2015 北緯40°秋田内陸リゾートカップ 第25回100キロチャレンジマラソン ~本番 ラップタイム~

先に大曲入りした私。
そして、荷物を後から届けてもらう事と、早朝の送迎をお願いしていた妻と長女が夜に大曲入りする予定でした。
が、ここで事件が発生。

荷物を準備して玄関に置いておいたのですが、その荷物が車に積まれないまま、21時過ぎに大曲入り。
荷物がない事に気づいた妻は、子供を降ろして大館にトンボ帰り・・・。
翌27日レース当日の深夜2時に無事荷物が到着・・・。
車に荷物を積んでおかなかった私が悪いのです。もう、妻には頭が上がりません・・・。

しかも、前日に仲間が同じ経路でスタート入りする事が分かり、大曲から角館までタクシー乗り合いで行くことに予定変更。
という訳で、一人でスタート地点に立つこともできたんですね。
いや~、ほんと申し訳なかったです。

そんなすったもんだがありましたが、AM3時に大曲を出発して、今年も無事角館のスタート地点に立つことができました。

1443536544084.jpg

恒例の掛け声の中、AM4時半スタートです!

真っ暗な武家屋敷街に沢山の応援

明るくなる日の出の頃には、野球少年達の応援

スタートの緊張もとれ、自分のペースをつかみながら、歩みをすすめます。

車窓から眺めた田んぼが癒してくれます。

1443536705353.jpg

40㎞手前のエイドに無事到着。
なめこ汁がみそ汁になっていたのはちょっと残念だったかな。でも美味しかったですよ。
タイムは予定より5分程度遅く到着。
不安を感じましたが、昨年よりは足の痛みは少ないかも。

いよいよ、大覚峠の急登です。
ここで、なんとか遅れをとり戻して、50㎞のエイドには予定の5分前に到着。
峠では昨年と同様、巫女さん、神主さん、メイドさんの恰好をしたボランティアの方が応援してくれました。

1443536662195.jpg

今年は、昨年のような50㎞から先の苦しみを耐える自信がありません。
願わくば、少しでも楽に走りたい。

でもその願いはもろくも崩れ去り、やっぱり滅茶苦茶きつい。

60㎞の時点で、再び貯金を使い果たして、予定オーバーに・・・。

特に、今年は内臓がかなりやられました。水分のとり方なのか、持参して走ったエネルギー補助ゼリーの影響なのか・・・。一時は少し吐き気がくるまで辛かったです。

ただ、希望の光は下肢の痛みが少なかったこと。
筋肉の突っ張りはかなり危険でしたが、膝や足首の痛みが軽度。内臓さえ復活すれば・・・。

後半は、各エイドでさっぱりした果物を中心に補充。
なんとか、徐々に内臓が復活。
最後は、空腹感を感じるまでに復活できました。

また、途中雷雨で結構な雨が降りました。
これは、私にとっては恵みの雨。
昨年の道路から照り返す暑さにかなりやられましたから。

後は、とにかく8分/キロのペースを目標に、ひたすら走るのみ。
とにかく、90㎞の時点で、1時間30分を残したい。そうすれば、最後は9分/kmで間に合いますから。

昨年の最後の10kmの苦しみが、とにかく脅威だったのです。

そして、どうにかこうにか、1時間半前の16時00分に90㎞到着。

後は、もしかしたら自分の時計が数分遅れているかも?という疑心暗鬼で、少しでも早くゴールにと頑張りました。

どうやら時計はあっていたようで、無事リミット4分前にゴール!

相変わらず感動する余裕なんてなし。

とにかく疲れました~。

でも、この秋田杉の賞状をもらえば、その苦労は一瞬で・・・

1443536603227.jpg

吹き飛びませんね(笑)

喜びと安堵がじんわりと。

ゴール後には、参加者に配られるキリタンポ鍋やおでん、そしてビールで乾杯!

1443536578323.jpg

調子にのってビール2杯飲んだら、少々気持ち悪くなってしまいました(笑)

今年も沢山の感動を頂きました。

改めて、大会関係者、ボランティアの皆さん、応援して頂いた皆さん、本当にありがとうございましたm(__)m

是非、来年も開催してほしいな~(現時点で、また参加するかを考えるまで、体と心は復活してませんが(笑))。

最後に、今年のラップタイム。

2008年2015年
距離㎞時間/10㎞分/㎞4:30発距離㎞時間/10㎞分/㎞4:30発
101:066分36秒5:36101:086分48秒5:38
201:046分24秒6:40201:066分36秒6:44
301:096分54秒7:49301:096分54秒7:53
401:218分6秒9:10401:218分6秒9:14
501:319分6秒10:41501:228分12秒10:36
601:137分18秒11:54601:208分00秒11:56
701:197分54秒13:13701:187分48秒13:14
801:187分48秒14:31801:228分12秒14:36
901:238分18秒15:54901:248分24秒16:00
1001:309分00秒17:241001:268分36秒17:26


今年は、各10㎞毎、間違いなくラップのボタンを押すことができました。
時間は、各地点を出発した時間になります。その間にあるエイドで休んだ時間も含まれます。
(例えば、19㎞でエイドがあって、そこで休んだ後、20kmを過ぎた時にラップを刻んでます)
また、ゴールした時は、少し時間がたってから気づいてボタンを押したので、ゴール到着時刻は正確ではありませんが、たぶん26分頃です。参考として載せておきます。
ちなみに、私はエイドで休んでもペースは上がりませんので、極力エイドの時間はかけないようにしました(たぶん1-2分?)。5㎞毎のエイドでプラス1分休めば、最終的には20分の遅れ。私にとって後半の20分はとてつもなく大きいですからね。

まあ、こんなギリギリの時間を目標に走っている人は少ないと思いますが。

でも2005年から10年たって、その時とほぼ同じタイムで走ったのですから、自分を褒めてもいいですよね。

スポンサーサイト

2015 北緯40°秋田内陸リゾートカップ 第25回100キロチャレンジマラソン ~秋田内陸縦貫鉄道~

ついにやってまいりました、秋田内陸リゾートカップ 100キロチャレンジマラソン

昨年は家族と車で大曲入りして前泊しましたが、今回は娘と妻に用事があるので、レース前日の9月27日まずは秋田内陸縦貫鉄道を利用して角館経由の大曲入りを計画しました。

DSCF6128.jpg

基本的に電車の旅が大好きなので嬉しい!

この内陸線、長男、次男が小さい時に、何度か乗りに来た思い出ある鉄道なんです。

この日は、2両編成の臨時便も出ていたようですが、通常は1両編成?
私が乗った急行も1両編成ののんびり列車です。

秋田美人の所掌さんが観光案内をしてくれますよ~。

DSCF6132.jpg

黄金色の田んぼに、阿仁川の見事な渓谷。

今は、田んぼアートなんかもやってます。
ん、でもあの絵は??

あ、これは秋田犬だな(笑)

DSCF6146.jpg

ビールなんかもプシュッ!とやってしまい、とてもいい気分

DSCF6151.jpg

来年も参加するなら、この経路できまりかな。

明日は、あの道を走るんだよな~、とぼんやり眺めていると、

DSCF6159.jpg

約2時間で角館到着

前日受付のために、さっそく会場に向かうと既に前夜祭の真っ最中

DSCF6161.jpg

雨がちらつく中、会場は熱気に包まれていました

DSCF6163.jpg

そして、前泊のために、大曲へ移動

さあ、明日は頑張るぞ~!

奥入瀬渓流 苔を求めて その2

前回の苔テーブルのすぐ上流にあるのは、苔橋

DSCF6088.jpg

と苔階段

DSCF6098.jpg

更に少し歩くと

DSCF6103.jpg

苔岩
DSCF6108.jpg

この苔岩には、エビゴケがびっしり

P9231946.jpg

触ると動物の毛みたいな感触

先端を確認するとエビの尻尾のように棘が2本あり名前の由来みたいです。

P9231951.jpg

苔の他にも

P9231974.jpg
こちらはツバメエダシャクの仲間でしょうか?

こちらのキノコ?も面白い!

P9231977.jpg

クワガタも発見
P9231980.jpg

短時間の散歩でしたが、楽しかったですね~。

十和田湖の夕日もお見事。

DSCF6125.jpg

帰りには、奥入瀬渓流館に立ち寄って、苔玉を購入

DSCF6178.jpg

名前は『ポッチ』だそうです(笑)

奥入瀬渓流 苔を求めて その1

23日、午後から時間ができたので、奥入瀬渓流に行ってきました。

実は、先日BS朝日で、本上まなみさんとアンガールズ田中さんの苔旅番組が入っていたんですよね。

奥入瀬渓流というと、綺麗だけど人が多くて・・・と、それ程積極的に行きたい!という場所ではなかったのですが、苔という少々マニアックな視点で歩くと、なかなか面白かったですね~。

大館から1時間半程で奥入瀬渓流に着くと、連休最終日の午後という事で、比較的人は少なく静かに散策できました。

で、目指した場所はTVで紹介された苔テーブル。

DSCF6053.jpg

正直、今までなら素通りしてたかも(笑)

DSCF6041.jpg

さくを伸ばしたハイゴケ?
P9231881.jpg

苔ガールも一生懸命観察してました
DSCF6049.jpg

しかし、残念なことに、一つのテーブルの苔が昨日?に心無い人に剥がされてしまったと・・・。

DSCF6046.jpg
その後、苔は戻されたようですが、ボコボコになっていました。

午後の傾きかけた日の光が、渓流に差し込んで、綺麗でしたよ。

DSCF6063.jpg

幹に映る影

DSCF6067.jpg

光に照らされた苔と葉の緑

DSCF6073.jpg

足元にはかわいいキノコ達

P9231872.jpg


幹の高い位置についている苔

DSCF6076.jpg

エゾヒラゴケでしょうか??
P9231921.jpg

こちらは葉の形が特徴的なネズミノオゴケ

P9231927.jpg

まさにねずみの尾みたいですね。

P9231929.jpg

ほんの10m位の間で、すでに沢山の苔を観察。

さすが苔の聖地

写真が多くなってきたので、その2へつづく

秋だな~

シルバーウィーク最終日

天候に恵まれた連休(初日の登山が中止になったのは残念)でしたが、中日の2日間は仕事関連で遠出はできず自宅付近でのんびりと。

空き時間のできた昨夜は、米代川に浸かりましたが、ノーバイトに主力ルアーをことごとくロストしてしまい、なんともストレスの残る釣行になっていましました。(そういえば、17日の夜にちょこっと出撃してワンバラシ)
なんとか冬までに米代シーバスをあと1匹はあげたいものです。

この記事を書きながら、窓の外をみるとトンボが多数飛んで輝いています。

秋ですね~。

昨日、車を走らせたら、黄金色の稲穂があまりにお見事で途中下車

DSCF6009.jpg

もう、稲刈りも始まってました。

DSCF5998.jpg

新米が楽しみ~!!

P9211778.jpg

ススキもいいですよね。

DSCF6002.jpg

理科研究発表会

シルバーウィーク初日

毎年恒例になっていた息子とその友達を連れての登山。
昨年は長男とその部活仲間登山の3部作最終で岩手山に登りましたが、今年は次男とその部活仲間を連れて、八甲田山に登る予定でした。

が、天候が怪しく、悩んだ末に中止。

装備に不安がある場合は、山での雨は辛いだけでなく危ないですから、仕方ないですね。
またのチャンスを伺いたいと思います。

21日は、長女の理科研究発表会でした。

1442848958505.jpg

家のまわりの苔を調べて発表してました。
とういう訳で、我が家に苔ブームが来ているのは、そういう訳でありました(笑)

ただ、先日BSで奥入瀬苔ツアーの模様が特集で放送されてました。
これから、苔ブームが来るかもしれませんよ!

会場には少し早く着いてしまったので、校庭の苔探し(笑)

DSCF5376.jpg

ゼニゴケの椰子林(雌株)

DSCF5378.jpg

こちらは雄株の椰子林かな

DSCF5385.jpg

そして、無事発表終了。
とりあえず一安心です。

しかし子供達の吸収力には驚きます。
いきなり苔の事を聞いても、通常の大人はへ~でそのまま終わってしまうと思うのですが、娘の友達は、学校で発表後にあちこちで苔を見つけては娘に教えてくれるそうです。すぐに興味を持って吸収するんでしょうね。

発表終了後は、体育案で『わくわく科学教室』

DSCF5395.jpg

とっても楽しんでました~。

DSCF5397.jpg

地元の高校生や秋田大学生がいろいろ企画に協力してくれていたようです。

DSCF5401.jpg

娘の将来は、苔ガールのリケジョかな(笑)

共生

苔に生えるキノコを見つけました

P9211765 (2)
(ミズゴケタケ?)

苔とキノコが共生しているのでしょうか。

人間同士もうまく共生できないものであろうか。

手をあげない強さ、武力に頼らない強さというものがあるのではないだろうか・・・。
それを貫くには真の強さ、覚悟が必要かもしれません。

力(武力)に力(武力)で対応すれば、均衡がとれるどころか、益々その力はエスカレートしていくのは目に見えている。

では、どうすればよいか。

もし、自分が他人から暴力を振るわれ脅されたら、どう対応するのか。
自分、家族が傷つけられたら、どう対応するのか。

手をあげずに耐えられるのか・・・。
その覚悟あるのか・・・。

自分の事、世界の事も、その程度の差はあれ、真理は一緒だと思うんですよね。

本当にその状況にならないと分からないのかもしれない。
でも、思考停止せず想像する事をやめない、そして、少なくとも耐えてその先にある光を見つけたい。

そう信じたい。

あまい考えなのかな・・・。

BLUE GIANT

週末は仕事関係でどこも行けず。

そんな時は、空いた時間にゆっくり音楽を聴きながら

1442146460557.jpg

『BLUE GIANT』 面白いです!

『岳』にもはまりましたが 作者 石塚 真一 いい漫画描くな~。
 
収穫が遅くなって黄色くなってしまった枝豆をつまみながら(笑)

1442146501795.jpg
(味が濃厚で美味しかったですよ~)

そんな週末でした。

大館神明社祭典 2015

9月10、11日は大館神明社祭でした。

各町内自慢の山車が、二日間市内をお囃子の音を響かせ練り歩きます。

祭りは土日祝日関係なく毎年同じ日程で行われます。学校も祭り期間は、任意登校で祭り優先。

私の仕事場にも外からお囃子が聞こえてきて、町全体お祭りムード一色といった感じです。

雨祭りと言われるようで、今年も雨がちらついた二日間。

初日のハイライト『田乃坂越え』を防水デジカメ持って娘と観てきました。

P9101723.jpg

山車が続々と集合して、田乃坂を威勢のよい掛け声とともに駆け上がっていきます。

P9101716.jpg

お囃子がいいですね~

P9101712.jpg

坂を駆け上がる山車

P9101719.jpg

娘も町内の子供神輿を引っ張っていたようですが、日中だったので見れず残念。

2日目のハイライトは『祭典祝い水』

こちらも残念ながら仕事で間に合わず見れませんでした。
かなり見ごたえがあるので、来年は是非みたいですね。

祝い水の後は、山車が集まって名残囃子。

1442066362409.jpg

いや~、盛り上がってました。

あの中に入れないのは正直、嫉妬を感じますね~。
羨ましい。

こうして大館の暑い2日間は終了。

なんとなく、その余韻が残る大館の今日でした。

機種変更

2年間使用したiphone5s 電池寿命が短く1日持たなくなってしまいました。
また、防水ケースLIFELOOF。防水性、耐久性は申し分なかったのですが、タッチ面が水に濡れると反応がとても鈍くなり、カヤックなどの濡れる場面ではかなり不安を感じてました。

という訳で、機種変更しました。

1441812014988.jpg

MNPでドコモからauに変えて、京セラのTRUQUE G02。(なのでアドレス変わりました)
耐衝撃・防水に話題の耐海水。
いろいろ楽しみです。

早速、9日の夕焼けをパチリ

KIMG0043.jpg

ちょっと怖いくらいの、見事な空だったな~。
カウンター1
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
プロフィール

giabendon

Author:giabendon
平成26年4月、ココログ多趣味悠々から引っ越してきました。(旧ブログはリンクからどうぞ)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック