圧巻

一昨年http://tasyumiyuyu.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_9501.htmlに続いて、2度目の大曲花火大会(第83回)を観てきました。

前回は大館からバスツアーで参加。しかし、帰りの電車⇒バスの混雑は想像以上でした。

幸い今回20日から夏休みをもらったので、今回はのんびりとキャンプをしながらの参加することとしました。。

21日早朝、部活のため後から参加する長男と妻、5か月の長女をおいて、次男と二人で出発。大会前日21日AM9:00に開場する河川敷テント場(13番)に向かいました。

AM8時前にはテント場へ着きましたが、誰もいません・・・。あれ、たしか大曲商工会議所に問い合わせた時、昨年はAM9時に満車となったと聞いたはずでしたが。

結局AM9時に10台前後集まってきただけで、余裕で開場入り笑。

しばらく大雨が降っていたので、車の中で待機。その後雨もやみテントを立てて一休みです。

Imgp1742

時間はたっぷりあるので、次男と駅周辺まで散策。できればお風呂に入りたいと探して歩くも、昔あった銭湯はどこももう無くなってしまったとのこ事。諦めて帰ろうとタクシーに乗ったところ、近くに健康ランドがある聞き、そこに直行。気持ちよく汗を流し、そこで夕食、生ビールを飲んで気分よくテント場へ。ここでもビールを飲んで就寝。

前日夕方はこんな感じだった駐車場は、

Imgp1743

朝起きると、こうなっていました。

Imgp1751

どうやら、私が聞いた9時は当日朝9時だったようです笑 実際この日も9時頃には満車になっていたようです。

この日も花火大会開始の5時まで時間があるので、昼間っからビールを飲んで、ほろ酔い気分でのんびりと散策。(かなり出来上がっている人も多数笑)

近くには釣り公園がありヘラブナ釣りを楽しんでいる人がいました。

Imgp1753

来年は釣り竿持参で参加かな笑

妻、長男、長女も合流して、4時前に開場に向けて出発。

この時、一眼デジの電池切れが発覚。更にコンパクトデジカメも故障してシャッター開かない(海の水中撮影以来調子が悪かったのです)・・・。予告通り、花火の写真はとらないでじっくり楽しむことに決定笑

開場に着くと、人、人、人。

Pa0_0014

(携帯カメラです)

一昨年も天気に恵まれましたが、今回も最高の天気!

5時から昼花火が開始。

青空と真っ白な雲をキャンバスに、まるで絵の具を垂らしたように広がる昼花火。

一見の価値ありです。

そして夜花火の部へ。

今回2度目の鑑賞ですが、やっぱり素晴らしい。(なんか、こんな陳腐な言葉で書くのが申し訳ありません)

これを見ちゃうと他の花火は・・・笑。

そして大会提供花火。

今回、桟敷席Aで観たので、真上に迫ってくる花火はまさに圧巻。

終始口を開けっぱなしで、上を見上げて感動してました。

当然、子供達も大喜び。5ヶ月の長女は音にびっくりしてましたが、泣くこともなく、花火をちらちら観てました笑

一応、携帯でとった花火を一枚。

Pa0_0001

大会終了後は、駅とは反対方向なので比較的スムーズにテント場へ到着。

テント場へ帰って軽く一杯追加して就寝。

本日も天気よく、テント、シュラフを干してから、ゆっくり帰宅となりました。(もちろん渋滞は皆無です)

今回は、2回目だったので、前回の反省を活かして比較的余裕をもって行動することができました。

ただ、やっぱり天気に恵まれたというのが一番大きかったのかな。

PS ちょっと用事があって2週間ほどブログ休みます。ではでは。

スポンサーサイト

鮎竿おさめ

本日、明日と夏休み後半戦を頂きました。

シーバスから帰ってきたばかりですが、3時間程仮眠をとって鮎釣りへ笑(その間、家のお手伝いも少々)

結果、22m1匹、21cm1匹、19cm1匹の3匹のみ・・・。

P8201302

おまけでヤマメ2匹笑

P8201303

今年は鮎が少ないけどヤマメは濃いかも。

ま、雨続きの今シーズンの中でとにかく竿を出せただけでも満足かな。

型もまずまずだったし。

しばらく用事があり釣りに行けないので、これで今シーズンの鮎は終了です。

結局4回しか行けませんでした。

7月があの天気だったので、すっかり出鼻をくじかれ、戦意喪失でした。

しかし来年は、がんばりますよー!

PS これから大曲花火に出発しまーす。帰ってきたらご報告します。ただ、今年はじっくり花火を見たいと思います。写真はあまりとらない予定ですのであしからず笑

ご期待に答えて笑

すっかり暗くなって現場着。

ボイルなし・・・。

大潮といっても前回の満月とは違って新月で真っ暗。時折霧も深くなって、立ち位置も分からなくなる笑。

とっても静か・・・。

それでも、めげずにルアーを投げていると、コンタクトノード130F(鮎カラー?)にヒット!!

すぐさまエラ洗い、お!いいサイズ!!

そして最初の突っ込みで竿がのされ、やばいと思った瞬間、フッと軽くなり・・・。

えー、ラインブレイク_| ̄|○ ドラク調整してませんでした・・・。

時計をみると、22時56分・・・更に_ノフ○ グッタリ

気をとりなおして、キャスト開始。その一投目に来たのは、

P8191296

あれ、現場ではニゴイと思ったんだけど、これってシーバス??

そして1時間後に、

P8201298

正真正銘のニゴイ君。

その後もボイルはほとんどなし。あたりもなく終了。

しかし、予想したボイルは皆無、23時にランカーゲットする予定なんて書いたら、22時56分に良型バラシ。しかも前回コメントでファイト中のライントラブルありませんよなんて矢先のラインブレイク。そしてダメ押しのニゴイゲット。見事なまでに打ちのめされました。ある意味凄いかも( ̄○ ̄;)!

やっぱり釣りの神様っているのかな・・・笑

追伸:ラインブレイクの原因ですが、蚊取り線香(パワー森林香)をぶら下げながら釣りしていたので、もしかしたらそこにラインがあたって弱ってたのかも?(熱くなってるので)
ルアー交換の時にラインがあたりそうで時々気になっていたのですが・・。

予測

8月6日、シーバスのボイルはかなり頻回でした。

一般的に、増水から減水に転じた時がチャンス!といわれていますが、この時は比較的水位は落ち着いた時でした。

2

ではなぜ活性が高かったのか?(ボイル=活性が高いとすれば)

水温は上昇傾向で18時の水温で20度を超えています。濁りは、数日前から10以下です。

でもこのような条件は、他の日であったはず。あとの違いは??

自分の日記を読んでいると、満月の夜に・・・と書かれている。ん、大潮?

リバーシーバス、しかも海から20km以上離れた上流で潮は関係あるのか?

こんな条件が今週中に再現されそう。

Photo

潮は大潮、水位は低下して安定、水温はやや上昇過ぎ?(これを言い訳用にコメントしておきます)、濁りは低下したまま。

という訳で、本日19日、これから夜短時間ですが検証してこようと思います。

これでボイル頻発なら潮も関係ある?

ちなみに、前回のヒットタイムは干潮21:52から満潮に向かう24時過ぎです。

今回の干潮が20:54ですから、23時過ぎにランカーをあげる予定です笑。

後からこれを書いても仕方ないので、出発前にアップしておきます。釣れなかったら思いっきり馬鹿にしてください笑

こんな感じで行く前はいつもすっかり釣った気分なのです爆

収穫

ちょっと振り返って14日の記事です。

ほんと今年は雨が多い。

11-13日にかけてまたまた増水。

週末に用事があるので、今週は釣りに行けないなーなんて考えながらネットで米代川水位を見ると、あれ、思ったより水が早く引けそう。

まだちょっと早いかもしれないが、行ける時に行っておこう!

という事で、昨夜から今朝(14日夜~15日朝)にかけて米代シーバスに行ってきました。

第一ポイントは、比較的メジャーですが、今回初めて入るポイントです。

先行者一人、挨拶をすると、あ!

勝手に米代水位のグラフをリンクさせて頂いている、80↑paradise ( http://akita4184.blog71.fc2.com/ )の監督さんだ!

グラフの件をお話して許して頂く 笑

少しお話した後、上流側へ入らせてもらった。

あたりもすっかり暗くなるも私にはあたりなし。

下流側からバシャバシャ、覗きに行くとランカークラスのシーバス。さすがです。

ルアーを聞くとグースとの事。

真似してすかさずグースに付け替えると、釣れました笑

P8141276

55cm前後と大きくありませんがまずはボーズ回避。

しかし、その後が続きません・・・。

結局この場所では、AM2時頃(だったかな?)まで粘り先程の一匹のみ。

監督さんとお話をすると、既に良型何匹も・・・。初心者の私は、うまい人の真似をするのが一番。という事で、無理言ってキャスト&アクションをレクチャーして頂きました。図々しくてすいませんでしたm(_ _)m 本日の一番の収穫です。ありがとうございました!

その後帰ろうかとも思いましたが、明け方にワンチャンあるんでは?というアドバイスもあり、ポイント移動してもうひと踏ん張りすることに。

そして移動先であげたのが

P8151280

83cmのランカー! 本日2番の収穫です。

実は直前に今日のヒットルアー、グースがライントラブルで飛んで行ってしまいました。あれ、前回、タイドミノースリム140が飛んで行ってしまった後にランカーが釣れたんだよな。もしかしたら、また再現?なんて思いながらラインシステムを組み直し、先にはタイドミノースリム140レッドヘッドをとりつけキャスト。それで上がってきたのがこのシーバスでした笑

その後7時過ぎまで頑張り、もうワンヒットありましたが、あえなくフックアウト。

結局、3ヒット2ゲット1バラシ。

本日はお盆、殺生はしないという事で、本日の2匹はリリースして帰宅となりました。

タックル: ルアー:タイドミノースリム 140( レッドヘッド) フック:STBL-46 #6(バーブレス) ロッド:ウエダ プラッギングスペシャル CPS-832FX-Ti  リール:NewツインパワーMg 4000  ライン:サンライン ベーシック フロロカーボン 6lb 先端をビミニツイストでダブルラインにして接続

やっと夏がきました

ずっと天候不順が続いていた大館にも、やっと暑い夏がきました。

Imgp1617

今日は朝から青空が広がり、外を歩くと降りそそぐ太陽の光ですぐに汗が噴き出してきます。といっても、朝一に部屋に入ってきた風にはもう秋の気配が漂っていました。本日は、大館犬文字祭り。この祭りを境に一気に秋めいてくると感じている人も多いのではないでしょうか。

祭り会場に着くと、津軽三味線の演奏の真っ最中。

Imgp1611

その後、小学生によるブラスバンドのパレードが続きます。

これに長男がトロンボーンで参加。

Imgp1633

暑い中頑張ってました。

大館では、こんなイベントも行われています。http://www.zero-date.com/

空き店舗のスペースなどを利用して、現代美術作家から地元の高校生まで幅広い作品が展示されています。祭りを楽しみながら、アートにもふれてきました。

しかし、暑かったなー。かき氷が美味しかったー笑

Imgp1641

そして、大文字祭りといえば、こちら永遠と同じ音楽が続く大文字踊り笑

Imgp1645

炎天下の中、お疲れ様です。

遠くに見える鳳凰山の斜面には「大」の字。夜の犬文字焼きが楽しみです。

Imgp1646

一通り楽しんだ後、夜の部まで時間があったので、近くの芝谷地湿原に「とんぼ」をみにいってきました。

Imgp1672

入り口付近では、ザリガニをとっている親子がいるのみで、奥の湿原にある桟橋にはだれもいませんでした。

最初、思ったほどとんぼがいないなーと話していましたが、ゆっくり落ち着いて足元をみると、いましたハッチョウトンボ!

Imgp1665

写真では分かりずらいですが、10円玉位の小さなトンボなんですよ。

真っ赤なオスに比べてメスは地味。

Imgp1676

いったんトンボを探すペースをつかむと、いろんなトンボが眼に入ってきます。

Imgp1684

キイトトンボ、いっぱいいました。

これはシオカラトンボでいいのかな?

Imgp1687

これも自信ないのですが、ノシメトンボ?

Imgp1692

これはハラビロトンボでしょう。

Imgp1668

他にも、オニヤンマ系の大きなトンボ(早くて写真にはとれませんでした)、また食中植物で有名なモウセンゴケをみて楽しみました。

(もしトンボの名前間違っていたら、是非教えて下さい!)

さて、家に帰ってシャワーを浴びた後は、ふらっと歩いて夜の部に出発。

目的は、花火と・・・

Imgp1714

Imgp1732

上の2枚、写真写りの悪さは置いといて、違いがわかりますか?

ヒントは、今回の文章の中にあります笑

更にヒント、今回の祭に「HACHI 約束の犬」主演のりリチャード・ギアが来るとか来ないとか噂が立ってました爆

そんな感じで、大館の暑い夏もあっという間に過ぎ去っていきそうです。

タイミング

ランカーをあげた日からその後。

あれだけいい情報が飛び交っていた米代も数日後にはかなり渋くなっていたようです。(私は家族サービスのため久しぶりに釣りのない週末笑)

やっぱりタイミングをみて出撃できるこの環境が今回の釣果に繋がったんでしょうね。

という訳で、明日からの大雨前に!という事で、先程米代に向かいました。しかし現場到着とともに雨が降りだし30分もやらずに終了。

まだ降り始めなので頑張ればできたかなと思いますが、遠くでカミナリの光が見えたのたのと、なんだかお盆前後で躍起になって釣りをしていると罰があたりそうなので、早々に止めました。

さて、先日のシーバス。

翌日に、しゃぶしゃぶ、雑炊で美味しく頂きました。(浮き袋の湯引きを真似させて頂いたkurosakiさんのお勧め料理です http://kurosaki84.naturum.ne.jp/e764869.html#comments )

Imgp1516

脂ののったスズキとポン酢がよく合う!

そして特に好評だったのは雑炊。これは絶品ですね。

Imgp1528

いやいや、思い出しただけで生唾がでてきました笑

また釣らないと・・・。

海水浴で水中撮影

8日土曜日は、海に行ってきました。

午前中は長男の部活があり午後から出発。

2時過ぎに目的地に着きましたが、まだまだ暑い!

早速準備をして海の中へ直行。

Imgp1539

長男は水中メガネ、次男は箱メガネを生物捕獲です。

Imgp1542

もう少しで5か月の長女も初めての海。

Imgp1548_2

なんかいたかな?

Imgp1558_2

ヒラメの子供がいました!

Imgp1556_2

大きくなって私のルアーにかかるんだよ笑

私もウェットスーツに着替えて参戦。

Imgp1565_2

シュノーケリングでデジカメ水中映像をとってみました。

まずは先程のヒメメの赤ちゃん

これまた釣りのターゲットであるソイの赤ちゃん。

ついでに小さいアイナメも

赤ちゃんシリースで、群れているベラの赤ちゃん

こんな綺麗なケヤリの仲間もいます。

これは難問、海藻の中にいるイサザアミ、わかるかな??(小さい線状の生物です)

イサザアミといえばタツノオトシゴの餌。今回、一生懸命探したんですが、残念ながら見つけられませんでした。(昨年は捕まえました http://tasyumiyuyu.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_c494.html まだ少し時期が早いかな?)

最後にきれいな小魚の群れ

こんな面白いウミウシの仲間も見つけました。

P8081298

気が付いたら、日も傾き始め、

Imgp1583

さすがにこの時間まで海に入っていると震えが止まらなくなっていました笑

Imgp1589_2

子供達も私も十分満足。

帰りの温泉駐車場で空を見上げると綺麗なウロコ雲。

Imgp1596

お土産は、水槽の仲間(ナベカ、ヒトデ、アワビの赤ちゃん、シッタカ×5)

Imgp1601

さて問題、上の写真に、ナベカ、アワビ、ヒトデがいます。分かるかなー?!

月夜の晩に

今週末、来週末と予定てんこもりで、しばらくシーバスに行けないかも??

という事で、急遽禁断の平日米代シーバスへ。

8月5日 20時データ 水位 0.46 水温 21.2度 濁度 7.2

20時過ぎに第一ポイント到着。先行者なし。

今回初めて入るポイント。ここでは、トップからボトムまでルアーローテーションするも反応がほとんどなし。サスケSS95でなんとか30cm前後のチーバスをゲットしボーズは逃れる。

P8051266

しかしその後も反応なく22時ポイント移動。

24時までと決めていたので残り後2時間。

第2ポイントで上流に先行者一人。

満月(正確には満月の翌日?)に照らされた水面は雰囲気十分。対岸の流芯では、時折「バシュ バシュ」とボイル音。

ここでも表層からボトムまでルアーローテーションするも反応なし。

24時を過ぎた頃、ラインがガイドに絡んでタイドーミノースリム140が飛んで行ってしまった。止め時かな・・、しかし盛んに聞こえるボイル音が気になり、もう一度ラインシステムを組み直し、ダメ元で先日購入したばかりのトップウォータープラグ、アイマのポッキー(ナイトエーガー)を選択。

その数投目、対岸の流芯から数アクションしたところで、バシュ!!

反射的に合わせると・・・

のってるよ!のってる!

何回か追い合わせをいれながらファイト開始。2-3回のエラ洗い以外は、ひたすら重量感あるゆっくりとした引き、今までに経験した事のない感触。

やっと手元に近づきライトをあてると、デカ!

その後、近づいたり離れたりを繰り返し、最後は浅瀬に取り込み、無事キャッチ。

その相手は、

P8061271

95cm 7.2kg の立派なランカー。

人生初のランカーシーバスなのでキープさせて頂き、深夜2時に妻を起こしてぶつ持ち写真笑。

95

ヒットルアーはこちら

P8061271_2

いやー、月夜の晩に釣っちゃいましたねー。

しばらくおとなしくしています笑

タックル: ルアー:アイマ ポッキー(ナイトエーガー) ロッド:ウエダ プラッギングスペシャル CPS-832FX-Ti  リール:NewツインパワーMg 4000  ライン:サンライン ベーシック フロロカーボン 6lb 先端をビミニツイストでダブルラインにして接続

破損

鮎解禁から一か月経ちましたが、釣行は7月4、5日の二日間のみ。

その後は雨が続き、鮎釣りには行けずリバーシーバスを楽しんでいました。

ここ数日なんとか天気もそこそこ安定し、やっと鮎釣りができる状況となってきたようです。

そして本日、午後から休み。

さて、鮎釣りに行くか、リバーシーバスに行くか迷うところです。

米代本流は今朝の雨で濁りが入り釣りは不可能な模様。鮎ができるとすれば、いつもの支流かな。

ということで例によって、車に鮎釣り道具とシーバス道具を詰め込んで出発。

前回、囮を先に買って失敗したので、まずは支流の濁り具合を偵察。軽い笹濁りですが、これならいける!ということで近くの囮屋さんへ。

あれ、水槽に鮎がいない。本日は売り切れ・・と。仕方なく近くのもう一軒へ。ここで2匹を購入。しかしなんか元気がない囮だなー。

その2匹を積んで第一候補のポイントに行くと、丁度先行者が上がってきたらしく、ちょっと立ち話。ハミ痕はあるようだが、小さいの2匹だけだったと・・。まだ、状況が回復してないのかなー。

そそくさと準備をして先行者と入れ替わり河原へ。

準備して囮をつけたところで、あれ、背バリを忘れた。私の腕では、この弱った囮で背バリなしは厳しいなー。

という事で、いったん車に戻ろうと仕掛けをしまおうとしたら、仕掛け巻きが流され、それをとろうとしたら、ポケットから仕掛巻き二つが落ちて流れて行ってしまいました。トホホ・・・。

車から戻って、仕掛けを竿先につけて竿を伸ばしていたら、突然イトがプツン、また仕掛巻きが流されて行きました(本日3個目)・・・泣。

すっかり落ち込んで、釣り再開。囮はほとんど瀕死状態。困った。

そこで、オモリを付けて比較的強い流れへ流し込むと、どうにかこうにか一匹確保。

ここから忘れたころにあたりがある状況が続き、途中21cm前後のまずまずの鮎を一匹釣って少し満足。

P8031263

日も傾きかけた頃、荒瀬に突入。最後の追い上げということで、先程の21cmの鮎をつけて荒瀬に放り込むと、待望のガツーン。

下流に下がって同じく21cm前後の鮎を無事ゲット。これはいけるかも!とちょっと興奮。

釣れたをタモにいれて、前かがみになって上流へ戻っていた時・・・

石に躓いて転倒、そして・・・

P8031265

昨シーズンから愛用しているがま鮎ファインスペシャルⅡの元上がポッキリ・・・号泣

これにて本日の鮎釣りは終了。

結局、2時半~18時過ぎで、21cm 前後2匹、17-19cm6匹の計8匹でした。釣果はこんなもんでしょうーという感じです。

帰宅後、竿を折ってしまった事を妻に告げると、

「鎖骨を折らなかっただけでも良かったんじゃない、竿が身代わりになってくれたんだよ」と。

確かに怪我しなかっただけでもラッキーだったのかな、そう思う事にしよう。

PS久しぶりの鮎塩焼き、やっぱり美味しいなー。

カウンター1
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
プロフィール

giabendon

Author:giabendon
平成26年4月、ココログ多趣味悠々から引っ越してきました。(旧ブログはリンクからどうぞ)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック