鳥海山 SEA TO SUMMIT 2016 ~レース当日 登山ステージ~

鉾立駐車場では、マイカーに戻って着替え、登山の準備
(妻と長女が応援に来てくれていたのでマイカーあり)

ここではトイレも含めて20分近くタイムロス
カヤック、自転車ともにレース時間は予想以上のタイムでしたが、着替えで予想以上のロスタイムでしたね

P8284132.jpg

結局、登山開始は、自分の鉾立駐車場出発目標タイム通りAM9時になってしまいました

P8284134 1

まあ、御浜小屋のタイムアウトが10時30分ですから、なんとかなると思うのですが・・・

ちなみに、足元の靴をトレッキングシューズにするかトレランシューズにするか最後まで迷いましたが、天候もまずまず良さそうでしたので、トレラングシューズを選択
今回の天候、道状況に限って言えば、トレランシューズで問題はなかったです

ここからは、前回の鳥海山登山写真と似ていますのでご了承下さい
だいたい写真を撮りたくなるポイントが一緒なのです(笑)

歩き始めると眼下にスタート地点の吹浦港

P8284136.jpg

よくここまで登ってきたものだな~

賽の河原までは風が弱く暑かったですね

P8284140.jpg

御浜小屋には約1時間で到着(タイムリミット30分前のAM10時)

やはり扇子森から鳥海山へ向かう下りの景色は雄大

P8284142.jpg

七五三掛(しめかけ)にはAM10時半着(タイムリミット40分前  当初は11時30分リミットでしたが、11時10分へ変更)

ここから道が崩れたため今年作られた?新ルートで千蛇谷へ降りていきます

あれ?、前回の登山で通ったハシゴは降りないの??

どうやら前回通ったルートより、今回の新ルートの方が安全だったようです(汗)

前回の分岐より数十メートル登ると、今回の新ルートへの分岐がありました

千蛇谷へ降りていくと、眼下にハシゴがみえました・・・

P8284146.jpg

今後鳥海山に登る人はお気を付けください

千蛇谷の雪渓が現れ

P8284150.jpg

頂上への急登

途中からガスがかかってしまいましたが、涼しくて助かりました

P8284154.jpg

というか立ち止まると寒いくらいなので防寒対策は必要ですよ

そして、無事到着しました~

P8284159.jpg

ゴール時間はたしかAM11時40分頃(タイムリミットは13時00分)

いや~、よかったよかった

頂上では記念撮影後に軽く行動食を食べて12時前に下山開始

P8284160.jpg
(イワギキョウ)

前回の8月初旬に比べるとだいぶ花の種類は減っていたような印象でした
花をみる余裕あり(笑)

後ろから駆け下りてきたのは辰野会長(グレーのリュック)

P8284165.jpg
(黄色の方はスペシャルゲスト希良さん 足取り軽かったです)

辰野会長、降りるの早い早い、かなりの健脚で驚きました

ここで、妻から娘と一緒に御浜小屋まで登ったよ~とTELあり
娘はかなり文句をつけながら登っていたようです(笑)
でも、この暑い中よく登ったな~とちょっと関心

風が強かったようで、二人は先に下山開始し、合流できたのは登山口からすぐのところでしたが、最後は3人でゆっくり歩いて鉾立駐車場へ

P8284170.jpg

そして、最後はキアゲハが出迎えてくれました

P8284169.jpg

下山の届け出をしてレース終了

レストランで稲庭うどんとかき氷(旨い!)

吹浦港に戻ってカヤック積み込み、鉾立から運んで頂いた自転車を閉会式会場前の遊楽里館前で回収

急いで温泉入って閉会式会場に入ると、遊佐カレーが食べ放題

DSCF8273.jpg

2杯食べた所で、閉会式

上位入賞者の表彰式

男子トップは3時間9分とか・・・
私が自転車ステージ最後の急登でヒイヒイ言っていた時に、もうゴールしていたんですね(大汗)

最後は大抽選会(レースの順位は関係なし)
ゴアテックスの雨具やら五万円のモンベルポイント、プロトレックの最新時計も・・・

私は遊佐町の米(3キロ)があたりました

DSCF8275.jpg

実はアーリーエントリーで米(2キロ)も頂いていたのです
この米、妻が喜んでました
今回、大曲花火を諦めて付き合ってもらったので、感謝です

今回、初参加でしたが、とってもいい大会でした~

大会関係者の皆さん、本当にありがとうございましたm(__)m

来年も是非参加したいところです
ただ、大曲の花火とまた日程が重なってしまうと迷うな~









 
スポンサーサイト

鳥海山 SEA TO SUMMIT 2016 ~レース当日 カヤック・自転車ステージ~

いよいよレース当日(28日)

AM4時起床、前日買っておいた朝食を食べて、AM45分宿を出発

AM5時過ぎまでに登山用荷物を預けて、カヤックの準備

鳥海山の朝焼け

P8284099.jpg

そして、本日のコースが予定通り山頂ゴールであることが発表されると、会場から喜びの声
盛り上がってきたところで、カヤック部門のスタートです!

スタートは、チーム、個人と名前が呼ばれながら、タイムカードをスリットしてレース開始です

P8284106.jpg

私の名前も呼ばれて無事スタート!

P8284109.jpg

ゆっくり焦らず(笑)

波打ち際で沈することなく漕ぎ出せました~

P8284110 1

コースは吹浦港内を2周(計4km)

1周目、太陽が昇る直前の鳥海山が実に見事でした!
ここで、写真をとるか迷いましたが、まだ心に余裕がなく気づいたら、カメラを向けずに漕ぎ進んでいました
今でも目に焼き付いている景色、写真に撮ればよかった~とちょっと後悔

2周目、太陽が完全に上がってしまいましたが、光り輝く鳥海山とカヤック参加者

P8284111.jpg

少し心に余裕が(笑)

結局、40分ほど?で無事カヤック終了

車に戻り、自転車用ウェアに着替え
(その後、早いタイムの皆さんの服装みると、自転車のウェアで、カヤックから登山まで着替えていない人が多かったです。あのお尻のパッドが入ったパンツで歩くの、気持ち悪くないのでしょうか??。ちなみに、シットオンカヤックは全身しぶきで濡れるので、なおさら一枚で通すのは厳しいかも)

着替えやらで15分程時間をロスして自転車部門スタート

P8284115.jpg

今大会、自転車が最も不安でした
ひたすら登りの約21km・・・

ロードバイクでなくマウンテンバイク、しかもほとんど練習してない
参加者の中で、自分の実力がどの程度なのか、まったくの未知数(汗)
(マウンテンバイクは、地元の自転車屋『虻徳』さんで、タイヤをスリックタイヤの1.9インチに変更してもらい、メンテナンスも依頼。親切に対応して頂きました)

凄い勢いで抜かしていくレーサーを横目に、マイペースでペダルを漕ぎます
すると、同じ位のペースですすむ人もちらほら
これならなんとかなるかも・・・

比較的緩やかの坂道が続き、中間地点の駒止めへに約1時間で到着

P8284118.jpg

カードスリットを済まして、核心地域の急登へGO

P8284122.jpg

ヘアピンカーブが続きますが、なんとか歩かず漕ぎ続けられました!

視界が開けると、海の向こうに男鹿半島

P8284125.jpg

森を抜けると一気に暑くなります

P8284129.jpg

大平山荘を過ぎると鉾立駐車場まで一踏ん張り

約2時間、無事鉾立駐車場に到着~

自分の予想タイムより早く、自転車ステージ約2時間ちょいでクリアできました(喜)

登山ステージへ続く

鳥海山 SEA TO SUMMIT 2016 ~初参加 初日~

人力のみで海(カヤック)から里(自転車)、そして山頂(登山)へ 

『SEA TO SUMMIT』

9カ所の開催地の中で、全大会で最も過酷なコース

この言葉にひかれて、勢いで申し込んでしまった鳥海山 SEA TO SUMMIT 2016

夏の雨不足から一転、連日の台風が続く悪天候
私も連日天気予報とにらめっこ
しかし、大会当日、前日までの大雨が嘘のような晴れ間が広がっていました


初日の27日は、カヤック、自転車の搬入と、16時からの環境セレモニー(参加が必須)

AM11時半頃に大館を出発

受け付け30分前の15時頃、山形県遊佐町西浜海岸到着

受け付けを済ませ、登山靴、カヤックの装備点検を受け、カヤック、自転車を搬入しました

駐車場からカヤック置き場所まで、ちょっと距離があるので、ドーリーを持ってくればよかった
妻に手伝ってもらってなんとか運びました

DSCF8255.jpg

ずらりと並ぶカヤック、フィッシング用のシットオンカヤックは私一人(笑)
(数に限りがあるようですが、レンタルカヤックもあるようです)

DSCF8256 1


でもいいんです、愛艇ですから!

自転車もほぼロードバイク、私はマウンテンバイク(笑

DSCF8249.jpg

でもいいんです、愛車ですから!

16時から環境シンポジウム開催

27日企画されていた、EXPEDITION 飛島~吹浦港のカヤック横断は2年連続悪天候で中止になってしまったようです
それだけ日本海は厳しいところという証拠ですかね

開会式では、主催のモンベル会長 辰野勇氏の挨拶

DSCF8266.jpg

基調講演では、アウトドアで活躍しているモデル 仲川希良さんが、鳥海山周辺の魅力を紹介

DSCF8267.jpg

綺麗でスタイルよかったな~
そしてなかなか話が鋭い
トークセッションもありましたが、希良さん話が面白かったです

現在、鳥海山・飛島ジオパーク構想がすすめられており、9月に合格通知が来る予定だそうです
無事認定されるといいですね~

最後に大会説明が行われ、終了したのは18時半過ぎ
思いの他、遅くなり慌てて宿(酒田屋旅館)に戻り、温泉入って

P8274092.jpg

魚、貝料理で美味しくビールを飲んで
就寝となりました~(裏の波の音が結構凄かったです。私はぐっすり、妻はなかなか寝付けなかったそうです・・・)

レース当日へ続く

暑い暑い グレートトラバース in 大館 ④鳳凰山

20日午前中に時間ができたので、トレーニングへ

AM7時半過ぎ、少しでも涼しいうちにと走り始めるも、暑い・・・

後でニュースをみたら、AM8時の時点で秋田市は30度越えだったとか。大館も同時刻で30度超えてたのでしょう
約4Kmで長根山運動公園着

自販機で水分購入して、いざ鳳凰山山頂を目指してGO

1471783785380.jpg

ぽつぽつすれ違う人がいますが、熊がちょっと心配
熊鈴は必須ですね

アスファルトの上は尋常でない暑さですが、森の中は多少なりとも涼しい

1471783723429.jpg

それでも、約1時間頂上に着く頃には汗でTシャツはびっしょり

1471783697038.jpg

当初は大文字焼きを通って雪沢方面へ降りる予定でしたが、降りてからのロードがヤバイと判断して
秋葉山経由で長根山運動公園へ降りることにしました

途中、ちょっと草が道にかぶさって半ズボンだと嫌だなという場所がありましたが、迷う事なく秋葉山山頂

1471783673466.jpg
(秋葉山から樹海ドーム方面を望む)

予想通り、ロードに出てからはかなりきつかった

なんとか家にたどり着き水分補給とラーメンで塩分補給(笑)

1471783643896.jpg

さとう中華の新塩 レモンの酸味が絶妙で旨いっすね~


こどもエコクラブ サマーキャンプ

17、18日、長女、妻と弘前のHEP21 こどもエコクラブ サマーキャンプに参加してきました

場所は白神のアクアグリーンビレッジ暗門

当初はテントとコテージに分かれてキャンプをする予定でしたが、アブ大量発生の情報もあり皆でコテージに泊まることになりました。

17日、台風通過で外遊びは厳しいとのことで、予定より遅く集合して暗門へ向けて出発

途中、白神山地ビジターセンターを見学

DSCF8174.jpg

立派な施設ですね~

その後、アクアグリーンビレッジのコテージへ移動

雨も上がっていたので、クラフトづくりのための材料採取

DSCF8181.jpg

その材料を張り付けたり、色を塗ったり

DSCF8194.jpg

出来上がりはこんな感じ

DSCF8200.jpg
娘の『白神の小川』

つい私も夢中になってしまい(笑)

DSCF8197.jpg
『緑の共演』

お風呂に入って、カレーライスを食べて、酔っぱらって(笑)

環境塾も

DSCF8204.jpg

子供達も、雨水をとってきて分析(驚)

DSCF8212.jpg
伝導速度と㏗を測定してました

この雨水の分析研究や自然観察を新聞にして、全国規模の立派な賞を貰っているんですよ。凄いですね~

娘も初体験で緊張して実験していたようです

18日朝、快晴!

朝風呂入って、朝食とって、お散歩へ

その前に、朝食で食べた『じゃがりこポテトサラダ』にびっくり

DSCF8215.jpg

じゃがりこにお湯入れてかき混ぜただけ・・・。
これが意外に美味しかった(笑)

DSCF8219.jpg

皆さんの日頃の行いがいいんですね~

DSCF8230.jpg

まずは遊歩道の入り口で水分補給
フキの葉でコップをつくってみましたよ

DSCF8221.jpg

アスファルトの上はすでに暑くなってまいたが、やっぱり森の中は涼しくて気持ち良い

DSCF8224.jpg

途中、植物の名前を教えてもらいながら

P8184063.jpg
シャクジョウショウ(ピンボケだった・・・)

DSCF8227.jpg
トチバニンジン

P8184071.jpg
イチヤクソウ

水場
DSCF8245.jpg

冷たくて美味しかった~
DSCF8247.jpg

この立派な苔はホウオウゴケの仲間かな?
P8184083.jpg

キツリブネソウ
P8184088.jpg

のんびりのんびり歩いて楽しかったな~

PS これにて夏休みイベント無事終了です

告知

21日は二ツ山公園で大館プレーパークですよ~

今回、私は参加できませんが、流しそうめんの企画もあるようで、またまた楽しそうです!

時間がある方は是非遊びにどうぞ~

カヤックフィッシング 漕釣42回目 ~久しぶりのカヤックシーバス~

16日

久しぶりのカヤックフィッシング

今シーズン、まだカヤックで鯛を釣ってなかったので、海に行きたい気持ちがありましたが、天候が怪しいのと仲間が十三湖で浮いているので、便乗して十三湖カヤックシーバスへ変更しました。

しかし、寝坊して自宅を6時前出発(笑)

高速使って2時間ちょいで十三湖到着

すでにサンバーさんが釣果をあげて変えるところでした(汗)

段取り悪く準備して9時前に出艇

先に浮いていたメバマニさん
すでに数匹あげているも、今の時間はなかなか厳しいと・・・

すでに出遅れたか

メバマニさんから少し離れている場所で釣っていると、どうやらまずまずの良型をゲットしている姿を確認

お、シーバスはいるぞ!

するとローリングベイトにコツンとあたり
いるいる

今度はガボッツにガボ!っとバイト
これは残念ながらはじかれフッキングならず

表層系でいけそうと、今度はシャルダスへ変更

するとヒット!してくれました~

カヤックでは手元に近づいてからの突っ込みが凄いんですよね

ファイトを十分楽しんで上がってきたのは60アップのシーバス

P8164046.jpg

掛かってくれてありがとう~

これで周囲の景色みる余裕もできました

P8164060.jpg

しかしこの日の日中はなかなか渋かったようで皆さん苦戦してます

私もなんとか小さいながらもトップ(アイマ ポッキー)で1匹

P8164053.jpg

ナレージで1匹

P8164057.jpg

追加して15時頃終了

帰宅して自然の恵みを頂きました

ただ、サイズのためか脂ののりがもうちょいだったので、昆布締めにして本日食べたら美味しかった~

PS 1年振りのプロフィッシュ(カヤック名)、クモの巣がはってありました(汗) SEA TO SUMMITにむけていい準備となったかな。

自転車漕ぎ

14日 夕方から雨の予報

でも朝は青空が広がってました

ゆっくり起床して、今日はSEA TO SUMMITへ向けて自転車漕ぎへ

とりあえず小坂方面の坂を求めて行けるところまで

1471357970446.jpg

最後の急登

1471357665901.jpg

思ったほど坂はなく小坂到着

暑い暑い
ガリガリ君 うまし(笑)

1471357664692.jpg

ぐるっと周って十和田インター方面から大館に戻るコースに決定

米代川本流を通ると鮎釣りの人でいっぱい

1471357663489.jpg

約3時間、走行距離約50㎞でした

途中、ババヘラアイスを迷って食べなかった・・・。
という訳で(笑)
そのまま河田氷店のかき氷へ直行

1471357662259.jpg

練乳抹茶宇治金時
うめかった~

夏休み3日目 

夏休み 目一杯遊びます(笑)

14日、ゆっくり起床して11時半過ぎからホーム河川で鮎釣り

お盆なのに殺生すいませんm(__)m

東北の短い夏は堪能(以前より長くなった印象ですが・・・)

P8144030.jpg

とは言っても、鮎はすでに秋の気配が漂い始めており

P8144039.jpg

個体によってはうっすら色付き始めているようでした

釣果は超渇水で私には難しい(夕方に放水があり水位上昇しましたが)

5時過ぎまで頑張って囮込み16匹で終了

P8144042.jpg

しかし、日が落ち始めた時に虻は相変わらずでした(汗)

今後の予定をみると、これで今シーズンの鮎は終了かな~

鳥海山登山 その②

朝4時半に起床

近くの丘で日の出を拝みました

ちなみに、妻は夜中に聞こえてきたネズミの音と、私の歯ぎしりの音で寝不足だったとか(笑)
(食べ物はしっかりしまって寝た方がよさそうです)

鳥海山の裾から昇る太陽

P8133909.jpg

日本海側をみると海に写った影鳥海

P8133885.jpg

月山も見えてました

P8133878.jpg

爽やかな朝を迎え、5時半朝食

P8133911.jpg

普段、あまり朝食はしっかり食べない子供達

登山では朝御飯をしっかり食べれるかは大事ですよ!

6時半前に御浜小屋出発

七五三掛(しめかけ)手前から見上げる鳥海山

山が大きい!

P8133928.jpg

8時半前に千蛇谷(せんじゃだに)コース、外輪山コースの分岐到着

P8133936.jpg

登りは千蛇谷コースを選択

ここから一気に谷へ下りますが、結構急で注意が必要です

微妙に傾いた梯子

P8133938.jpg

皆、びびってました(私も久しぶりのガレ場で結構怖かったです(笑))

その後、SEA TO SUMMIT 鳥海山大会に参加して、新コースができている事が判明。
従来の分岐から木道を数十メートル登ると、新しい分岐があり(とちらも分岐の看板あり)、そこから整備された急坂を下ると、梯子を通らず雪渓に降りれます。新コースの方が安全だと思います。



無事谷に降りると雪渓が出現

P8133939.jpg

雪渓を横切って小休憩

P8133946.jpg

ここで、岩を覗き込んでいた長男が『お~』と叫び声

『今、俺の顔みてチューと言ってネズミが隠れた』と(笑)

P8133952.jpg

さあ、ここから頂上小屋までひと踏ん張りです

この登りはきついけど、スケールの大きな景色は見事でした

イワヒバリも応援してくれましたよ

歩き始めて約3時間半、10時前に頂上直下の大物忌神社 御室小屋着

頂上小屋付近で見つけた鳥海山固有種のチョウカイフスマ

P8133963.jpg

こんなに花が多いとは思いませんでしたね

ここから荷物をデポして頂上往復

これが結構な岩場

P8133964.jpg

登山用リュックでない子供達の荷物を置いてきてよかった~

最後に岩の間を通り抜けると

P8133972.jpg

頂上到着~! 

P8133977.jpg


10時半前、のんびり登って約4時間でした

頂上は狭いので軽く休んで下山

今来た岩場を下るのか~と不安そうでしたが無事に御室小屋着

下山は外輪山コースを選択

こちらもお花畑が見事でしたね~

イワギキョウかな

P8133985_20160814230657791.jpg

再度登場(笑) チョウカイフスマ

P8133989.jpg

ホソバイワベンケイ?
P8133993.jpg

こちらは妖艶な雰囲気をだす鳥海山固有種
チョウカイアザミ

P8134002.jpg

外輪山コースを下っていくと、途中からハイマツ帯へ

P8134008.jpg

北海道の山やアルプスみたいな雰囲気ですね

眼下には先程登った千蛇谷、そして鳥海山
(花はヤマハハコ?)

P8134011.jpg

心地よい疲れを感じながら

御浜小屋で登頂の挨拶をして

最後は蝶(名前は??)がお出迎えしてくれました

P8134023.jpg
(蝶と言えば、御浜小屋付近でアサギマダラを見ることができました!)

16時30分鉾立着

ほぼ計画通りでした

さて、鉾立駐車場前からみる日本海

P8134018.jpg

赤〇が、SEA TO SUMMIT のスタート地点の吹浦港?

あそこから鉾立駐車場までの坂道(自転車)

やばいです・・・(汗)

ダメなら潔くリタイアしますm(__)m
カウンター1
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
プロフィール

giabendon

Author:giabendon
平成26年4月、ココログ多趣味悠々から引っ越してきました。(旧ブログはリンクからどうぞ)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック