8394.jpg

祭り初日は最高潮へ

DSCF8398.jpg
カウンター1
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
プロフィール

giabendon

Author:giabendon
平成26年4月、ココログ多趣味悠々から引っ越してきました。(旧ブログはリンクからどうぞ)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック