2009寒サクラin米代川パート5

午前中は子供達のサッカーの送り迎え。

午後から時間をもらって米代川へ。

通常通り週末は悪天候・・・。もう慣れました笑

12時過ぎから17時頃まで頑張ってきました。

前々回の悪天時は風裏を求めてさまよいましたが、今回は多少の風は我慢して、水の中の条件を優先してポイント選択。

そして、寒サクラを始めて2シーズン、2度目の生命反応!

前回はアメマスでした。

今回は!

シュマリ90MDをジャークした後、突然重くなりました。

すかさず合わせると、重い・・・。ゴミ?

竿を立てるとグングンと魚の感触!!

しかし、その後やたら重いだけ。これはもしかして・・・。

あがってきたのは、

P1310875_small

そうです、ニゴイ君でした泣。なにげに、サクラ狙いでニゴイ釣ったの初めてです笑。冬でもニゴイ 釣れるんですね。

それでも久しぶりの生命反応でアドレナリン放出、少し手が震えてました笑

その後

P1310884_small

夕方まで頑張りましたが何事もなく終了。

今日は悪天の影響か、釣り人が少なく遠くに一人見ただけ。好きなように竿を振れたので、ストレス解消にはなりました笑。

さて、アメマス⇒ニゴイ⇒次は?

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ にほんブログ村 釣りブログへ(ポチッとお願いします) 釣りの世界

スポンサーサイト

鮭飼育14日目

鮭の飼育を開始して2週間経ちました。

仔魚の体色も出てきて、だいぶ魚らしくなってきました(o^-^o)

Imgp0549_small

youtubeで動画もアップしたのですが

デジカメで撮っている画像の解像度悪い影響か、魚が動くと写りがモザイク状になってしまいよく分からない映像となってしまいした(なのであまり動きが少ない画像を選びました)。元画像の解像度が悪いからでしょうか??なにか対策を考えなければ・・・。

付着性プランクトン投入

昨日こんな荷物が。

P1220854_small

中身は、

なんと魚やサンゴでなく、付着性のプランクトン(ヨコエビやワレカラなど)。

海水魚飼育をやらない人は、なんでプランクトンなんか買うの?もったいない・・と思うかもしれません。そうなんですよね、プランクトンに資金投入はかなり勇気?がいります笑

何のためかというと、

①水槽の活性化。水槽は狭い狭い閉鎖空間、ここでも微生物が少しは湧くようですが、高々ほんお少しだけ。やっぱり自然はいろんな生き物がいる、つまり多様性があってバランスがとれてくる。ま、所詮人間が自然を作り出そうというのはちょっとおこがましいとは思いますが、いかにそれに近づけるか?!というのも、海水魚飼育をする上で、楽しみの一つなんです。

②プランクトンがシマヤッコの餌となってくれる。今回、以前コメントを頂いたどうもさんのアドバイスもあって、プランクトン購入に至りました。

私の過去の失敗からすると、生物を死なせてしまう場合、導入直後と次に約3ヵ月後が鬼門になる場合が多い印象です。そろそろシマヤッコも3ヶ月目、相変わらず人口餌を食べている様子はなく、背肉も落ち始め体力の低下が心配されます。ここで、一回プランクトンを食べてもらって体力回復し、改めて餌付けに挑戦という作戦です。

Imgp0487_small

投入後観察していると、ヨコエビを食べたのは確認しました!ついばんだ後、いつもより余計にモグモグする姿がなんとも滑稽でした。シマヤッコくん、頼みますよー! 

ちなみに、プランクトンはシュリンプさんから購入しました。以前タツノオトシゴを買っていたときよくお世話になりました。自然相手にお仕事をなさっているので、発送が不規則になる事が多いですが、丁寧な対応で気に入っています。

前回写真を載せなかったオレンジバスレット。元気です。スズキ科のフィッシュイーターですから、相変わらずきびきびした動きをしております。

Imgp0500_small

最後に、現在の水槽です。

Imgp0496_small

さて、今週末は仕事の都合で釣りにはいけず。

夜はシングル針を巻いて夢みています笑

Imgp0511_small

鮭飼育10日目

約200個の卵が無事孵化して、凄い事になってます笑

2009年度寒サクラマスin米代川 パート4

12月の2回、前回の初釣りに続いて、今シーズン4回目の米代川へ行ってきました。

今日は太陽も出て雰囲気は良かったんですけどねー。

Sp1180840

朝10時から日の沈む16時半過ぎまで頑張ったんですが・・・。

Sp1180843_2

最後はこんなに暗くなって既に走る車のライトがついていました。

帰りに某釣具店でルアーを補充しつつ情報収集。この土日の釣果情報なし。というか、まだ河口付近であがった情報のみで、いわゆる河川の下流域での釣果情報 はないとの事でした。ま、釣った人はいるとは思いますが、まだ大きな群れは入ってないのかもしれません。

河口付近では釣れているとの事なので、今後増水や大潮をきっかけに、本格遡上が始まればいいですね。

私は来週はお休み。次回行けて31日あたりかな??

本日の収穫。久し振りに運動したので、ビールがうまい!! 

以上。

PS いわゆる超有名ポイントの工業団地~産物地区付近は、河川工事の影響か濁りが結構入っていました。今後、ポイント選択で考慮しなければならないかもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ にほんブログ村 釣りブログへ(ポチッとお願いします) 釣りの世界

鮭飼育6日目

鮭の発眼卵が順調に孵化し始めましたよー。

ちなみに卵は約200個ありましたw(゚o゚)w。

鮭飼育(5日目) 水槽現況

まずは本日孵化一匹目発見です。水温は9度前後を維持しています。思ったより孵化まで時間がかかったかな。我が家にきて5日目です。

Sp1160831

真ん中に見えるのが、オレンジ色のさいのう(お腹のでっぱり)をもった仔魚です。さいのうから栄養をとるので、さいのうがなくなるまでは餌はいりません。

ここ1-2日間で一気に孵化がすすむかな?

さて、海水魚の方ですが、大きな変化はありません。

ドンのスミレヤッコはいたって元気。最近シマヤッコにあげようとする餌をバク食いしてメタボ気味。

Simgp0448

相変わらず人口餌を食べたところを確認できないシマヤッコ。

Simgp0457

最近は人影があっても悠々と泳いでライブロックを一生懸命突いて見た目は元気なんですが、正面からみると背中の肉が痩せてきているようです。

Simgp0452

一回、アサリをすり潰して一パック分試してみたのですが、数回ついばんだのみで、ほとんど興味示さず・・・。すぐに他の魚やヤドカリの餌になってしまうので中止しました。シュアーやメガバイトばら撒き作戦を続行中です。さて今後どうするか迷うところです。

ミドリイシは、なぜか少しづつ伸びているようです。色も3年目?に入るコールルグロー150W とこれまた3年目位のネオビームの光で、今のところ綺麗なグリーンを保っています。

Simgp0447

ウスコモンは、ミドリイシにあたる光に向かって片側ばかり伸びて少しバランスが悪い笑

Simgp0470

ハタタテハゼ2匹も元気。

Simgp0451

カクレクマノミが入らなくてちょっと寂しいタマイタダキイソギンチャク。でも色が綺麗で気に入っています。

Simgp0460

カクレ2匹も元気です(写真がなくてゴメンナサイ)

ホワイトソックスも大きくなりました。Simgp0467

ホワイトソックスは、時々スミレのクリーニングもしてくれています。

大きくなったと言えば、このクダゴンベが一番でしょうか。とにかく餌バク食いで、完全なメタボ体型です。

Simgp0462

小水槽にいる深浦ガンガラ穴で捕まえたハオコゼちゃんも元気です。

Simgp0472

我が家にきてもう1年以上経ちました。

あ、オレンジストライブを忘れてました。こちらも、餌バク食いでかなりお腹が出ています。こちらも大好きな魚なんですけど・・・次回にアップします。

Caリアクターボックスは??

少なくともミドリイシ、ウスコモンが順調なので稼働しているのだと思います。Ca濃度は370から390ppm前後に上昇したようですが、正直あまり測定してません汗 KHも変わりないようです。

という訳でいまの気がかりはやはりシマヤッコかな。ただ、以前から水槽をいじりまわして痛い目にあう事が多かったので、できる限りは静観していきたいと思っています。これが吉とでるか凶とでるか・・・。後は神頼みかな。

それでは また。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ にほんブログ村 釣りブログへ(ポチッとお願いします) 釣りの世界

鮭飼育再挑戦

2年前、奥入瀬川サケ釣り調査で購入した10個の卵、その時はなんとか一匹生き残り、青森野辺地川は放流することができました。

その時の教訓は「とにかく水温管理 15度以下に!」でした。

今回、以前より「長木川に鮭をのばらせる会 http://www.oodate.or.jp/user/ishida/activity/salmon/index.html」が無料で市民に発眼卵を配布し、学校や家庭で孵化・飼育して皆で放流している事を知り、私達家族も参加させて頂く事としました。

昨日大館労働福祉会館前でバケツを持って集合。

Sp1120815

各小学校や団体、個人と様々な方が来ていたようです。

発眼卵が用意されていました。

Sp1120814

この一部を配布してもらい簡単な説明を聞いた後帰宅。

早速、余っていた60cm水槽に収容。

今回は、もらった卵の数も多く、また資源作りの一端を担うと認識して下さいという説明もあり、これは失敗はできない!ということで、卵と一緒に頂いた「水槽でサケ稚魚を飼う場合の心得」の説明書を参考に前回より少し手の込んだ水槽を準備してみました。

水槽に、百均で買ったザルに砂利を薄く引いて、その上に卵を入れました。こうすることで、卵周囲の水が淀むことなく新鮮な水が常にあたるようになるとのことです。

Sp1120823

また、卵や仔魚(腹にさいのうという出っ張りがある時期)は紫外線が嫌いとのことで、ダンボールで水槽を多い、また観察ができるよう窓もつけました。

Sp1120824

そしていよいよ発眼卵投入。

Sp1120826

入れるとき勢い余って2個だけカゴから出て下の砂利に落ちてしまいました笑。

現在水温10度(人があまり入らない部屋に設置)。後はいかにこの水温を維持できるかにかかっていると思います。

ちなみに積算温度480~500℃で孵化するようです。このまま10℃で維持すると、2日前後で孵化するのかな?

Sp1120828

さてうまくいくか!乞うご期待!!

長木川河川敷

今日は、周囲からの引き止めと水温低下が予想されサクラマス釣りは諦めました。

日中は吹雪いていましたが、夕方は荒天の一休みか大館に青い空が広がりました。

休日は一日一度は野外に出ないと落ち着かない私は、カメラをもって長木川河川敷へ。

Simgp0364

ここは、以前白鳥の餌付け場所でした。しかし鳥インフルエンザ問題で今年は餌やり禁止。その為か、一昨年の大洪水で地形が変化したためか、白鳥がだいぶ減ってしまったとの事。それでも、数十羽の白鳥達が羽を休めていました。

すでに餌をくれないことが分かっているようで、人が近づいても我関せずといったところです。

Simgp0378

夕日に染まる水面と白鳥のコントラストが綺麗。

Simgp0384

同じような写真ですがもういっちょ。

Simgp0388

久し振りにゆっくり見る夕焼けでした。

Simgp0394

この下に移っている2匹、夫婦なのか、兄弟なのか? とっても仲良し。動作までそっくりでした。

Simgp0399

泳ぐ動作も連動してました笑

Simgp0416

この記事を書いていて思い出したわけでありませんが、昨日結婚十周年だったんですね。夫婦二人ともすっかり忘れていました。釣りの帰りに能代の美味しいパンを買って帰ったので、スイートテン・パンといったところでした笑

おまけ:河川敷の建物が、夕日があたって金色に輝いていたので一枚パチリ。あれ、もともとの色はなんだったっけ?

Simgp0371

2009初釣り

  今年の初釣りは、強風に雨あり、雪あり、あられあり・・の楽しい釣行となりました笑

天気予報では、午前中雨、昼近くから雪に変わって西、北風の強風。

という訳で、勝負は午前中と考え、朝6時過ぎに出発。現地に7時過ぎ着。

雨がぱらつくも風はなく、某ポイントでキャスト開始。この時、他の釣り人一人。現地の方か、いろいろ情報を頂きました。

ここは遡上中のマスを狙うポイントと考察。できればもう少し日が高くなって遡上が活発化した時に狙いたいと思っていたが、西・北風が吹くと竿を出せないポイントでもある。実績ポイント(私が釣った訳ではありませんが)でもあり、風が吹くまでここで粘ってみることとする。

しかしあたりはなく、10時過ぎに強い雨に西からの強い風が吹き始め、昼まで粘れず移動。

昨年も行った北・西風裏の某ポイントへ。

ここで15時まで粘るも、

Sp1100808

最後はあられ、雪、この場所にも風があたり始め終了となしました。

ウェーディングジャケットの上はあられだらけ笑

Sp1100811

今日の敗因。あそこは朝一で狙うポイントではなかったかも。風が強くなる前に!とか、風裏の釣りやすいポイントで!と釣り人側の都合で思考したのが一番の反省点かな・・・。

帰宅後は、机の上で濡れたルアーを乾かしています。

Simgp0360

さて、明日はどうしようか・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ にほんブログ村 釣りブログへ(ポチッとお願いします) 釣りの世界

カウンター1
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
プロフィール

giabendon

Author:giabendon
平成26年4月、ココログ多趣味悠々から引っ越してきました。(旧ブログはリンクからどうぞ)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック