カヤックフィッシング 漕釣 44回目 ~好調 男鹿真鯛 そして キジハタ~

色々と立て込んでおり、ブログ更新が滞ってます

まあ、ぼちぼちやっていきますので、お付き合い下さい(笑)

15日は男鹿半島へカヤックフィッシング

とその前に、前日夜の話

カヤックを車載していると、月明かりの空から、冬の使者 白鳥の鳴き声が聞こえてきました。
昨年、白鳥飛来の声を聞いたのが、10月17日の夜(ナイトシーバス中)
自然のサイクルって凄いな~

15日 荒れれば男鹿磯と思っていましたが、この時期には珍しいくらいの凪予報だったので、カヤックフィッシングへ変更
今後の予定を考えれば、もしかしたら今シーズン最後の浮き浮きかも(まだ2回目の海ですが・・・)

午後まで風はあまりでない予報なので、AM5時起床でゆっくり出発

準備して出艇したのは、たしか8時半頃でした

まずは、浅場でエギをシャクシャク、相変わらず反応ないので、さっさと諦め、根魚(キジハタ釣りたい!!)と鯛狙いに変更

前回、反応がよかった付近まで向かうも、前回と違ってベイトの反応がほぼ皆無・・・

たまに底付近に反応がでるも、釣れる魚がいるのか??

ここで、ワーム系統で底付近をねちねち攻めることに。

根と駆け上がりを意識して探っていると、底からの巻き上げにヒット!

お~、結構引くね~

PA154309.jpg

ジグヘット+ワームをバックリ

PA154313.jpg

ブルーシャドウが綺麗なよい鯛でした

PA154317.jpg

今度は、オーバルテンヤ+スイムシュリンプ

小鯛2匹追加

しかし、その間、柔らかいスイムシュリンプがかじられてしまのか、すぐにボロボロになってしまいます

フグでもいるのかな~

と、再び底から少し巻き上げて来た時にヒット

ん、ちょっと鯛のひきではない
これは、もしかして、もしかして

PA154320.jpg

念願のキジハタでした!!

オーバルテンヤ+ホッグ系?ワームがいい感じに掛かってました

PA154321.jpg

後に捌いていて思ったのですが、キジハタの歯はかなり鋭いですね

今回、ショートバイトはかなりあって、ワームがかじられる事が結構あったのですが、もしかしたらキジハタの仕業??
だとすると、結構魚影が濃いかもしれませんね
今後が楽しみです

そして、再度同じパターンでヒット
キジハタなら根に潜られないようにと少々強引なやり取りをするも、ドラグがとまりません

こりゃ、鯛か・・・(贅沢な(笑))

いずれも水深15m以浅でのヒットなので、よく引きます!

PA154329.jpg

ここまでが13時頃までだったかな

その後、16時頃まで追加を狙うも、数回のショートバイトで終了

PA154335.jpg

でも、たっぷり浮けたので満足です

帰り際、テトラ前で水面を逃げ惑う小魚発見

シーバスか?とバイブレーション投げたらヒット!

ジャンプしながら寄ってきたのは良型ダツ(笑)

歯が怖くて、写真も撮らずにリリースして、この日のカヤックは終了

PA154341.jpg

またしても男鹿の自然に感謝です
スポンサーサイト

カヤックフィッシング 漕釣43回目 ~今季、初カヤック真鯛~

気づけばもう少しで10月

そう言えば、まだ今シーズンのカヤック、釣り目的で海に浮いてなかったんですね。

9月18日、アオリイカが食べたい!と男鹿半島に向かいました

昨シーズンに続いて、あまり良い話が聞こえてこないアオリイカ
男鹿方面はそれなりに好調になってきたという情報もありちょっと期待

前日、八甲田山に登っていたので、のんびり出発する予定でしたが、午後から風が出てくる予報

ちょっと頑張って4時過ぎ起床して出発

約2時間かけて、6時半過ぎ男鹿到着

準備をしていると、地元の方から、毎年ここの堤防が墨で真っ黒になるけど、今年は全然ないよ~・・・・と。

まあ、アオリがダメなら根魚(キジハタも釣りたい!)狙いでと、いろいろ仕掛けを準備して、いざ出陣!

まずは、アオリを釣った実績があるポイントを集中的に攻めます

しかし・・・、うんともすんとも・・・。

いくら下手な私でも1回位はおさわりがあっても

遊漁船もやってきません

どうやら、私に釣れてくれるアオリはいないようです(泣)
食べたかったな~

そうこうしているうちに、カヤックがゆっくり沖に流され、水深が10mを超えてくると、ベイト反応が魚探にびっちり

どうやらイワシのようです

このベイトの下に着く魚を意識して、アオリタックル(ティップランロッド PE0.8号(0.6号が手に入らなくて) リーダー20lb)にシーライドミニを落とし込むと

クン クンとあたり

小刻みな引きで上がってきたのは

P9184223 1


塩焼きサイズの鯛様でした~

更に同サイズを追加

浅場に戻ると、こんなサイズも(笑)

P9184219.jpg

キジハタが釣りたい!と
今度はオーバルテンヤ(2.2号)に変えて、底を付近を狙います

すると底からの巻き上げにアタックしてきたのは

P9184232 1


やっぱり鯛

そんな贅沢な!

とりあえずノンアルで乾杯です

P9184229.jpg

そして、今のところそれ程の風でないので、流されながら水深20m付近へ

再び、魚群リーチ 
その後ろに着いている鯛を意識してオーバルテンヤを巻き上げると

グングンと、今度はいい感じでドラグが出て、ティップランロッドが曲がります

障害物はなさそうなので、ゆるゆるドラグでゆっくりゆっくりファイト

周囲を気づかいせずやりとりできるのがカヤックのいいところですよね

無事ネットインしたのは

P9184242.jpg

60前後の良型真鯛

このサイズになってくると顔も迫力がでてきます

P9184234.jpg

今度はタイラバに変えて探るも、一度コツンと当たったきり反応悪いようです

イワシがベイトならジグでいける?と、ガン吉、ムラジグと投入するもあたらず

再びオーバルテンヤ(2.2号)に戻すと、再度あたりが頻発

どうやら、本日はこれがあたりみたい

そして、今度はフォールで食ってきたのが、やはり60アップの良型真鯛

P9184248.jpg

これもいいファイトしてくれました

オーバルテンヤ ばっくりです

P9184243.jpg

その後、風が強くなり始め、近場でシーバス狙ってみると反応なく14時前に終了

狙いのアオリ、キジハタは釣れませんでしたが、真鯛は大漁

P9184252.jpg

男鹿の自然に感謝ですm(__)m

カヤックフィッシング 漕釣42回目 ~久しぶりのカヤックシーバス~

16日

久しぶりのカヤックフィッシング

今シーズン、まだカヤックで鯛を釣ってなかったので、海に行きたい気持ちがありましたが、天候が怪しいのと仲間が十三湖で浮いているので、便乗して十三湖カヤックシーバスへ変更しました。

しかし、寝坊して自宅を6時前出発(笑)

高速使って2時間ちょいで十三湖到着

すでにサンバーさんが釣果をあげて変えるところでした(汗)

段取り悪く準備して9時前に出艇

先に浮いていたメバマニさん
すでに数匹あげているも、今の時間はなかなか厳しいと・・・

すでに出遅れたか

メバマニさんから少し離れている場所で釣っていると、どうやらまずまずの良型をゲットしている姿を確認

お、シーバスはいるぞ!

するとローリングベイトにコツンとあたり
いるいる

今度はガボッツにガボ!っとバイト
これは残念ながらはじかれフッキングならず

表層系でいけそうと、今度はシャルダスへ変更

するとヒット!してくれました~

カヤックでは手元に近づいてからの突っ込みが凄いんですよね

ファイトを十分楽しんで上がってきたのは60アップのシーバス

P8164046.jpg

掛かってくれてありがとう~

これで周囲の景色みる余裕もできました

P8164060.jpg

しかしこの日の日中はなかなか渋かったようで皆さん苦戦してます

私もなんとか小さいながらもトップ(アイマ ポッキー)で1匹

P8164053.jpg

ナレージで1匹

P8164057.jpg

追加して15時頃終了

帰宅して自然の恵みを頂きました

ただ、サイズのためか脂ののりがもうちょいだったので、昆布締めにして本日食べたら美味しかった~

PS 1年振りのプロフィッシュ(カヤック名)、クモの巣がはってありました(汗) SEA TO SUMMITにむけていい準備となったかな。

カヤックフィッシング 漕釣41回目 ~41回目 十和田湖ヒメマス2回目~

週末は例によって飲み会

翌日の早起きは難しいし、西風も吹きそうなので鯛が上向き?の海は断念

前回に続き、近場で美味しいヒメマスが釣れる十和田湖に行ってきました

前回よりも更に遅い出発で、AM7時前に出艇場所に到着

すでに仲間達がおもいおもいの場所で竿をおろしていました

DSCF7791.jpg

数日前にリミット達成した情報もあり、今日は釣れているかな?
と期待をするも今日も渋いよ~と・・・

まあ、それでも前回の釣行でなんとなく攻めるポイントのイメージができたのでなんとかなるかな~
と漕ぎ出すも、そう甘くありませんでした。

前半、ヒメマス用サビキに小さなタコベイトのようなワームを一部につけてみたのですが、それへの反応がよいのか、最初の2匹はそのワームを付けた針に食いついていました。

しかし、バレるバレる。考察としては、針に対してワームがでかすぎたかも(ハリ6号 ちなみに錘は30~35号)。さらに今回、バレ対策に竿を柔らかめにしたのですが、それも合わせがきかない原因か?

手元まできてばらしたのも数匹。あたりを入れればおそらく15-6匹はばらしたかな~。

ワームを切って小さくしてもダメ、結局、普通にサシをつけた状態が、あたりが減っても確実に針がかりして釣果が伸びました。

あと、底狙いだったためか、根掛かりで針がどんどん減ってしまい2セットがなくなり、最後はケイムラ使用の鯵サビキ仕掛けを投入。

ハリスがヒメマス使用よりかなり太かったけど、それでも釣れましたね。

今狙っている方法は、通常の船釣りで行われているトローリングとは全く別物。

仕掛けから誘い、狙いのタナなど、まだまだ研究の余地がありそうです(ほとんどの船釣りの人はトローリングだと思うので、たぶんあまりやっている人がいない釣り方だと思います)。

結局、13時近くまで浮いて、トータル11匹で終了。

それでも、最大32㎝も交じり、楽しかったですよ。

P6183477.jpg

十和田湖は近いので、帰宅後も時間があり助かります。

畑の草取りをした後、ゆっくり捌いて夕ご飯のおかずへ。

ネットで調べて、ちょっと盛り付けに凝ってみましたが、難しいですね~

DSCF7811.jpg

こちらは、子供達に好評のフライ

DSCF7814.jpg

文句なく美味しいです!

よし、次回、特別解禁にリミット達成するぞ~

カヤックフィッシング 漕釣 40回目 ~2016年度初陣 十和田湖ヒメマス~

6月11日 今シーズン20日カヤックに行ってきました。

今時期はターゲットが豊富で何を狙うか迷います。
今回は、当日夕方には七時雨山トレイルランニング会場入りする予定だったので、近場で美味しいヒメマスをゲットできる十和田湖選択しました。

約1時間で十和田湖出艇場所へ到着。

途中、日の出前の発荷峠

DSCF7758.jpg

早起きしたものにしか見れない絶景

和井内に着くと、写真を撮っている人が数人いました

DSCF7760.jpg

背後からはアカショウビンの鳴き声が響きわたり、雰囲気ばっちり。

そして5時頃に出艇場所へ到着。仲間はすでに漕ぎ出していました。

久しぶりのカヤックで準備に少々手間取りながらも

P6113414.jpg

無事出艇!

ベタなぎの湖面はちょ~気持ちいい

水墨画のような景色も

P6113424.jpg

キビタキやオオルリの声が響き渡る緑の景色も

P6113418.jpg

浮いているだけで最高です。

で、肝心の釣果は。

漕ぎ出してすぐに初釣果

P6113423.jpg

しかし、後が続かない

かなり渋かったですね~。

魚群に移る群れはほぼゼロ

仲間も思い思いの場所に散らばるも芳しくない様子

P6113431.jpg

私もあちこちウロウロするも忘れたころにたまーにあたり。

これは群れを探してもダメか。一番確率が高そうな、駆け上がりと流れ込みが絡むポイントで底をチマチマ攻めて一匹ずつ狙う作戦に。

すると一流しでなんとか一匹掛かるかどうかという感じ(水深が40mから一気に15m前後まで浅くなるので、あたりがあるピンポイントが狭いのです)(一番あたりのあった水深20~30m前後をすぎるのがあっという間)

AM10時前までになんとか7匹ゲットで終了

P6113434 2

まあ、家族がたべる分釣れたのでまずまずかな。

気温上がり、帰りには道の駅七滝の山ぶどうソフトを食べて

1465726158971.jpg

帰りとなりました~。
カウンター1
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
プロフィール

giabendon

Author:giabendon
平成26年4月、ココログ多趣味悠々から引っ越してきました。(旧ブログはリンクからどうぞ)

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック