見えない力 ~北緯40°秋田内陸リゾートカップ 第24回100キロチャレンジマラソン 当日~

北緯40度秋田内陸リゾートカップ 第24回秋田100キロチャレンジマラソン 当日です。

AM2時起床で、着替え、足にテーピングを施し、AM3時15分大曲発。

かみさんに角館まで送迎してもらい、AM3時45分頃スタート地点入りです。
当日の出走登録を済ませ、50キロ、ゴール地点へ送る荷物も預け、準備万端。

いよいよ、スタートです。
__ 1
9年振りのこの緊張感と高揚。
皆、歓声をあげてAM4時30分スタートです。

最初の20kmまでは、約6分30秒/kmペース(エイドステーションの休憩時間含む)。
ほぼ、計画通りです。

しかし計画通りいかなかったのは、予想以上に早く右足首、左膝の痛みが出現しはじめた事。

それでも、振り返って写真を撮る元気はまだあり。
__ 2
むしろ痛みを感じながら20~30kmはやや飛ばし気味か。

案の定30km過ぎから苦しみとの戦いが始まりました。予想以上に早い(泣)
でも、ウルトラマラソンの本で読んだ『皆、なにかしらの故障を抱えて走っているんだ!』を思い出して走り続けます。

この時点での心のよりどころは、歩くと決めていた大覚野峠越え。
あの麓まで行けば歩ける!
そして、その麓にある37km地点のエイドステーションの名物ナメコ汁!
あのナメコ汁、旨かったよな~。
その一心で走り続けました。

なんとか37kmのエイドに到着。
__ 3 2
やっぱり美味しかった~(涙)。

でもゆっくりしている時間は私にはありません。
設置してあるサロンパススプレーを足にかけ、痛み止めと痙攣予防の漢方薬を内服して歩きはじめました。

歩くと決めていた大覚野峠ですが、早歩きは心がけました。

そしてなんとか峠越成功。
峠では巫女さんの格好をした人達に応援をしてもらいました!
__ 5 1
(写真は峠でなく、その先で再び先回りして応援してくれた巫女さん達とルイジ?)

下りは軽快に下る予定でした。と言うのは、9年前はここで結構時間を稼げた覚えがあったからです。

でも、同じように飛ばしていたら、なんと大腿後部の筋肉が攣ってしまいました。
これはやばい!
ここで攣り続ければリタイア?
先週の岩手山登山の後遺症が残っているのだろうか?
脱水傾向で電解質がくるっているのだろうか?

とにかくペースを落として、なんとか50kmの阿仁比立内へ到着
__ 4 1
ここでのタイムは予想タイムの10分前(出発予想時刻は10時40分)

10分の貯金。
心は良し、まだチャンスはある!

でも、体は違いました。
50kmから走り始めると、大覚野峠で不安に思った足の疲労が予想以上で全然足があがらず、ペースがあがりません。

50kmを過ぎれば後は気力で走り続ければなんとかなる!
という過去の淡い記憶の期待は見事に打ちのめされ、とにかく進まない。

じりじりと照りつける太陽。

10km進む毎に貯金がなくなっていきます。

ここからは、何度制限時間内のゴールを諦めた事か・・・。

あの電子柱まで走ったら歩こう。
あの登り坂まで走ったら歩こう。

これまたウルトラマラソン本で読んだ『リタイアした時の自分を想像する』。想像して、まだまだ!と。

たしか75~80km地点で貯金ゼロ(疲れきっていたので、時計のラップを押し間違え、正確なラップタイムの記録がありません)。

80kmの時点で、自分の中では時間内完走の可能性は数%。
正直諦めました。
でも、どうせ諦めるなら悔いがないように。
この秋田100kmレースで苛酷と言われている、あの80-90kmの永遠と続く田園地点の直線を歩かずに走り通そう!

自分でも驚きましたこの区間、9分/km以上の超スローペースですが、歩かずに走り通せたのです!

それで89kmのエイドに約10分遅れで到着。
時間内完走は無理でも100kmは走りきろう!

90km地点で残り80分。
すると、となりのランナーが『後10kmで1時間20分ですか』と。
8分/km、今の体では厳しい。
でも自分から出てきた言葉『私の計算では1分足りません(このネガティブ発言が相手にどういう影響を与えたのか?悔やまれます・・・)、8/kmで走るの厳しいですよね。でも走るしかないんですよね。』
そしてその方が走りは始めたので、私もそれにつられて走り始めると、GPS時計の時速が7分/km台を表示。

え、もしかして8分/kmでいける?!

ここからは本当に無我夢中。

ゴール1km手前、各場所でコーラを振るまい、カーステからの音楽で盛り上げてくれていた方が再び。カーステから大音量で聞こえる長渕剛の『乾杯』が心に響きます。
でも、前回も同様でしたが、ゴール前で泣く体力なんて残ってません。

そして、制限時間2分前にゴール
DSCF2771 1
かみさんと娘が迎えてくれました。

嬉しい秋田杉の完走賞を受け取り記念撮影。
DSCF2780_20140930182314bfc.jpg

30km地点過ぎから何度、制限時間内ゴールを諦めた事か・・・。

何故、あの時点で立ち止まらなかったのか?
走り続けられたのか?
今、思い出しても不思議な感覚なんです。

走ると決めた自分への意地?
走り続ければ、一歩一歩、歩き続ければいつかは頂上に辿りつくと信じる心を養ってくれた登山の心?

家族をがっかりさせない!喜んでほしい!(娘はなかなかゴール地点に私が現れないので、だんだん元気がなくなっていたとか。1回目にリタイアした時、長男のがっかり振りにかみさんが涙したとか)
ネットで応援してくれている仲間。
そして、大会関係者、ボランティア、沿道で声援を送ってくれている人々の力?

うぬぼれている訳ではありません。周りの方々の私への声援は人それぞれで、ただ単に目の前を通り過ぎる1ランナーに過ぎないかもしれません
でも、私にとってはそれが大きな力になっていたのは間違いないと思います。

そんな見えない力が私の背中を後押して、走り続ける事が出来たのかもしれません。
感謝感謝なんです(涙)。

そして後夜祭
DSCF2786_20140930182324761.jpg

大会関係者、ボランティアの皆さん、本当にありがとうございました。

PS ウルトラマラソンの魅力、それは人それぞれの感動(心の動き)が違う事かもしれませんね。私のように苦労しての感動(マゾ?笑)。日頃から充実したトレーニングを積んで、楽しく人々と交流しながら走りきる喜びを感じる人。タイムアップして喜ぶ人。リタイア、制限時間内に入れなかった悔しい気持ちなどなど。

スポンサーサイト

2014北緯40°秋田内陸リゾートカップ 第24回100キロチャレンジマラソン 前夜祭

何故、あそこで立ち止まらなかったのか? 
走り続ける事ができたのか?

9月27日 第24日秋田100キロチャレンジマラソンの前日受付と前夜祭のため角館入りしてきました。

大館から下見を兼ねて(何度も通っている道ですが)、鷹ノ巣から角館へ。

途中の田んぼは、黄金色に輝いていて、明日この道を走るのかと思うと、否応なしに気持ちが高ぶります。
DSCF2754.jpg
会場に着くと、熱気ムンムン。
ではなく、なんか皆和やかなんですよね。
ウルトラマラソン独特の雰囲気なのかもしれません。

明日、このゲートを通ってAM4時半スタートです。
DSCF2761.jpg
16時からは競技説明と前夜祭。
DSCF2766.jpg
私は、家族と大曲で一泊する予定だったので、前夜祭には参加せず。

大曲から角館まで約30分。
この日は、新規オープンしていた『和民』で軽く一杯やって就寝となりました。

そして、当日。

すいません、気持ちを整理して後日続きを書きますm(__)m。


雷魚ちゃん観察会

昨夜は、ちょこっと米代川へ。

落ち鮎がぼちぼち始まったかな~。

今だ攻略できない秋のリバーシーバスですが、久しぶりのリバーは気持ちいい。

で、浅瀬ボシュボシュやっていたのは、ズーナマ君雷魚ちゃん。

帰り際に足元をみると、でっかい小魚(たぶんハヤ)を加えて動かないズーナマ君雷魚ちゃんが一匹。
あまりに大きな魚を飲みこんで動けないみたい(笑)
P9252397.jpg
ゆっくり撮影会して終了となりました。

それでも、対岸でかなりでっかい捕食音。たぶんあれはシーバスだと思うんだけどな~。
マラソン後、動ける体に復活したら(笑)、また通ってみたいと思います。

秋田100キロまで後4日

いよいよ、第24回秋田100キロチャレンジマラソンまで後4日となりました~。

なんちゃってランナーが無謀にも100キロにエントリー。

7月走行距離 114km
8月走行距離 143km
(+水泳 1km×5回(笑))

100キロ走る人には、あまりに頼りない数字(汗)
後は、普段から多趣味で動き回っている体力にかけましょう(笑)

作戦は、2005年の制限時間ギリギリで走った時のタイムを目標に走りきる事。
この目標タイムを手に書きこんで走る予定。


距離㎞時間/10㎞分/㎞4:30発
5
101:066分36秒5:36
15
201:046分24秒6:40
25
301:096分54秒7:49
35
401:218分6秒9:10
45
501:319分6秒10:41
55
601:137分18秒11:54
65
701:197分54秒13:13
75
801:187分48秒14:31
85
901:238分18秒15:54
95
1001:309分00秒17:24



このペースでいけば、制限時間13時間以内の12時間54分で到着予定です(笑)

2005年の時は、朝方小雨降るかなり涼しい天気、そして午後からは晴れて爽やかな天気。
そのお陰か前半の緩やかな登りを、私にしてはいいペースで走れているので、今回も同じペースで行けるか?
今回は完全な晴れマークで最高気温25度。この天気がどう影響するかな~?

まあ、とりあえず9年振りの参加、そして2回目の完走目指して楽しんで(本当かい!?)走ってきま~す。




懐かしの遊園地

岩手山下山後は、岩手山焼走り国際交流村のキャビン村で宿泊です。
中3の子供達は、子供達のみで一棟貸し切り。楽しくない訳はないですよね(笑)

私は温泉とビールであっという間に眠りの世界へ。

翌朝、朝日が射しこむ歩道を歩いてバードウォッチング。
DSCF2610.jpg
聞き慣れない声が聞こえるも、葉が生い茂って姿はほとんど確認できず。
でも、気持ちよかったな~。

で、チェックアウトした後、中3の子供達を盛岡のイオンモールへ送り、私とかみさんは、長女、次男とその友達を連れて岩手パークランドへ。

昭和の香りがするなんだが懐かしい遊園地でした(笑)
DSCF2623.jpg
意外と乗り物の種類も多く
DSCF2625.jpg
子供達、結構楽しんでました。
長女も、一人で初めて乗り物体験(笑)。
DSCF2641.jpg
私も一緒に乗りましたが、結構恐かった(笑)
DSCF2652.jpg
恐いと言えば、次男達はこちらの『アポロ』が一番面白かったとか。
DSCF2717.jpg
そして、定番の観覧車
DSCF2655.jpg
と、メリーゴーランド
DSCF2707.jpg
こちらも、遊園地にはかかせませんよね。
DSCF2683.jpg
で、とにかく待ち時間がほとんどないのが嬉しい。
DSCF2668.jpg
それでも、午後からは結構な人出。
小さい子を連れてくるには丁度いいかもしれませんね~。

2日間、十分遊んだ子供達を乗せて、忘れ物した国際交流村に立ち寄って、
DSCF2732.jpg
帰宅となりました。

3部作登山 ファイナル 岩手山

やりたい事は沢山。
釣りに行きたいし、山にも行きたい、来週の100キロマラソンの練習もしなければ・・・。

どれも同じ位の気持ちですが、子供達からここ2年連続していた秋山登山のリクエスト(一昨年は岩木山、昨年は八甲田山)。
中3の長男はこのメンバーでどこかに出かけるのはこれで最後かも・・・。今は何を第一優先にして行動するべきか。
やっぱり秋山登山ですよね。

長男からは『鳥海山』に登りたい!という声がありましたが、流石に鳥海山はアプローチが長いので無理。

より高い山に登りたい!という気持ちがあるようなので、岩手山なら?と計画してみました。と言っても、2000m級の山ですから、それなりの体力と装備が必要です。
体力はなんとかなりそうですが、装備が?です。天気予報も検索してみると、幸い晴れマーク。天候悪化時は絶対無理しない決意で岩手山秋登山決行です。

朝の4時集合して、岩手山の麓の馬返しキャンプ場に向かって出発です。

大館から約2時間かかって馬返し登山口到着。
計画通り、AM6時30分過ぎに出発です。
DSCF2463.jpg
まずは登山口の水場で身を清めて、登山届を提出。
DSCF2467.jpg
そして、登り始めると1合目付近から、足元にはいきなりの雲海!
DSCF2490_20140921220324e96.jpg
これには、私も『お~』と声をだしてしましました。

2合目付近からは、青空をバックに急傾斜のガレ場を登ります。
DSCF2494_20140921220337269.jpg
ここでは、皆けっこう息をきらしていました(笑)。
DSCF2514.jpg
でも、景色は最高。
DSCF2503.jpg
ヒーヒーしながら、なんとかガレ場を通過して鉾立に辿り着けば、八合目小屋はすぐそこ。
DSCF2530_20140921220733a9b.jpg
八合目避難小屋はとても立派で、トイレもめちゃくちゃ綺麗。水場もバッチリでした。
DSCF2537.jpg
ここで軽く休んで、いよいよ山頂アタック!
DSCF2544.jpg
そういえば、ここで見慣れない鳥さん発見。
ホシガラスさんでした~。

そして、最後の急登をクリアーすると、山頂は目の前。
子供達は、走るようにお鉢周りの登山道を進んで行きました~。
DSCF2561.jpg
無事、山頂(薬師岳)到着~!
DSCF2567.jpg
登り約4時間の行程でした。
2038m、流石に結構寒かったですね~。なので長居せずに下山。

で、お鉢巡りしながら下山し始めると、こりゃ絶景かな~。
DSCF2585_20140921221043a93.jpg
眼下には、溶岩流の焼走りと本日泊る予定の焼走国際交流村。
DSCF2586.jpg

途中ガスがかかる場面もありましたが、ラッキーな事に、このタイミングで見事晴れてくれました!

このお鉢巡り、さすが山岳信仰の山、岩手山。お地蔵さんがぐるっと取り囲んでいました。
DSCF2589.jpg
その後、八合目避難小屋(カップラーンが売っていて、思わず買って食べてしまいした。旨かった~)でゆっくり休憩して下山。八合目から約2時間で下山となりました。
DSCF2596_201409212211015bf.jpg
皆さん怪我なく無事下山。ほんとに良かった~。
DSCF2603.jpg
結構ハードだったようで、翌日、ほとんどの人が太ももが筋肉痛で、階段に苦労してました。
そんな中、私は軽い筋肉痛のみ!
お、俺もまだ若いか!!
いや、3日後に痛みがくるかな(笑)

平原綾香コンサート

15日、カヤックからの~、平原綾香コンサート(笑)

妻と次男が好きで、私も一緒に同行です。
コンサート
これが、予想以上によかったです。
歌に真摯に取り組む姿、情熱、魂が伝わってきました。

とっても綺麗でしたし(*^^*)ポッ。

カヤックフィッシング 漕釣31回目 ~ニモフィッシャーマン 進水式~ 

もしかしたら今年一番のハードな1週間だったかも~。

と言っても空いた1日、フルで楽しんでます。

15日、ブツを受け取りAM11時過ぎに青森市入り。

ブツとはこちら。
DSCF2438.jpg
ニモフィッシャーマン!
こちら軽自動車に車載できる全長で、約20kgと一人で気楽に運べる重量。しかも、今まで仲間の浮いているのをみて、安定性は抜群。
しかし、販売終了。しかも上記のようにすぐれものなので中古がめったに出回りません。
我が家では、次男のサッカー送迎の関係で普通自動車の使用率がかなり高い状況となり、残る軽自動車でのカヤック出撃のハードルがかなり高くなっていました。

そんな時、前回男鹿釣行時に、リンクして頂いているメバマニさんが、新艇のためにニモフィッシャーマンを手放すと!
即、バイトしてしまいました(汗) 
メバマニさん、ありがとうございます!

そんな訳で、15日気密テストを合格し、傷をリペアして頂いたニモフィッシャーマンを受け取り、そのまま進水式となった訳であります。
DSCF2445.jpg
無事進水式をすませ、12時~15時頃までの短時間釣行。

とにかく、浮けるだけ幸せです。
と言っても今季、味、サイズともに好調が伝えられている大サバが釣りたい!という欲はあり、真剣に釣りしました。

で、釣れたのはこちら(大サバはゲットならず)。
P9152367.jpg
前回の釣行に続いて、またまたシーライドミニで、食べ頃の鯛を一匹。
ただ、こちらは他の竿をいじっている時に、起竿が突如海に引き込まれそうになり、慌てて巻いたら掛っていたという、運だけで釣った鯛(笑)。
まあ、進水式と言う事で、お祝い鯛ですかね。
P9152371.jpg
めで鯛!

そんな感じのニモフィッシャーマン進水式でした~。

からの~・・・つづく。


次男の絵シリーズ 2014展覧会

先週の事ですが、毎年恒例の次男が行っている絵画教室の展覧会が催されていました~。

DSCF2269.jpg
次男は3点程出品(油絵2点、パステル点)。

DSCF2274.jpg
『深海』

DSCF2280 1
『桜と猫』

DSCF2281 1
『もう少し寝かせて』

相変わらず個性的です(笑)


アゲハの幼虫

1週間程前、知人の庭から我が家にやってきたアゲハの幼虫3匹。

サンショウの枝をきって与えてましたが、枝を水に刺しても葉がすぐにカラカラになってしまうので、急遽仕入れる事ができたサンショウの鉢植えに移して、玄関に設置。

一匹は残念ながら最終脱皮(蛹になる場面)で失敗。

もう2匹は元気に葉を食べて玄関の下駄箱の上にウンチを撒き散らしています(笑)

で、今朝。妻が一匹みつからない~と騒いでいるので、下駄箱をずらして裏を覗きこむと

ん、下駄箱の裏に何か突起物が(笑)
DSCF2433.jpg
いました、いました。
しかし、動きません。

しばらくすると、何やら糸らしき物を出したり、仰け反ったり。
これは蛹になる準備中? 触らずに観察していると、このポーズに固定。
DSCF2431.jpg
最近めっきり冷え込んできたけど、このまま無事羽化できるかな~?

と言う訳で、しばらく我が家の玄関は下駄箱をずらしたままとなっています(笑)

こちらは、3齢虫?
DSCN1678.jpg
あなたも元気に育ってね~。

カウンター1
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
プロフィール

giabendon

Author:giabendon
平成26年4月、ココログ多趣味悠々から引っ越してきました。(旧ブログはリンクからどうぞ)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック