ここ1週間

2月に入って3回目の出張。
今回は、21日~27日と1週間。前半は4日間みっちり研修で厳しかった~。

後半はちょっと時間ができたので、久しぶりに付近散策がてらジョギング。

やばいっす。2週間後に横浜マラソンだというのに、久しぶりに走ったら体が重い重い。

もう、本番の目標はタイム関係なく完走一つですね。

スマホを片手にジョギング。
途中に、ロボット兵発見!

1456574902930.jpg
(三鷹の森ジブリ美術館)

近くでは桜(品種は不明)も咲いてました~
1456574869267.jpg

27日の帰宅日。

1時間半程だけカメラと写真の総合展示会CP+(シーピープラス)を見てきました。

KIMG0374.jpg

いや~凄い人でした。
KIMG0356.jpg

各ブースで写真家のトークショーをやっていて、ゆっくり聞いてみたかったのですが、時間がなく会場を一周したら、あっという間に帰る時間になっていまいました。まあ、カメラを触ってもよく分からないし、新製品を買う資金なんてないので、ちらっと見れればいいのですがね。

そんなこんなの1週間でした~。
スポンサーサイト

春一番

大阪城の梅林公園にて

DSCF6326.jpg

今月は出張が続きます。
13~14日と兵庫に行ってきました。

仕事では全国各地の方と話をする事ができ、実りある時間を過ごせました~。

で、宿が大阪だったので、時間があった13日早朝、大阪城散策(笑)。

あちこちで出迎えてくれたのがジョウビタキ君

DSCF6267.jpg

大館ではあまり見れないので嬉しい~。
やっぱり魅力的な鳥ですね。

また、あちこちの地面でガサガサしていたのはシロハラ君
DSCF6281.jpg

そして1枚目の写真に映っているメジロ君。
(なぜがみな君付けですが(笑))

他、キクイタダキらしき囀りとシルエットを見たのですが、残念ながらカメラではとらえられず。

しかし、ジョウビタキ君はあちこちで愛想を振りまいてくれました。
DSCF6283.jpg


梅公園ではすでに開花している種類も。
DSCF6308_20160214205210a2f.jpg

春ですね~
DSCF6296.jpg

春といえば、その後全国に吹き荒れた春一番

帰りの飛行機でたまたま読んでいた小説が沢木耕太郎の『イルカと墜落』
飛行機墜落?(まだ最後まで読んでない)のノンフィクション(笑)

無事青森空港に到着してよかった~。




縁起鳥

幸せをちょっとお裾分け

DSCF6228 1

先日、知人から教えてもらったフクロウのポイント。
私は2回目の訪問でラッキーな事に出会えました~!

この日は、久しぶりにヤマセミにも出会えた日。
証拠写真にしかなりませんが
DSCF6212 1

風穴ツアー

大館は日本の風穴において重要な地域である。

世の中、知らない事だらけですね~。

2月6日片山風穴の観察会に参加してきました。

9時半に集合し、簡単な説明の後、出発です。

参加者も多く、3班に分かれて出発しました。

風穴は山の麓に集結した冷たい重い空気が、岩の間の隙間に入り込み、その空気が地下のエネルギーに暖められながら、より標高の高い穴へ吹き出すとの事。

実際に麓の雪に線香の煙を流してみると、穴へ吸い込まれます!
P2062414 1
(お線香の上にアーチファクトが映ってますが、お線香の下に煙が見えますよね)

そしてその暖められた空気が吹き出す山の上部に行くほど雪が溶けています。
P2062418.jpg
言われてみると不思議な光景ですね~。

青の鳥居で挨拶して登ると
P2062420.jpg

上部はまさに春の陽気
P2062434.jpg

そして最大の風穴へ到着
P2062438.jpg

中に入ると明らかに温室!

この日の外気温が2度
風穴では14度の空気が噴出していました~。

そこでちょっと気になったのが苔(笑)
P2062445.jpg

真冬なのに青々としてます!
P2062441.jpg

風穴の中の苔を撮ろうとしたら、レンズがあっという間に曇ってしまいました
P2062450.jpg

夏は冷蔵庫になる風穴。
冬はその逆で暖房になる。

マニアックに苔に注目しても面白そうです。

皆さんも独自の視点でアプローチしてみては如何でしょうか~。

琵琶湖畔で見た鳥達

琵琶湖畔でみたカモ類など。

どれも珍しい鳥ではありませんが、初心者バーダーとしてはまずは記録として残させてくださいm(__)m

5日の朝焼け(AM7時過ぎ)

DSCF6066.jpg

水面をスイスイ
DSCF6079.jpg
この頭は?


DSCF5980.jpg
キンクロハジロですかね。

DSCF6015.jpg
こちらはキンクロハジロの♀かな。

同じ白黒でも、こちらはスズガモ。
DSCF5998_20160207000223463.jpg

黒と言えば、沢山いたオオバン
DSCF5988.jpg
図鑑を調べていたら、オオバンはカモ目でなくツル目に入るんですね~。知りませんでした。


DSCF5989.jpg
こちらはホシハジロの♀でよいのかな。

その他、ヒドリガモも沢山浮かんでました。

日が昇ったAM7時半過ぎ、桟橋の近くでは一生懸命カモ達が泳いでいるのに、ちょっと離れた場所では、まだお休み中の団体も。
DSCF6119.jpg
寝坊助集団のようですね~(笑)。

琵琶湖は鮎でも有名。
その鮎を食べるカワウ
DSCF6086.jpg
首が随分白いな~と思ったら、鳥くんの野鳥図鑑に、繁殖期に白い羽が多くみられると記載あり。

羽をずっと開いてジュディオング状態。
DSCF6108_20160207000333b78.jpg
朝日を羽にあてて乾かしている光景が面白かったです。

面白かったと言えば、こちら。
DSCF6051.jpg
ユリカモメ?が並んで、どうした?どうした?と。

お邪魔してごめんなさい

DSCF6054.jpg
許してあげるわよ・・・。


比叡山登山

2月4~5日琵琶湖のほとり滋賀県大津市に行く機会を得ました。

琵琶湖と言えば、中学生時代に友達と2人で青春18きっぷをつかって横浜(大船)から夜行列車大垣行に乗り込み、ブラックバス釣りに出かけた事を思い出します。ボート小屋に寝袋を持ち込んで釣りをして、初ランカーバス(50㎝)を釣り上げたんですよね~。懐かしい。

4日の会では発表する機会を得ましたが、自分の範囲で考えていてもダメですね。まさに井の中の蛙。勉強になりました。

さて、5日の移動日。
飛行機に乗るまでの間、ちょいと時間を頂いて比叡山へ。

DSCF6124.jpg
(大津からみた比叡山)

京阪電鉄坂本駅まで移動して、坂本ケーブルに乗る予定。

坂本駅からケーブル坂本駅までは、里坊の穴太衆積み石垣を見ながら歩きます。

DSCF6148.jpg

 「石の声を聴き、石に従う」といい、自然石を巧みに組み合わせて石垣をつくる穴太衆積みの技法

DSCF6145.jpg

不揃いの美という感じでしょうか。

石垣をみながらのんびり歩いていくと、境内の木から美しい鳥の鳴き声。
小型双眼鏡を持っていたので覗くとイカル?
あんな綺麗な声でなくの?
カメラを構えようとしたら残念飛んで行ってしまいました。
帰宅後調べたらイカルでした~。

そんな寄り道をしていたら道に迷って比叡山延暦寺への登山道に迷い込んでしまいました。

どうせならこのまま歩いて登りますか~。

DSCF6155.jpg

のんびりのんびり歩いて約1時間

DSCF6160.jpg

無事、延暦寺東塔に到着。
汗をかいて冷めてきた体に甘酒が美味しかった~。

DSCF6165.jpg

こちらの開運の鐘
DSCF616 7
一突き50円です(笑)

冬の平日は、流石に人は少なく静かな時間が過ぎていました。
DSCF6173.jpg


東塔を回った後はせっかく歩いてここまできたので、比叡山山頂 一等三角点(大比叡)へ。

眼下にみえる琵琶湖
DSCF6175.jpg

頂上に無事到着。
DSCF6182 1

展望はききませんでしたが、気持ちよかったですね~。

そして、帰りはケーブルカー(笑)
DSCF6187.jpg

下山後の坂本で食べたそば、このそば好きです。
またいつか食べにこよう。
カウンター1
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
プロフィール

giabendon

Author:giabendon
平成26年4月、ココログ多趣味悠々から引っ越してきました。(旧ブログはリンクからどうぞ)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック