FC2ブログ

岩木山登山 2019

6月29日 岩木山登山

IMG_3973.jpg

娘もいたので岳温泉コース

やっぱりブナ林は気持ちいいですね

以前、田代岳でみたナメクジの交尾発見

IMG_3975.jpg

白いのが卵と思うでしょ
違うらしくて、ナメクジは雌雄同体で、白いのは精子嚢で交換しているそうです

しばらく歩いていると今度は、オトシブミ?が道端に落ちているのを発見

IMG_3976.jpg

一ヵ所に凄い数でした

花を見ながら登っていきます

IMG_3978.jpg

しかし、暑い・・・

もう少しで八合目!
と振り返ると

IMG_3985.jpg

お~、気持ちいい

八合目駐車場でゆっくり休んで、さあ、天気が崩れる前に山頂を目指します

IMG_3992.jpg

9合目からは岩場

IMG_4005.jpg

鳳鳴小屋からの急登

IMG_4006.jpeg

ずいぶん高いところまで、頑張って登ってきたな~

IMG_4018.jpg

きれいなカメムシさん

IMG_4021.jpg

刺激すると臭いのは変わらないらしいけど(笑)

きれいなゾウムシの仲間?

IMG_4032.jpg

頂上はすぐそこ!

IMG_4027.jpg

そして、無事頂上到着!!

IMG_4034.jpg

娘もよく頑張りました(^-^)/

日本海、北海道も見えてましたよ

IMG_4047.jpg


しかし、頂上に凄い数のテントウ虫

IMG_4036.jpg

風が吹いてきたら一気にいなくなったけど・・・

で、気づいたら、ズボンを岩に引っ掛けたらしく、

IMG_4042.jpg

裂けてました(笑)

そんのこんなで、下り始めたら一気にガスが出はじめて視界不良に
ラッキーでした

かなりのんびり登ったので、往復9時間もかかっちゃいました(7時半出発、16時半着)

岩木荘の外来風呂が時間外となってしまったので、百沢温泉で汗を流してきました~



スポンサーサイト



OB会岩木山登山

時間がどんどん過ぎていく~

写真とカレンダーみながら思い出し作業(笑)

5月5~6日 岩木山山麓で大学時代のワンダーフォーゲル部OB会

伝統があるので、私もまだ下から数えた方が早い年代(汗)

天候に恵まれました

下界では桜もすでに終盤でしたが、百沢の桜林はまさに満開(から散り始め)

DSCF3512.jpg

風が吹いた時の桜吹雪はお見事
写真に撮れなかったけど・・・

DSCF3528.jpg

8合目に移動して仲間と登山開始
(スカイラインを使ったのはご愛嬌)

まだまだ残雪が残っています
(ロープウェイ使えば、ほぼ雪道なしで行けますけど)

DSCF3533.jpg

ロープウェイ終点を振り返る

DSCF3542.jpg

9合目より上はほぼ岩場のみ

赤い屋根は鳳鳴小屋ですね

DSCF3553.jpg

しかし、いい天気

そして、無事に頂上到着~

DSCF3561.jpg

津軽平野の奥には八甲田、日本海から岩木山を囲むように白神山地、遠くに微かに岩手山、双眼鏡で鳥海山も確認?

携帯でパノラマ撮影

IMG_3328.jpg

ゆっくり昼飯食べて、記念撮影して下山

下りは、夜の飲み会に備えて、ロープウェイ使っちゃいました(笑)

次回は、下から登ります( ̄^ ̄)ゞ

森吉山の樹氷

1月14日成人の日

前日に森吉山に登った知人から素晴らしい写真が届きました

そして14日の天気予報をみると完全晴れマーク

これは行くっきゃないでしょう

急遽準備をして就寝

と言ってもゆっくり目に起床してAM9時前に出発

森吉阿仁スキー場に約1時間半で到着

DSCF3072.jpg

リフト券(往復1800円)を購入
そして、登山届けを提出してナンバーカードを受け取り、ゴンドラ乗る際に係の人に提出します

DSCF3073.jpg

数年振り?の森吉阿仁スキー場のゴンドラ

DSCF3077_20190117232154a48.jpg

最高の天気で、目指す森吉山山頂がみえました

ゴンドラ終点から、スノーシュー装着
(しばらくはスノーシューいらない状況でしたが、持って歩くのも大変だったので)

樹氷観察周回コース
ここからは、登山届が必要となっています

DSCF3089.jpg

まずは樹氷の間を縫うように進み、石森ピークをめざします

石森ピーク手前で視界が開けると

右側に小さな雪庇

DSCF3091_20190117232157b63.jpg

視界が悪い時は注意が必要かもしれませんね

眼下にみえる斜面がお見事

DSCF3095.jpg

じんわり汗をかいたところで、石森ピーク到着

森吉山山頂までのルートがよく見えまますね~

DSCF3097.jpg

雲一つなく、踏み後もバッチリなので、今日は迷う心配はなさそうです

DSCF3104.jpg

阿仁避難小屋を通過

DSCF3112.jpg

単独だったので、自分のペースで順調に進み

約1時間ちょいで、山頂到着~!

DSCF3120.jpg

実は、森吉山は初登頂ですo(^▽^)o

岩手山が近い

DSCF3129.jpg

登ってきた道を振り返ると、まだまだぞくぞくと登山者が登ってきます

DSCF3128_2019011723511832f.jpg

最高の天気ですからね

スノーシューも久しぶりに活躍してくれました

DSCF3135.jpg

でも、風は冷たい

山頂で休まず、下山途中でゆっくり休憩昼食

DSCF3144.jpg

みなさん、思い思いに冬の森吉山 樹氷を楽しんでいました~

DSCF3147.jpg



PS 時おり、ピヨーピヨッツで聞こえる小鳥の鳴き声 イワヒバリですかね~

天空の楽園 田代岳登山

10月20日 2年振りに田代岳に登ってきました

数日前の天気予報では雨マークも

日頃の行いが良いのでしょうか(笑)
(たぶん同行者でしょう)

IMG_2158.jpg

荒沢コースを選択し

大館市から約1時間半で登山口に到着

IMG_2160.jpg

やっぱり森の空気はいいな~

IMG_2162.jpg

林冠から見える空はすっかり秋の空

IMG_2161.jpg

で、荒沢コースの沢コースと迂回コースの合流地点(頂上側)
ちょっと分かりにくいです
間違って、沢コース登って迂回コースにそのまま降りていきそうになってしまいました
また、沢コース、今年の大雨の影響かけっこう道もあれてました(汗)
初めて登る方、気を付けてくださいね

広面コースと合流してしばらく進むと、登山に沿って山頂小屋を作るため?のレールが敷かれてました

IMG_2163.jpg

そして、突如広がる楽園!

IMG_2164.jpg

湿原と池塘

IMG_2170.jpg

田代岳頂上が目の前

IMG_2169.jpg

少し雲が広がってきたけど、暑すぎず寒すぎず

IMG_2171.jpg

ずっとここにいたいけど、まずは頂上へ
お腹もすいたし(^-^)

最後の急登
後ろを振り返ると

IMG_2172.jpg

楽園が眼下に

そして頂上到着~

ゆっくりゆっくり登ったので3時間半かかっちゃいました(汗)

お腹すいた~

自家製パンに
知人が作ったスモークしたボークを挟んで
お気に入りジターヌのコーヒーとともに

IMG_2177.jpg

最高!

新築された頂上小屋の後ろには岩木山
(頂上は雲の中)

IMG_2178.jpg

そして、頂上と湿原で知人がドローン撮影!

IMG_2185.jpg

いや~、見事な映像でしたよ(^∇^)ノ

帰りは荒沢コースの林間迂回コースを迷う事なく下山

帰りに『温泉ゆっぷら』で汗を流し

帰宅後は焼肉

いい一日でした(*^_^*)

鳳凰山登山

飲みが3連荘

21日は、職場の先輩が鳳凰山に登るとのことで、ご一緒させて頂いて汗を流してきました

P1215717.jpg

9時半過ぎに私は少し遅れて出発

冬はほんと静かでいいです

P1215718.jpg

岩神貯水池は全面氷結で水鳥はいませんでした

軽アイゼンがあった方がよいかもという話もあってので、ちょっと心配しましたが、3合目までの急登は問題なし

これなら頂上まで気を付けて登れば大丈夫かな

P1215730.jpg

3合目からみえる頂上

ゆっくり

P1215734.jpg

9合目の急登

P1215743.jpg

確かに軽アイゼンあった方が楽かも
(歩いている地元の人達の足元をみてみると、スパイク付き長靴が人気みたいです)

そして、約2時間で無事到着

P1215758.jpg

街も見渡せました~

P1215745.jpg

カップラーメン美味しい~(^-^)/

体が冷えないうちに下山開始

約1時間半で駐車場に無事到着

気持ちよい登山でした

続きを読む

カウンター1
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
プロフィール

giabendon

Author:giabendon
平成26年4月、ココログ多趣味悠々から引っ越してきました。(旧ブログはリンクからどうぞ)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック