生存競争

我が家で卵からかえったジャコウアゲハの2匹の幼虫

最後に残った際、餌不足に陥り、一匹は絶命

実は、餌不足になると共食いする事が知られています

2匹が寄り添っていた後に1匹が絶命しており、もしかしたら共食いをしたのかもしれません(そんな痕跡も・・・)

その後、先に変態していた蛹にくっつき、その蛹をかじっている?光景を妻が目撃

その蛹は羽化したましたが、数時間で絶命(以前の記事に書いた通り)
もしかしたらかじられたのが原因だったのかもしれません

そして最後に生き残った幼虫は、

途中で、日長の問題に気付き、ベランダの自然光で育て

9月3日少し小さいながらも蛹になりました

これで来年の春が楽しみだな~と思っていましたが・・・

昨日の9月19日

羽化したよ~の電話

P9205522.jpg

他の命の犠牲にした疑惑のうえで羽化したジャコウアゲハ
3匹目にして初めて空を舞える状態での羽化となりました・・・
ちょっと複雑な気分

羽化したジャコウアゲハ、確かに微かに甘い香りがしてましたね~

翌日娘は学校へ持っていって皆に見せた後

本日、暖かい日中に放してきたとのことです

季節はずれなので、残念ながら子孫を残すことはできないと思いますが、

青空のもとを飛ぶことができたので、まずはよかったな~
スポンサーサイト

横断中

ジョギング中にジャコウアゲハの発生場所を通りかかると

一生懸命、高い場所を探して道路を横断している幼虫を発見

1504922089255.jpg

あちこちに犠牲になった痕跡

道路脇に建物の壁をみると、あちらこちらに蛹を見つける事ができました

桜の木の幹にも発見

1504922090975.jpg

来年、無事羽化してね~

命がけ

ジャコウアゲハの幼虫 その後です

まずは幼虫で捕まえた3匹 

1匹目がサナギになってから、

数日後に2匹目もサナギになりました
しかし、うまく糸で固定できずにプラケースの下に落ちていました
とりあえずネットで調べて、タオルをケースの壁から下ににかけて、その上に置きました
羽化したら、タオルにつかまって登れるようにです

3匹目は、そのタオルの横でサナギになりました

そして、卵から孵化した幼虫

いつもの場所にウマノスズクサの葉を取りに行くと、あれだけあった葉が食べつくされて、少しの茎のみ・・・
しかも、沢山の幼虫がそこに集まっていました
凄い食欲と厳しい生存競争

なんとか残っている茎をみつけて持ち帰り、家の幼虫にあげましたが、一匹の育ちは悪く、途中で力尽きてしまいました(泣)
(その後、今回の採取場所から数十メートル先に、新たに沢山の幼虫とウマノスズクサを発見)

残った一匹は、小さいながらもサナギになりました

で、最初にサナギになった1匹目

家の光?気温の問題?
で季節を勘違いしたのか、羽化していまいました(8/29 サナギになって10日目)
(本来は、越冬して来年5-6月に羽化)
⇒終齢(または4齢以降)の日長時間で決まるそうです。そう言えば聞いた事があったような・・・。なぜ温度でなく日長か? 温度は年によって違いますが、日長時間は毎年同じ条件を獲得できるからだとか。ん~、確かに。自然の知恵に改めて驚きます。

しかし、気付いたときは、羽化に失敗して地面に落ちており、羽が開かずに固まってしまいました・・・

P8295489.jpg

羽化後の殻

P8295493.jpg

綺麗な羽も開けず、空も飛べず・・・

せめて餌でも食べてくれればと、ネットで調べてポカリを水で薄めてあげてみましたが、食べず

残念ながら3日目に息絶えてしまいました(泣)

光の問題を考え、ベランダにプラケースを置くことにしましたが

2匹目も羽化(汗)(9/5)

こちらは無事に羽を伸ばしそうでしたが

P9055501.jpg

夕方家族が覗くとすでに亡くなっていました・・・
原因は分からず

昆虫や甲殻類を飼って思う事

脱皮や変態する時は、ほんと命がけだなと

また、それを買うのは難しいな~

と改めて思いました

ジャコウアゲハの飼育

先日見つけたジャコウアゲハの繁殖地

少し卵と幼虫を採取して、長女と観察してみることにしました

で、卵がオレンジ色で凄く綺麗なんですよ

P8085320.jpg

びっくりでした

P8085314.jpg

こちらは1齢虫?

P8085334.jpg

こちらは2齢虫?

P8085327.jpg

そして、午前中に卵を観察していると、なんと孵化シーンに遭遇!

P8105354.jpg

お~、感動です

そして、更なる感動が!

残った卵に透ける頭が

P8105365.jpg

そして小さな割れ目が!

P8105379.jpg

次第に拡がってきました

P8105392.jpg

隣では、自分の殻を食べる一匹目の幼虫

これも観察したかったシーンだったので動画で撮っていると
手前の穴から顔がニョロニョロと出てくるではありませんか!



いや~、これは感動しました!

P8105425.jpg

ゆっくりゆっくり

P8105431.jpg

飼育ケースの前に1時間半は座っていましたね(笑)

P8105442.jpg

無事、蛹になってくれるかな?

北限のジャコウアゲハ

ビアガーデンで美味しいビールを飲むために、8月1日夕方ちょっと河原をランニング

KIMG1254.jpg

ふと足元をみるとヒラヒラと舞う黒い蝶

ん? クロアゲハ??

帰宅後、調べ見ると、オナガアゲハのようにも見えるし、ジャコウアゲハにもみえる

ジャコクアゲハと言えば、大館が日本の北限であることを聞いてから、いつか見てみたい!と少し情報を集めていたのです

どうやら見分けるコツは、腹部にオレンジの線があるかどうか

すぐに確認したくなり

翌朝、息子を駅に送った後、娘と河原に向かってみると

いるは、いるは

まさに蝶の楽園

ある一角に10匹以上乱舞する(周囲で20匹以上いる感じ)黒い蝶達

P8025243.jpg

で、しっかり腹部にオレンジの線がみえますね~

アゲハモドキもオレンジの線があるようですが、触覚の形状が違うとのこと(ジャコウアゲハは棍棒状、アゲハモドキはひげ状)
昆虫博士にも確認して頂き、ジャコウアゲハ決定!

P8025235.jpg

まさか、このタイミング、この場所で
しかもこんなに沢山舞うジャコウアゲハに出会えるとは

交尾している個体も発見

P8025266.jpg

通えば産卵シーンも見れるかもしれませんね~
産卵される食草のウマノスズクサ自体が大館が北限だそうですよ

嬉しい夏の一コマでした
カウンター1
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
プロフィール

giabendon

Author:giabendon
平成26年4月、ココログ多趣味悠々から引っ越してきました。(旧ブログはリンクからどうぞ)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック