つらいご報告

青森市は雪が積もり始めました。しばらく、曇りや雪の日が続くようです。

今日は、ブログを書くのがつらいです。先日、ニホンザリガニのハサミがとれてしまったとブログに書きましたが、翌日にはかなり弱った状態に。

昨日は仕事で泊まりだったのですが、本日家に帰ってみるとやはり、ニホンザリガニは亡くなっていました。残念です・・・・・。

どうやら、ザリガニは飢餓状態、環境の変化等で、ハサミを落としてしまうようです。弱っている前兆だったのでしょう。

ハサミを落とす前日に水換えをしており、水換え量が多すぎたのか、またハサミが落ちた日は部屋の温度が暖かくなっていたかもと妻の話、鮭の仔魚も1匹死んでおり、水温が日中上がっていたのか。それとも、餌を食べれなかったのか。反省点がいろいろ頭の中を巡ります。残念でなりません。

いつかもう一度チャレンジしたい気持ちもあるし、でもやっぱり手を出してはいけない生物なのか。

という訳で、本日は写真もなく寂しいブログとなりました。

追伸:ニホンザリガニの飼育日記の途中に書こうと思っていたことがありました。ニホンザリガニが減少した理由は、てっきり外来種のアメリカザリガニの占領と思っていましたが、本を読んでいるとそうではないらしいのです。もともと、湧水が湧くようなきれいな沢に住むニホンザリガニと田んぼなどの水温の高い場所に住むアメリカザリガニは、生息区域が異なる為、混在して住み着くことはないそうです。ニホンザリガニが減少したのは、良好な森林環境や沢環境がなくなったのが一番の原因らしいのです。更に、北海道では外来種のウチダザリガニなるものがいて、それはニホンザリガニと生育区域が重なり、減少に追い討ちをかけているようです。青森市の近くにまだニホンザリガニが住む環境があるというのはうれしいことで、その環境を守っていきたいものです。

スポンサーサイト

飼育多難

仕事から帰宅して、早速ザリガニ水槽を除くと、なんかいつもとシルエットが違う。よくみるとなんと、両方のハサミが無い! 水槽の中を探したら、同じ場所に2本とも落ちていました・・・・。なんで・・・。がっくりです。

Pb270001

迫力がなくなり一回り小さくなった感じです。

Pb270007

ハサミが無くなり、抵抗しても無駄な事が分かっているのか、つかんでも全く動きません。ハサミがあるときには見せなかったのですが、まるで死んだふりをしているようです。本能なのでしょうか。

Pb270013

しかし、なんでハサミを落としてしまったのでしょうか?水換え以外はそっとしておいたのですが。

そして、横の鮭水槽をみると、また一匹が横たわっていました。またまたがっくり・・・。

他の2匹は元気で、点々模様が出てきているのに。

Pb260010

がっくりして、海水魚水槽を眺めていると、リフジウム水槽の水の流れが妙に悪い。よく見ると、本水槽からフィルター、クーラー、殺菌筒を通って流れ込む水の流れがほとんど無い事が分かりました。フィルター詰まりでした。今度は、フィルター掃除をする事に。

ついでに、ネオンテトラ、ドクターフィッシュの水換えをして、本日の仕事は終わり。

本日は、飼育多難日でした。

新釣り吉誕生!?

昨日から、仙台へ出張、昼過ぎに青森へ戻ってきました。

久しぶりの好天なので、早速釣りに行くことにしました。休日なので、ちょっと遠出して、夏泊まりの漁港へ。

最初にお出迎えしてくれたのは、エチゼンクラゲ。間近にみるエチゼンクラゲは迫力満点。クラゲ大好き人間の次男坊も、ちょっと怖かったようです。

Pb260018_1 

3本の餌竿と、ルアー竿(ワーム)で大型のアイナメ狙おうと作戦を立てて、釣り開始。3本の仕掛けを海へ投入後、ワームでつり始めた途端、小学1年の長男が、『なんかぶるぶるした』と巻き上げたところ、チビアイナメが。その後、次男+妻の竿にもチビアイナメが次々とかかりだし、私はゆっくり釣っている暇がありません。更に、またしても長男に当たりが。自分で投げた仕掛けが数メートル先にボチャン。直ぐに巻き始めるので、『そんなに直ぐ巻き始めたらつれないよ』と声をかけた直後でした。『なんかすごく重たいよ!』と見ると、結構竿が曲がっています。アイナメ特有の首振りダンス(頭を振りながら引っ張るので)で引っ張られています。妻が慌てて手伝って巻き上げるとまずまずなサイズのアイナメ。妻は、長男が海へ引き込まれるかと思って慌てたと。(そんな事はあるはずがないですが・・。)

その後、こつこつ長男がアイナメの数を伸ばし、結局、2時間ちょっとで、私以外の3人でアイナメ8匹をそろえてしまいました。更に、長男に、再び大きな当たりが。しかし巻く途中に、ばれてしまいました。かなり悔しがり、『イヤー、今の魚大きかったなー』『チキショー』『今度こそ釣ってやる!』と興奮しています。『逃した魚は大きいんだよ』と笑いながら言い聞かせてやりましたが・・・。ビギナーズラックとはよく言ったものですが、こうやって釣りにはまっていくのでしょう。ちょうど満潮前の時間帯で潮がよかったのと、投げるのが下手なのが幸いして、足元のよいポイントへ投げ込まれたのがよかったのだろうと推測しています。

私は、結局最後にまずまずのカレイを1匹釣ってとりあえず一安心しましたが、その他はリュウグウハゼ(縞模様のキレイなハゼで一度水槽で飼ってみたいのですが)のみでした。

そうそう、忘れてならないのは、ナマコを釣りました(引っ掛けました)

Pb260019

海へ投げようと思ったら、妻より『もって帰らないの!』と。飲み屋ではよく食べますが、すごく簡単に料理できるとの事。新鮮なナマコも今晩のおかずに追加する事にしました。

今日の夕ご飯は、300円の青イソメ代のみで材料調達となりました。

Pb260022

大きめのアイナメとカレイは刺身に、チビアイナメ、ネズミコチ、リュウグウハゼ(針を飲み込まれてしまったので持ち帰りました)は、3枚におろしてから揚げに。残った中骨は骨せんべい(低温で揚げた後、高温で二度揚げ)にしました。

やはり新鮮は魚はおいしいですね。でも、一番好評だったのは骨せんべいかな。

Pb260027_10

(手前の茶色い小鉢と茶色の皿は、今年妻が始めた陶芸の作品です。)

プラレタリウム 

青森も寒くなりました。本日、14時頃車を走らせていたら、道路脇の温度計が4℃となっていました。

今日は、息子の友達が遊びにきたのでプラレタリウムに行ってきました。青森市の市民センターでやっており、中学生以上が150円、、小学生以下は無料です。

始まって、10分位で私は深い眠りに入ってしまいましたが、気持ちよかったー。

星空といえば、今年の夏、北海道に行った際、山の温泉から帰る途中道端に車を止めて、歩道に寝転がって見た星空がきれいでした。学生の頃に、山登りをして、酔っ払ってテントの横に寝そべって星を見たのを思い出しました。

そうそう、12月14日にふたご座流星群が午後9時頃をピークに観察できるらしいです。天気がよければ見に行こうかと考えています。

家に帰ったら、注文していたニホンザリガニ特集の雑誌が届いていました。北海道の季刊誌で、fauraという雑誌です。飼育している人の記事も出ているのですが、餌はイタヤカエデ、エゾヤマザクラ、シラカバなどの落ち葉、そしてミミズが大好物で時々あげているとの事。ミミズは落ち葉に入れて繁殖させてあげていると書いてありました。今度、釣具屋さんに行ってミミズの『りんたろう』でも買ってこようかな。 Dsc01402__2

追伸:読者から、最近誤字脱字が多いのでは、と御意見を頂きました。始めた当初は、張り切って丁寧に書いていたのですが、最近は酔っ払って惰性で書いています。複数の人に読んで頂いているので、ちゃんと読み直さなければと反省しております。

孵化19日目

Dsc01393 鮭の仔魚は19日目となりました。残念ながら昨日1匹亡くなってついに3匹になってしまいました。10個の卵があったのに・・・。

部屋の電気をつけて覗くと電気に驚いてくるくると回り始めます。それもかわいいのですが、頭をぶつけてそれが原因で死んでしまうのでは?と、驚かさないよう懐中電灯をつけて、覗き込みましたが、やっぱり驚いてくるくる回っていました。これを、妻に話したら大笑いされました。そんなに面白いですかね?

なんとか残った3匹は、さいのうが小さくなりしだいぶ魚らしくなってきました。

ザリガニ君(雄のようです)も今のところ元気です。今日は、ザリガニ、鮭、海水魚の水換えをしてちょっとすっきりしました。

餌作り

Dsc01383 サクラの落ち葉を拾ってきました。ザリガニの餌作りです。

バケツの中で水に浸して腐葉化させる作戦です。

子供達が、ザリガニの飼育を通じて、葉を落とす森の大切さが少しでも感じてくれればいいな。(とは言っても私が楽しんでいるのですが)

そういえば、本日カブトムシの幼虫も、3家族へ里親にもらわれていきました。残ったのは、8匹。5匹と3匹に分けて育てていますが、こちらも無事育ってほしいものです。

ザリガニ放流 ソイ釣り

今日は、曇り空に時々青空の広がり、久しぶりにまずまずの天気でしたが、近くの山肌にも雪がついていました。

ニホンザリガニ 2匹を放流してきました。場所は当然秘密です。

放しに行く途中、稲がなくなり寂しくなった田んぼに白鳥が休んでいました。

Dsc01342

白鳥を観察した後、知人から聞いた沢へ到着。

Dsc01358

空には青空が広がり、沢特有の冷たい空気が実に気持ちよかったーーー。

Dsc01353

ゆっくりしていたかったのですが、ちょっと用事があったので早速子供達とザリガニ2匹を放流。

Dsc01360

1匹は、冬限定で飼育に挑戦予定ですが、流木や落ち葉を食べるとの情報があり、それらを採集し帰宅しました。

さっそく、水槽へレイアウトし、こんな感じになりました。

Dsc01373

その後、近くのペットショップに行き、ニホンザリガニ情報を聞くと、餌はサクラの葉、クヌギの葉の腐葉化したものがよいとの事。近いうちに、合浦公園でもいってサクラの落ち葉を拾ってきて、バケツに浸して餌作りをしようと思います。

話は変わりますが、夜は久しぶりに、裏の海へ1時間30分程釣りに行ってきました。

まずまずの型のソイと小さいメバルが一匹。満足です。(魚の写真はアルバムに入れました)

その後、刺身にして、ボジョレヌーボで乾杯。実は昨日、仕事で睡眠時間2時間ちょっと・・・。私もよくやるなーと、酔っ払って考えている次第です。

Dsc01380

ニホンザリガニ

昨夜、妻の友人がニホンザリガニを数匹もらったので、よかったらあげるよと言われ、明日もらってくる事にしたと。なに!レッドデータブックのリストにのっているニホンザリガニ?

早速、昨夜はニホンザリガニについての情報集めをしたところ、ニホンザリガニは飼育が非常に難しく、とくに水温管理が大変でかならず20度以下にしないと死んでしまうとの事。もちろん、希少種なので生半可な気持ちは絶対飼ってはいけないこと、ニホンザリガニは東北の一部、北海道にしか生息しない事が分かり、これが本当にニホンザリガニだったら大変な事だと思いました。ただ、アメリカザリガニの稚ザリとニホンザリガニを結構間違うケースが多いとの事。

ま、多分アメリカザリガニの稚ザリだろうと思い(アメリカザリガニだったら、気楽にかってもよいかなと、半分アメリカザリガニであることに期待、半分ニホンザリガニも見てみたいという期待で)本日家に帰ってみると、どうやらアメリカザリガニと形が違います。明らかに丸っこい、見分け方をネットで調べると、第2脚と第3脚に座節突起があると書いてあるのですが、たしかにあります。

しかも、くれた方が飼う自信がないので全部あげると3匹もやってきたのです。

Dsc01332

アップ画像のピントが合いません。シルエットだけご覧ください。

Dsc01322_1

3匹飼育は絶対無理だし、非常識、無謀と思われ、週末とった場所を聞いて、放しに行く予定としました。ただ、できれば一匹だけでも少し飼育して観察してみたい気持ちがあり、本日、ザリガニの情報を発信している方にメールし、アドバイスを聞く事としました。

おそらく一番の問題は水温管理となると思いますが、今鮭の仔魚をかっている部屋に置けば水温が15-6度には保てると思います。(ニホンザリガニは水温20度以下が必須との事)鮭を川に話す頃までは、なんとかならないかなー?

ザリガニの専門家の意見を聞いて考えたいと思います。

シマヤッコ

現在、我が家の水槽には、2匹の小型ヤッコ(ピグミーエンゼル)が居ます。一匹は前回紹介したスミレヤッコ。もう一匹はシマヤッコです。

最初、シマヤッコを見たときは、海水魚飼育を始めたばかりの頃で、なんだが、シマダイ(イシダイの子供)にて、地味な魚だなーと、あまり興味が沸きませんでした。

その後、いろいろ本を読んだり、海水魚屋さんに通ううちに、ピグミーエンゼルのなかで、比較的おとなしく、神経質で餌付きにくいパラケントロピーゲ属というのがあって、ペパーミントエンゼル、スミレヤッコ、シマヤッコがその仲間だという事が分かりました。ペパーミントエンゼルは一匹100万円以上する超超高級魚なので別格ですが、スミレヤッコやシマヤッコは、値段も手ごろで、入手もしやすいとの事。そういう知識をもってみてみると、上品な縞模様に、微妙な黄色が入りなかなかセンスがよい、またあの少し飛び出したおちょぼ口がなんともかわいらしいのです。ちょっと飼育が難しいというのも、飼育心を刺激します。スミレヤッコがすでに水槽に居ついていましたが、ヤッコはそれ一匹でしたので、シマヤッコを注文する事にしました。

やってきたのは、今年の4月。東京のナチュラルからやってきました。餌付けが心配でしたが、冷凍ブライン⇒乾燥ブライン⇒シュアー、フレークに無事餌付きました。

Dsc01298

先住のスミレヤッコよりやや大きめの個体をいれたのも良かったのかも知れません。餌付けですが、私は乾燥ブラインにいい印象をもっています。スミレヤッコや、飛び出して死んでしまったオレンジストライプバスレットの時など、比較的餌付きにくいといわれる魚達に、効果がありました。

シマヤッコ君、いつまで長生きしてくれるかな。(ヤッコはこの2匹で終了です。本当は小さいフレームエンゼルも入れたいんですが・・・。水槽が大きくなったらです)

さて、話は変わりますが、鮭の仔魚、5匹になって11日目。部屋を変えて水温が17度前後に下がり、今のところ元気です。さいのうも小さくなってきました。

Dsc01315

たしか30日位でさいのうがなくなるので、まずはさいのうがなくなって浮遊してくれるのが第一の目標です。

トレーニング

先月、弘前で行われた白神アップルマラソンで、5時間もかけて走ったフルマラソン以降、全く運動をしていませんした。

外は、雪混じりの雨が降ったり止んだりのあいにくの天気でしたが、久しぶりにゆっくり50分ほど走ってきました。

私の体は、インドアにいると心も体も淀んでくるようです。外の冷たい空気も気持ちよく感じました。

しかし、今年は体力の衰えを感じた1年でした。3年前から、マラソン大会にちょくちょく出るようになったのですが、昨年は、一昨年のタイムとほとんど変わらず、練習しなくても時々大会にでて走っていれば、体力の維持位はなるかな、と思っていました。ちなみに、3年前マラソン初めてすぐに秋田の100キロチャレンジマラソンに無謀にもいきなり参加。結果はリタイアでしたが、昨年は何とか13時間以内にゴールして無事完走。俺もまだまだ体力はあるなと思っていたのですが。

今年は、軒並み昨年よりタイムが落ちていました・・・。やっぱり練習しなくちゃ、体力は落ちるなーと実感しました。(今年から、秋田の100キロマラソンは、秋田国体の影響による資金不足、人材不足等の理由で、大会中止となっています)

青森の冬は雪の中。走れませんので、どうやって楽しみながらトレーニングをするか、今年の課題です。Dsc01307

過去の栄光・・・・。

(妻にいいとこばかり書いて!と怒られました、白状します、昨日はちょっとパチスロなんぞのギャンブルをしてうなだれて帰ってきました)

話は変わりますが、孵化9日目となった鮭の仔魚、やはり高水温(20度前後)に耐えれなかったのか、また2匹死んでしまい、5匹になってしまいました。本日、物置部屋となっている一室へ水槽を移しました。ここなら水温がもう少し下がると思います。

先日、昨年鮭の稚魚を同じように育てて無事海へ帰した方にお話を聞いたのですが、その方は2リットルのペットボトルを半分にきって、それに入れて育てたのこと。さいのうがなくなってからエアレーションをしただけで、問題なく大きくなったとのことです。玄関において水温を上げないようにしていたようで、やはり水温管理が課題となりそうです。

カウンター1
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
プロフィール

giabendon

Author:giabendon
平成26年4月、ココログ多趣味悠々から引っ越してきました。(旧ブログはリンクからどうぞ)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック