極太

昨夜、時間をもらって米代中下流~河口へ出撃。

ナイトエギングと迷ったのですが、やっぱりシーバスを釣りたい!

米代に落ち鮎パターンはないのか??

18時~24時結局シーバスゲットならず。ボイルなどの気配も感じられず・・・。タイミングの問題なのか、シーバス自体がいないのか・・・。まだまだ迷走は続きそうです。

さて、ちょっとしたドラマが(笑)

河口付近の岸壁でkoume 80 のピックアップ直前にガツンと根掛りのようなあたり。

手前のヒットでは合わせ切れで痛い目にあっているので、すかさずドラグを緩めラインを出しながらハンドドラグでラインテンションを調節。

その後は今までに経験したことのないトルクフルな引き。koume80 のフックはST46 8番、ラインはナイロンのナノダックス 6lb、強引に勝負すればフックが伸びたりラインが切れるので、かなり慎重にやりとり。

この強烈な引きはおそらくスレ掛り、しかもエラアライもなく下に下に突っ込む引きは、コイ??と予想。

そして約30分(笑)の格闘の上浮上してきたのは

P9230432

見事に尾びれに掛った巨大コイ。

せっかくなのでネットを使ってランディング(ネット臭くなりました~)

P9230437

90アップの極太ランカーのコイでした(爆)

8番フックも伸びることなく回収・・・。

P9230440

ある意味、自信になるやり取りでした(笑)。

しかし・・・・、シーバス釣りたいよ~。(でも今週末は遠出できず・・・、天気予報はいいのにな~泣)

タックル ヒットルアー:koume 80 ロッド:UFM SPS962SS-ti  リール:10セルテート2500R ライン: ナノダックス6lb(先端ビミニでダブル) 

スポンサーサイト

仲秋~の名月~

『仲秋~の名月~』ってTVの宣伝ありましたよね(笑)

(⇒その後なんの疑いもなく妻に歌ってみせたら、それって・・・・

『人形~の久月~』でしょう!と突っ込まれました(≧∇≦)、月しかあってませんね(爆))

家に帰るとお団子が飾ってありました。

Imgp4481

窓から外を覗くと満月

Imgp4503

そして食後に妻と子供がつくった『不揃いの団子達』(笑)

Imgp4506

味は美味しく揃っていましたよ。

隣には私の大好物『嶽キミ』

Imgp4476

毎年のことながら食欲の秋、体重増加に要注意です(笑)

PS 先日の3連休の中日、長男が所属するブラスバンドのマーチング大会、なんとか予選通過で東北大会へ。今年はいろいろ大変だったようですがよく頑張りました。

満足ということで(笑)

土日とも遠出できないので、昨夜~今朝にちょっと無理して出撃。

前回同様シーバス、アオリ欲張り釣行です(笑)

AM0時~AM2時米代河口付近でシーバス狙うも撃沈。

八森方面に移動して仮眠。

薄暗くなるAM5時起床、地磯でAM6時半までエギを投げて、最大胴長15cmで5杯の釣果でした。

P9180418

薄暗いうちは、ライン変化のあたりをとれないからか?、アオリの活性の問題なのか?なかなか釣れず、これは前回同様撃沈か?と焦りました。幸い明るくなってからの最後の30分で連続ヒットで救われました。

AM8時半には大館に着いていなければならないのでアオリ狙いは1時間半で終了。

今回は5匹、前回が一匹ですから5倍、まずは満足としましょう(笑)

帰宅後、刺身、フライで食べました。やっぱり美味しいな~。でも食べざかりの息子二人にかかればあっという間に消失・・・。次回はもう少し数を伸ばさなければ私も思う存分食べれません(笑)

PS 帰り際に足元を見ると、ブルーの綺麗な海月。加茂水族館にもいたスナイロクラゲかな。次男に見せたかったな~。

P9180429 

とりあえず

土曜の夕方から時間ができたので出撃。

頭の中では『雨の漁港でアオリを数杯さくっとゲット、さっさとシーバスに変更して・・・』と妄想。

2時間チョイかけて男鹿の某漁港に到着。あたり真っ暗、雨もザーザー、予想通り誰もいません(笑)

防波堤なのに雨対策でウェーダー履いて、カッパ着て出撃。

しかし・・・・、好調なハズのアオリがなかなか反応してくれず、なんとか一杯ゲットも大幅に時間ロス。

その後アオリは諦めシーバス狙いに変更。

漁港の電灯周りにベイトが多数、シーバスらしき捕食音、逃げまどうベイト。

しかし私のルアーには反応してくれずやはり時間ばかりが過ぎ、場所移動するも結局ノーバイトでAM2時終了しAM4時自宅着。

ん~、なかなか思い通りに行きませんね。ま、私の場合は10回行って1回いい思いできれば上出来なのでこんなもんでしょう(笑)

とりあえず今季初アオリ、やっぱり美味しいな~。

Imgp4458

ちなみに大きさは胴長13cmとこの時期としてはまずまずの型でした。

さて、次回も欲張ってアオリ、シーバスの2本立てでがんばるぞ!(笑)

PS 写真が寂しいので本日夕食のマーボードーフでも。

Imgp4466

自称『周富徳直伝マーボドーフ』 です(笑)

アリ乾杯!

良かった~、BEGINコンサートin大館。

7時から9時半の2時間半!、『オジー自慢のオリオンビール、アリ乾杯!』と盛り上がってきました(笑)

BEGINの人柄、沖縄の土地柄がにじみ出た暖かいほんとにいいコンサートでした。

1歳五ヶ月の長女も最初は一緒になって拍手、しんみりと聞きたい『三線の花』ではグッスリお眠り、最後は眼を覚ましたので妻が手をとって一緒にカチャーシーと、ばっちりでした(笑)

お土産にはタオル、キーホルダー、発売前日のCD『オモトタケオ3』

Imgp4447

今回のライブでこの中から数曲演奏しましたが、いい曲ばかりです。

特に『パーマ屋ゆんた』いいです!

そういえば、BEGINとの出会いはイカ天。懐かしくなってyoutubeで調べたら、イカ天初登場のシーン(恋しくて)がありましたね~。今年デビュー20周年ですから、イカ天は20年前なんですね。年をとるわけです(笑)

また大館に来て下さい!

さて、今日、明日は大館神明社大祭。

Imgp4434

本日の『田乃坂越え』では、東北のゆく夏の終わりのように山車が勢いよく通り過ぎて行きました。

Imgp4441

明日の『祭典祝い水』 が終われば、大館も収穫の秋、そして一気に冬に突入と言ったところでしょうか。そして私は修行の冬サクラシーズン突入です(笑)

むふふ

明日は、むふふ・・・。

Imgp4427

ビギンのコンサートを家族で楽しんできます。1歳5ヶ月の長女がちょっと心配ですが(笑)

クラゲツアー

妖怪マニア兼クラゲマニアである次男のたっての願いで、山形にある『加茂水族館』に行ってきました。

珍しく土曜日午後から日曜日まで部活もサッカーもない事が分かり急遽出発決定。

午前中の長男・次男の部活、サッカーの練習後、昼過ぎに出発。

約3時間半で象潟の宿に到着。

日本海に沈む夕日を眺め、

Imgp4281

岩ガキを食べ(笑)

Imgp4310

温泉に入って就寝(贅沢!)。

翌朝、鳥海山を眺めながら出発。象潟の町は瓦屋根が目立ち素敵な町ですね。

Imgp4320

そして約1時間ちょいでクラゲ展示で有名な『加茂水族館』へ到着。

Imgp4421

この小さな小さな水族館の閉館の危機を救ったクラゲ達、今では30種類以上展示されています。これは世界一のクラゲ展示数だそうです。

その数に圧倒されるミズクラゲ水槽。(この先ちょっとマニアックな写真ですいません笑)

Imgp4353

優雅で美しいアカクラゲ

Imgp4368

このアカクラゲ、隣にあるミズクラゲが餌になるとのこと。実際にクラゲの餌付けタイムで、ミズクラゲが与えられていました。つまり、となりのミズクラゲ水槽は展示兼餌のストック水槽になっているのだそうです。

クラゲの餌付けタイムでは、クラゲに触れるサービスもあります。

Imgp4378

怪しげなユウレイクラゲ

Imgp4365

ちょっとアカクラゲに似たヤナギクラゲ

Imgp4359

ユウレイもヤナギもアカクラゲ同様にミズクラゲを餌にしているそうです。

虹のような光をキラキラ反射させるウリクラゲ

Imgp4389

まさに花笠をかぶったハナガサクラゲ

Imgp4392 

そしてあのノーベル化学賞を受賞した下山脩さんの研究対象であったオワンクラゲ

Imgp4406

下村脩氏はこれを約1万匹も採集し、発光メカニズムを解明したとか。

ガラス細工のように美しいクラゲでした。

その他、いろんなクラゲがいて大人の私もとても楽しい時間を過ごせました。特に餌付けタイムの説明は知らなかった事が多くてびっくり。是非お勧めです。

クラゲの他には、アシカ・アザラシショー、かなり小さな規模ですがほのぼのしていてこれがまたイイ。

Imgp4339

そしてお腹がすいたらクラゲ定食とクラゲアイス。

Imgp4413

お味は?、ん~話のタネに一度食べればいいかな(笑)。

ちなみにすべてエチゼンクラゲだそうです。

そんなこんなで、我が家のクラゲツアーは終了となりました。

これでしばらく次男のクラゲ熱も冷めないでしょう(笑)。

またしても

懲りずに昨夜もちょこっと米代へ出撃。

増水後からの減水、日中は晴れて急激な水温低下もない?、そろそろ増水で鮎も下り(落ち)はじめる?、条件はばっちりでは・・・・。

しかし、中流~河口をランガンするも気配なし。一ヶ所目なんか、かなりのベイト(鮎)で、河原を歩くと、びっくりした小鮎がピチピチと岸辺に飛び出していました。

そして、またしてもK2F122が連れてきてくれたのは

P9010412

髭様(泣)。

シーバス君はいずこ行ってしまったのだろう。

それとも、私の腕の問題か?(笑)

カウンター1
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
プロフィール

giabendon

Author:giabendon
平成26年4月、ココログ多趣味悠々から引っ越してきました。(旧ブログはリンクからどうぞ)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック